FC2ブログ

★湯船に水を入れて走行移動・高速道路も!大丈夫か!?★HAYABUSA製作・その97

清水タンクが100L。
クーマボイラーには70L。
合計で170L。

では、お風呂は満水で220L。
でもまぁ、満水ではいる人はいませんね。人間の体積分引かないと溢れてしまうから。
となると70Lマイナスで、、150Lは湯船に必要となります。

この数字が微妙です。
家から水を満タンにしても、一回風呂に入ると清水タンクもボイラーも空に近くなります。
20Lしか残らないことになりますから。

もし、、

もし、、、

もし、、、、

湯船に水を入れたまま移動できたらいいな!!


ってことで、実験です。

湯船の水はこれくらい。
適量です。
(※実際の湯量ではありませんが、限りなくこれに近い湯量です)

15499298207393.jpg

そこに蓋をしますが、付属でついていたロール式の蓋があります。
これだけだと、本当に心許ない。
ちなみに、これだけで少し移動してもお湯は洗い場にザッパーン!と出てしまいました。

実は、アタッチメントとして、プールで使用するビート板素材の内蓋は作ってあります。
ただ、今回はこれを使用せずに実験。
なぜなら、この板を持ち運ぶのも大変なので。内蓋なしで行ければそれに越したことはありません。

15500171896663.jpg

普通のロール蓋をとりつけて、、ここに、ジャジャーン!!
このアタッチメントがあります。
よく見ると、風呂の外側面もレールがあるのですが、実はレールにロール蓋をかませるのです。

そして、このアタッチメントを手前の短編の部分に取り付けて、レールに蓋を入れて、、固定です!!
そうすれば、両側から蓋が固定されますからずれようがありません。

15500171897790.jpg

15500171897025.jpg

これで走行してみました。アップダウンもありましたし、峠道の右左への波状攻撃のように来るカーブも。
更にはキャンプ場内の急な坂道も通りました。
心なしか、、波の音がするような、、幻聴でしょうか。

走行距離は、46km。時間は1時間。高速道路もありました。
時速60km/h平均で走行をしておりました。
いつもよりも、優し目ですかねぇ。

現地到着後、、恐る恐る湯船を見てみると、、

な、、

な、、、

な、、、、


なーんと!!少しも湯量が減らずに移動できたではありませんか!!
それも、運転にも何の支障もありませんでした。

(※写真はイメージです。)
15499298207393.jpg

そして、湯加減も上々です。出発前に湯加減を見ましたが、ぬるくなっていません。
流石、発泡ウレタンの断熱材効果です。
これなら電気温水器を使用しなくても大丈夫。

そして、温泉スタンドで温泉を調達しても楽しめるかも。

この日、調子にのって、ハイドロニックを全開にして追い炊きをしていたら熱くては入れませんでした。
なので、露天風呂使用にして外からお風呂が見られるようにしてみました。

15499298204693.jpg

寒い夜空に浮かぶ湯気。

露天風呂いいなぁ~!!

水積載・湯船積載 移動完了!!

<つづく>

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

Tag : キャンピングカー NTB 日本特種ボディー NTB SAKURA ASAKAZE SINOBI ASAKAZE HAYABUSA

コメント

びっくり‼️

いつも楽しみにブログ拝見しております。

お風呂憧れます❗️

凄いです❗️

素晴らしい!

Re: びっくり‼️

> いつも楽しみにブログ拝見しております。
>
> お風呂憧れます❗️
>
> 凄いです❗️
>
> 素晴らしい!

いつもありがとうございます。
お風呂、サウナの活用法が他にもありそうです。
楽しみにしていて下さい。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)