FC2ブログ

★調光式 間接照明★HAYABUSA製作・その73

暗い!!

と思わないでくださいね。
これらの画像はあえて主照明を落として、間接照明を最低照度にして撮影した物です。
LEDライトのラインテープを使用して頭上や足元を照らす間接照明をお願いしました。

実は我が家のダイニングやリビングも同様に間接照明を多用して調光式にしました。
パナホームのライコンという機器を使用して、それぞれのシーンに合わせてプリセットできるようにしています。
明るくしがちな室内を少し暗めの設定にしたかったのです。

その理由ですが、スウェーデンやオーストラリア、海外の生活様式を体験すると、日本の照明が明るすぎることを感じたのです。
キャンドルや小さな電気の中で、特にくつろぎの空間は、ほのかな照明がリラックスさせるようです。
ここから、キャンピングカー内も同様の空間にしてみたかったのです。

まずは、エントランスから、、あえてポーチ照明を落として撮影しました。

15460706354460.jpg

暗くてポンボケになってしまいましたが、エアコンのある部分、、手前にリモコンがありますが、
この時、うるさら7は加湿運転中なのでした。湿度50%に設定してあります。
うるさら7は、それはそれは素晴らしい物なんですね。通常のエアコンを取り付けずに選んだ甲斐があります。

15460706844025.jpg

頭上と足元、双方調光スイッチは別なので、それぞれの明るさをコントロールできます。
この頭上にはプルダウンベッドが降りてきますが、高さが非常に絶妙でベッドを下げてもその下で大人が食事も出来ます。
かといってベッドも充分な高さが取れています。

15460706360008.jpg

夜トイレに起きても足元がこれくらいなら安全にトイレに行けます。
後部の2段ベッドからトイレへの通路も子どもが安心してトイレに行けるように足元LEDです。

15460706356685.jpg

就寝時もこれだけの照明だと気になりませんね。
真っ暗派、灯り有り派、と就寝時の意見は分かれると思いますが、医学的には小さな照明が安眠を促すようです。
私は、、どちらでも熟睡できますね!

15460706356856.jpg

足元を照らすほのかな灯り。
大人がホッと一息、一日の疲れを癒やしながら振り返りの時間を過ごせる空間です。

15460706357037.jpg

これらの照明の調光は、調光機・ディマーで調節します。

15460706843072.jpg

暗くて、やはりボケてしまいました。

15460706843754.jpg

他の機器やレイアウト、使用する機材など本当に細かくリクエストをしましたが、
これらの照明は具体的なリクエストをしていません。
日本特種ボディーNTBに依頼したのはイメージです。

そのイメージをセンス良く配置している点、全くもって脱帽です。
また、スイッチの位置も絶妙。使用したい場所にその位置の照明スイッチがあります。
そして、ほのかな灯り。このイメージがしっくりくる光量です。

センス、とは人それぞれの感じ方によって大きく優劣が左右されます。
しかし、この空間仕様は多くの人が納得できるセンスなのではないでしょうか。
ワンオフ的な車を数々見てきましたが、空間を上手に使っている車は少ないように思います。

私も風呂を作るという突拍子もない企画から、ともすれば空間を圧迫してしまいそうでしたが、
この照明の使いようによって空間の奥行きや立体感が出る、くつろぎの空間を確保できたように思います。

この点、本当に天晴れです!!

<つづく>

NTBのHP→https://www.ntbcamp.com/

営業、高野さんのブログ→http://ntbcamp.blog.fc2.com/

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

Tag : キャンピングカー NTB 日本特種ボディー NTB SAKURA ASAKAZE SINOBI ASAKAZE HAYABUSA

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)