FC2ブログ

無責任で責任逃れ、、そして手が付けられない いったいどこへGOTO??

「この子の人生なので、この子に選択させようかと思います。」

昨今よく聞かれる上記の言葉は、親御さんがお子さんに対してのセリフです。
一見聞こえが良いように感じますが、、

本当にそうなのでしょうか?

もちろん、お子さんや家庭環境の場合によっては半数以上の家庭でその通りなのでしょう。
ただし、お子さんが決めることができない案件もあります。
そのお子さんの判断力や知識量、情報量によって選択肢の数が変わり、選択の方向性も変わります。

問題は、周囲の大人がそこに至るまでの生活の中で、しっかりとした情報を与えてきたか。
もしくは、情報を収集できるような生き方を導いてこられたか。
更には、今現在の子どもを見てどれだけのデータストックが頭の中にあるか。
これらから、本当に判断を任せて良いか考えることが必要だと思うのです。

ともすれば、自由奔放で何の情報収集もしていない状況。
そして、自分の好きなことしか知らない知識。楽な方向へ流れるタイプ。
これらがあるのに、、「この子に選択させよう、、」となるのは、親の

責任逃れ

にも見えてしまうのです。

と言いつつも教育の世界でも、、
昨今は卒業後の進路として、受験志望校の相談をしても学校名を具体的に出してくれる先生が少ないそうです。
何故なら、落ちた場合に学校名を提示した先生の責任が問われてしまうから。だそうです。
「先生がこの学校がいいというから受験したのに落ちた!どうしてくれるの!?」ってなこと。

うーん、指示をした場合にマイナス方向へ行く可能性があることは指示・示唆しない。
「それはご家庭で判断したことですから、私たちに責任はありませんよ!」
って、これは、、

無責任

だと思うのですが。
もちろん、現代の進路指導は難しさ危うさはありますけどね。


また、無責任に育てていると無難に過ごしてきても思春期を超えると問題行動が噴出。続出。
出てくる出てくる将来への不安。そこで慌てふためいて火消しに走っても対処療法。
大きくなってしまった問題の炎はなかなか鎮火できないものです。

子どもの自由か、それとも厳粛な躾か、そのバランスが取れないうちにどっちつかずになり、
「二兎追うものは、一兎をも得ず」となり、どうにもならない状態に。
これぞ、、、

中途半端な決断をした結果火消しが間に合わない事態

になってしまうのです。

さて、

GOTOキャンペーンは本当に必要だったのでしょうか。
GOTOイートの前に店舗のクラスター対策を徹底する必要があったのではないでしょうか。
政府が景気・経済にシフトしたいのは理解できます。その業種の方にとっても死活問題ですから。

ただ、旅行業界も困惑しているそうです。
システム発表がキャンペーン実施の数時間前となるドタバタ企画は、
学校の生徒会でもありませんし、成功するはずがないのです。
旅行業界は「会社・利用者への直接配布にしてくれ!」処理手続きに追われて仕事だけは沢山で利益が伴わないそうです。

旅で日本を元気にしよう!の標語を見ると、むなしさを感じるのは私だけでしょうか。

travel_001.jpg

そして、連休中の方向転換。
言っていることが専門家会議によってクルクル変わる。
(まぁ、そうじゃないと専門家会議の意味がありませんから)

suga_1.png

感染症のプロが言っていましたが、
「数が増えてから動くのではあまりにも遅いんです。」
その通りでしょう。
事前に先々を考えられるだけのリーダー、いや、政治が必要なのではないかと思います。

少なくとも私は思うのです。
前政権で燻っていた悪事が鎮火される前なのに、その系列の人間が引き継ぐことはありえない。
党派を超えて、いまは日本を根本から再生しないと、経済も生活も共倒れになる気がします。

大事なことは国民の選択に任せて、責任を逃れた無責任リーダー。
「二兎追うものは、一兎をも得ず」となり中途半端な決断をした結果火消しが間に合わない事態。

でも、仕方がないですね。
「民主主義国家においては、国民はその程度に応じた政府しかもちえない」
党利党略、地元愛、知人友人、これらを抜きにして投票できる国民が増えないことには希望はないのでしょう。

img_09b459b3f7534e21161abbe1c6925deb192836.jpg

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓三女の笑顔に免じて!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 日々のつぶやき - ジャンル : 育児

Tag : 新型コロナ コロナ ウイルス 感染 パンデミック

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)