FC2ブログ

★ここが泣けてくる、、根本的な改善点★HAYABUSA製作・その54

日本特種ボディーNTBで制作中のHAYABUSA
突飛な装備だけが目立ちますが、実は中身も凄いんです。
これまで世に出してきた、SAKURAASAKAZESINOBI、TSUBASA、を作ってきてノウハウと改良点を蓄積して、
更なる挑戦をするために制作している車。

私はある意味プロトタイプのような車だと認識して注文をしています。
突飛な装備もプロトタイプならばその検証実験は必要ですし、ブログという公の場で書くことも立証。

提灯記事として贔屓目に書くと思われたら仕方ありませんが、
事前にNTBの蜂谷社長には、全てをありのまま公に書くことを宣言しています。
そして、この記録がNTB品質だと残っていくことだとも思っています。

さて、その改良点の一つとして、シェルを作る段階から、強度を重視しつつもガラス繊維の貼り方や
箇所箇所の枚数、樹脂の入れ方を変えるなどの見直しをかけ、強度があり軽量化に成功。

また、エアサイクルボディーを更に有効にするために、マックスファンとの連動による強制排気。
これによって、空洞がありながらハニカム構造によって強化されている外装の通風が、
更に強化されコントロールが効くようにして、空気断熱を可能にしています。

これらは、物作りの基本である理想・理論上の快適さを更に高めて、改良版として確認をする車体なのでしょう。
もちろん、実験をしてみて、これが机上の空論として快適でなければここに書くことにします。
私としては、床の断熱についてもハイドロニックの配管を取り回して、床暖房も試した欲しかったのですが、それは次の機会。

ともあれ、そういった試行錯誤の中で、こんな所にも細かい気遣い。
これ、わかりますか? ここが泣けてくる気遣いなんだなぁ!
様々なドアやハッチ、点検口ですが、車体のガラにあわせた塗装がなされています。

バゲッジ色分け

こちらは分かりにくいですが、バスルーム乾燥機の排気口。半外排気の枠組みも
車体のガラにあわせています。心憎いですねぇ!

ミスト排気口色分け

そして、車はいよいよ磨き作業に貼っているようです。
車体を切って、穴開けて、埃をかぶった状態から、みるみるうちに綺麗になっている様子が分かります。

磨き2

磨き4

磨き5

磨き6

磨き肌2

ここにデカールが施されるのですが、、
このデカールが凄い!!

私も以前に利用しましたが、デザイン専門家による公募サイトを利用するのですが、
デカールのガラも凄ければ、ロゴデザインも素晴らしいものが集まっています。
決定前なので公表できないのが苦しいところですが、どれもこれもつけたいロゴです。

これも決定しましたら公表します。

ともかく、多くの方が懸念して、ご指摘頂いている点、既に着手し準備、実行している点が多々あります。
先日私も「デザイナーさんを入れていく」と記事に書きましたが、どうやら老婆心は必要なかったようです。
既に未来の設計はあるようですね、、ただ!!絵に描いた餅の企画倒れになってはいけません!

本当に具現化してようやく胸を張れるものですから、見守っていきましょう!!

納車まで、、あと8日。

<つづく>

NTBのHP→https://www.ntbcamp.com/

営業、高野さんのブログ→http://ntbcamp.blog.fc2.com/

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

Tag : キャンピングカー NTB 日本特種ボディー NTB SAKURA ASAKAZE SINOBI ASAKAZE HAYABUSA

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)