FC2ブログ

千葉小4女児虐待死巡る報道その2

千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛さん(10)が虐待を受けた後に死亡し、
父親の栗原勇一郎容疑者(41)が逮捕された事件で、心愛さんが学校のいじめに関するアンケートに回答していた
全文が明らかになりました。

そして、そのアンケートは教育委員会によって父親に手渡されていました。

アンケートには、「ひみつをまもりますので、しょうじきにこたえてください。」とありました。
何とも残念なことです。

父親が教育委員会に詰め寄って、教育委員会はそのコピーを渡した、、
結果は見えていたでしょう。

以前の記事で、私は児童相談所や学校の人手不足についてを書きました。
ただ、これは児相や学校を養護するものではありません。
そして、これとは全く別問題として、この件は論外です。

子どもからアンケートをとって、いじめや虐待の防止をする目的であったものが、本末転倒。
いかに保護者といえども、この守秘義務は絶対に守るべきもの。
子どもと接する学校。児相も子どもや家庭の状況をある程度把握。

しかし、教育委員会とはどこ程まで子どもに関わっているのでしょうか。
教育委員会とはどんな人たちで構成されているのか、、

教育委員会は父親との面談に児童相談所職員の参加を要請したそうですが、
児童相談所にはその要請記録がないそうです。
もしかしたら、電話での要請でその連携が上手くいかなかった可能性もあるでしょう。

過去、私もアポイントメントをとったものの、伝わっておらずに待ちぼうけを食らったこともあります。
また、前述、職員不足もあるのかも知れません。

亡くなったお子さんは、何を考え、何を思いアンケートを書いたのでしょうか。
以前に学んだことですが、虐待を受けている子どもは、それでも親に優しくしてもらいたいと懇願し、
親が大好きだという気持ちが本能的に残っているそうです。

親だから。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓三女の笑顔に免じて!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 日々のつぶやき - ジャンル : 育児

Tag : 虐待死 千葉 10歳 虐待

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)