FC2ブログ

娘二人と過ごし、反省する父親

久しぶりに何の予定も入っていない一日です。
娘二人を連れて近所の公園へ行きました。
今の娘達にとって、公園はどんな場所よりも楽しい場所。

お父さんと一緒にスポーツを楽しむ親子が、サッカー、キャッチボール、そして基礎体力作りなのか、
マーカーコーンを置いて、真剣にトレーニングをしている親子もいました。

我が家は、まず目当てのブランコ。
父とブランコに来ると、必要以上に加速度が上がり、空しか見えなくなるまで振られるそれが楽しいようです。
周囲の親子は皆、唖然としてみていますけどね。

次に滑り台。
カタパルト式に背中を押し出すと、スピード感溢れる滑りになります。
長女、次女と並んでいて、、その後ろには笑顔の男の子。私を見ています。
「すまん、、君には出来ないんだよ。ごめんね。」

15461253879020.jpg

15461253880171.jpg

15461253880492.jpg

15461253881073.jpg

15461253881424.jpg


次は二人で探検ごっこ。
夏場は水があったであろう水たまりの干拓地をダッシュして岩山に登ります。
ここで、次女がヘッドスライディング!!霜でぬかるんだ土に足を取られて前方向に転倒。

泥だらけのままうつ伏せでなく次女。
「泣いていてもしょうがないだろう。立てよ。」と声を掛けると、むくりと起き上がり泥だらけの衣服をはたきながら父の元へ。
「おぉ、泥だらけだなぁ!でもよく立ち上がった!偉いぞぉ!」と話しかければ、すぐに笑顔です。

長女は公園脇の民家駐車場に停車しているキャンピングカーを見つけて私を呼びます。
「おとーさーん!!キャンピングカーがあるよぉ!!!」と。
「ほぉ、これはコルドバンクスだねぇ、、7、8年前の年式だなぁ。君より先輩だよ。」と娘に話しました。

そこからセブンイレブンへお買い物。
パンを購入して、お母さんにはシュークリームのお土産。父はカップラーメンとタバコ。
常連だけに店長さんと娘達はご挨拶。だんだん地元になってきました。

こんな短時間でも娘達にとっては小旅行のようです。
来年4月から、公園そばの公立小学校へ通うことになっている長女は登校練習も兼ねて一人歩きをしたこと。
交差点や路地では左右を確認して横断できたことや車道のある場所では路側帯を意識できたこと。

公園でのエピソードも盛りだくさん。次女が転倒しても強かったこと。不思議な迷路があったこと。
家に帰ると、長女は矢継ぎ早に話しています。本当に楽しかったのかも知れません。
そして、その反面、、父としてどこへも連れて行ってやれていない自覚も。

いつもいつも、父の予定に付き合わせるだけで、我慢ばかりをさせている。
父は多くの人のためにと思い、当たり前のようにその予定を優先させる。
でも、彼女たちにとってその姿は「お父さん」ではなく「みんなの先生」「法人の顧問」でしかないんだよね。

すまんなぁ。

気がつけば、みんなにすまんなぁ、、そんな年末。
今年一年間、本当に皆さんに助けられ、許してもらい、見守られ、過ごしてきたと思います。
反省としつつ、今日は酒を抜いて頑張りました。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓次女の笑顔に免じて!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 子育てのつぶやき - ジャンル : 育児

Tag : 子育て 公園 お休み 親子

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)