FC2ブログ

はぁ!何台乗ったんだぁ!!

オフ会などでいろいろなキャンピングカーに乗せてもらう。そして、様々な車を乗り継いできた人と交流をする。
事故経験者、特にバーストやアフターケア、メンテナンスで嫌な思いをした人から話を聞く。
そうするとようやく見えてくるものがあるのです。

私はまだ3台目。
それでも、1台目も2台目も中古車選びで試乗をたくさんしました。
運転してみて、体験して分かることは大いにあります。

ブログも10年以上やっていると様々な情報が入ってきます。
見た目に格好いい大手の車も、実は、結露が酷すぎて冬場に暖房つけると水浸しになるそうです。
大量生産されている有名車も軋み音が五月蠅すぎて、奥様がギブアップしたそうです。

故障の率や家具の傷みの早さ、床が抜けることもあるようで、自分で床の張り替えをした例も。
走行中の空気抵抗だって、乗用車は車体の凸凹、横風対策、緻密に考えられているのに、
ずんぐりむっくりした車体で重量が多く、それでいておでこも出ていて空気抵抗が、、、根本的に問題もあります。

まだ3台目ではありますが、それぞれの長所や短所を感じつつ、
それ以前の車を販売する姿勢やアフターケア、保証、技術力そのものに問題点があることも知りました。
更には、車検の重量と実際の重量の問題も。

suteppu.jpg
sakura.jpg
hama-.jpg

とそんな時、オフ会である先輩が言いました。
「俺はもう、、20台目かなぁ、、それでも理想通りの車ってのは、難しいものだよ。」
かっこいい!!

そのレベルじゃないと見えないことはあるのですね!師匠!!
私なんか、まだまだピヨピヨのひよこです。

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや
(読み)エンジャクイズクンゾコウコクノココロザシヲシランヤ
  燕雀(えんじゃく)安(いずく)んぞ鴻鵠(こうこく)の志(こころざし)を知(し)らんや

  《「史記」陳渉世家から》ツバメやスズメのような小さな鳥には、オオトリやコウノトリのような大きな鳥の志すところは
   理解できない。小人物には大人物の考えや志がわからない、というたとえ。

レベルが違うのね!
浅瀬に仇波、空き樽は音が高い、
うるさくなるのは、まだ先かぁ。


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

Tag : キャンピングカー キャンカー NTB 日本特種ボディー NTB ASAKAZE SAKURA ASAKAZE SAKURA HAYABUSA

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)