FC2ブログ

澄んだ瞳の彼らに思うこと

今回が19回目の指導になるのでしょうか。
茨城県の水府学院でのラグビー指導。

60名ほどの院生たちが入場してくると、何回指導を行っても重責を感じ緊張するものです。
マニュアル通りの返答や動作は繰り返し繰り返し行われていて、徹底されています。
しかし、その表情は素直であり、疲れている院生。やる気のない院生。楽しみにしている院生。

中には、猜疑心も感じられる眼差しもあります。
昨今、院生の多くが発達障害とのことも聞きましたし、昔のように元気が良すぎる院生は減ったそうです。
入ってくる理由をとっても、暴行や窃盗ではなく、詐欺行為が多くなってきているとのこと。
確かに、ギラギラした目つきは少なくなったように思います。

指導陣は、昨年までNTTコミュニケーションズでコーチをしていて、来年度から慶応大学HCの栗原氏。
そして、元ジャパンで今はU17日本代表コーチ、慶応大学出身の野澤氏。
早稲田大学を4期率いていた監督でもあり、早稲田クラブの理事である後藤氏。
NTTコムから、笠原氏と倉林氏。

そうそうたるメンバーに、私と、トップナッチの盟友片山氏。

52474402_2410136282598866_191081196623495168_n.jpg

なかなか素質の高い院生がいました。年によってムラはありますが、理屈ややり方を掴むと伸び伸びプレーをします。
溌剌とプレーした院生からは笑顔がこぼれるようにもなります。
個性によっては途中で諦めてしまったり、やる気をなくすような院生もいますが、そこはコーチが声をかけます。

今回は3寮を6チームに分けて、それぞれにコーチがつきました。
私は全体を見渡しながら問題行動がないか、能力的な限界はないか見守ります。
中には、個性が非常に豊かな院生もいて非常に分かりやすい行動をします。

私が声をかけると、ニッコリ笑って返事をします。
きっと多くの大人が更生教育の名の下に彼らに有用なカリキュラム・プログラムを披露して指導するのでしょう。
誰もが彼らの屈託のない笑顔に魅了され、少年院の院生だということを忘れて指導をするのだと思います。
そうなんです。私も1回目から19回目の今も彼らの素直さに感激し、反面その生い立ちや入院する過程を想像して困惑します。

でも、本当に必要なのは彼らを更生するプログラムだけでなく、その彼らが出院(仮退院)した後の観察や、
仕事や次の人生を担保する制度。更には、彼らを温かく受け入れてくれる家庭が必要なのでしょう。
同じ環境に戻れば、せっかく頑張った時間も逆戻りになる可能性もあります。

彼らの生活のための公的資金や彼らを心から受け入れられる温度のある環境があれば、
彼らはもう一度少年としてスタートが切れるのではないかと、そんなことを考えながら彼らの走る姿を見ていました。
知的障がい者の社会自立のために公的資金、補助金、加算がされるなら、彼らを社会自立させるために同様の制度があれば、、
と、そんなことも思ってしまうのでした。

指導が終わった後、今後の反省会をしようということになり、茨城県から一路東京に戻り、結局は遅くなってしまったので、
我家で反省会?食事会?宴会?といういつもの流れ。

妻も長女も次女も、、ラグビーは知っていても歴代のジャパンのビッグネームは、、、ご免なさい。知りませんでした。
ワールドカップで個人最多得点の、、と説明をすると妻と長女は目を丸くしましたが、次女は唐揚げを見つめていました。
三女は何故か良い男に寄り付く癖があり、、栗原さんの膝の上。

52309199_339242130132487_4963447198634213376_n.jpg

聞けば、栗原さんのご家庭も三姉妹!!!我家も三姉妹!!
片山家も女の子で、倉林氏は3月に女の子を出産予定とのこと!!
何たる偶然!!女の子だらけ!!!

どおりで扱いが上手なはず!!

52595480_539186466564091_4665521505042432000_n.jpg

三女は最後まで「私は志村さんが好き~!だって、、デブ仲間だから!!」と意味不明な言葉を口走っていました。笑


上田さん!今回もしっかりやりましたよ。
タグラグビーの優勝チームvs講師チームは危うく負けそうでしたけど、
最後の瞬間上田さんの声が聞こえたような気がします。

「子ども相手だからって、手を抜くな!勝つぞ!!」って。
いつも言っていましたよね。
近々お墓参りに行きます。

合掌



※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 高校生 - ジャンル : 学校・教育

Tag : ラグビー 少年院

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)