FC2ブログ

就労適正年齢と障害者雇用の数 ・ 就労アカデミー フォーステップという場所

障害者雇用が引く手あまたのこの時代にあって、それでも就労アカデミーの重要性を感じます。
頭数揃え、会社のメリット期間終了後に再雇用打ち切り、短期時限的契約、そして、
障害者雇用をクリアする「週30時間」と「最低賃金」これを前提に雇用されるケースが主流です。

そして、強く強く思うのは、「その個性に見合った職種・業務内容なのか?」ということ。
それと、「その就労する子は社会人としてのキャパを育てきれているのか?」も感じます。

何故なら、ここ数年間に就労先での不適応や退職をした事例を耳にするのですが、
いずれも職種・業務内容での不一致や本人が社会人としての心構えや生活などを受容しきれない。
楽しかった学校生活という温室から、急に寒風吹く社会生活へ投げ出されたことの悪影響などを感じざるを得ません。

前述、企業就労の募集数が激増して障害者雇用は引く手あまたの状態です。
中央省庁の障害者雇用の水増し問題が明るみになり、その余波だと思いますが、それについても疑問。
ある意味、この障害者雇用というのは、身体障害や精神障害を含むものです。

そして、雇用率を上げて、雇用数の厳格化をしても”一般企業で働ける障害者”の数は限られていると思うのです。
私論ではありますが、特に東京都内、大手企業が多い地域においては、一般企業就労、特例子会社、A型作業所
これらの生産性を求め、スキル、能力を求める企業へ就労可能な人の数は頭打ちの状況も感じます。
いわゆる、、一般企業で求められる働きができる方は、既に頭打ち状態なのでは?とも思うのです。

それでも、風潮から雇用数を気にする企業が様々な場所に触手を伸ばします。
そうなれば、数年前までは一般企業就労の域ではなかった作業力やスキルの方でも声が掛かることになります。
実際に企業での職場実習で基準・ハードルが下がった例も聞き及びます。

さて、、企業はこれで長期雇用してくれましょうか。
さて、、就労者はこの環境で長期雇用を求めましょうか。
さて、、企業は数をクリアして、雇用数から行政からの特典を手にしますが、その期限が切れたら?
     仕事が出来る人は残すでしょう、しかし、数あわせだった場合にはどうなりましょうか。
さて、、中途で仕事を失った就労者はその後はどうやって再就職を果たすでしょうか。

疑問ばかりが残ります。
きっとそれでも、ご家庭とすれば、、
「○○さんへの企業就労が可能ですよ」の声に呼応してしまうと思います。
もちろん、それが大正解で幸福の場合もありましょう。

しかし、一般の就職と同じで求人票や雇用条件等を見て、就労後の生活スタンスが立てられるか考えてあげるのが肝要かと。
私の経験上ではありますが、「企業就労」「業務職種」これらへの拘りを持たれる保護者の方も多くいらっしゃいます。
それは大枠の方向性であり、本当に子どもの長期幸福を考えた場合の想像力は必須だと思うのです。

幼い子には、経験によって大人にしていく時間が必要です。
いつも書きますが、精神年齢も大きな判断材料だと思うのです。
ある一つの考察<障害者雇用の適正年齢>http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-5262.html

障害者雇用の募集数が増えた今だからこそ、
雇用率が上がっていく未来を見据えて、
売り手市場になっていくことも踏まえて、
今だからこそ、しっかりと働くための準備や経験を積んでおくことも必要なのではないでしょうか。

そして、一般就労・企業就労の響きだけで判断せずに、こう考えることも必要ではないでしょうか。

ある一つのケースですが以下の例はどうでしょう。

・企業就労の例
 ○○株式会社  
   給与:」時給985円(最低賃金)×6時間(週30時間を平日5日で割る)×21日(月の平均勤務日数)
       給与額面 124,110円(上記計算が主になると祝祭日などに影響されます。)
   障害者基礎年金:?????
       一般的には企業就労を報告すると年金をもらえないご家庭が多いようです。もちろん例外もあります。

・福祉就労
 就労アカデミーフォーステップ ステップ1、2のB型作業所
   工賃:現状15,000円 (仕事内容と量が向上し、毎月向上しています。スタートは数千円でした)
       ※次年度の目標・予定工賃 30,000円~60,000円(グレーチング作業やすべらんぞー作業の受注増による)
   障害者基礎年金:福祉就労の方々に聞くともらえているケースが多いようです。
               2級:約65,000円
 ※もし、目標・予定通りに工賃が月々60,000円になった場合、年金を合わせると、125,000円
   この段階で一般就労を超えることになりますね。と、一例ですが。

また、私が接してきた卒業生によると、企業就労後に賃金アップしたケースは本当に少ないですね。
最低賃金の改定が定期的、かつ東京では大きく向上することから、収入は増えているようですが企業の昇給ではありません。
中には良心的な企業では、勤務時間増加、ベース賃金の増加、等をしてもらっているケースもありますが稀です。

就労アカデミー・フォーステップとしては更なるメリットもあります。
・就労移行では、本当に信頼の出来る長期雇用の可能性が高い企業を見定めています。
・就労移行をへて就労した方には、定期的な巡回を行うことにより定着促進を怠りません。
・就労移行では数多くの有名企業、優良企業での実習先があります。
・B型作業所では、多くの企業との連携により作業受注を目指しています。
・B型作業所では、外作業によって多くの人たちと触れ合い、喜ばれる仕事を実践。人との触れ合いで役立つ仕事を実感します。
・B型作業所では、仕事の根本基礎を繰り返し行います。清掃作業や指先の訓練から行っています。
・充分個性を熟知した指導員が懇切丁寧に社会人になるための基礎を指導してくれる。
・数年後に法人の事業計画として予定している「後見人制度」によって、多くの方の将来を担保します。


企業就労をしていた方が、フォーステップで頑張っている実例もあります。
彼を見ていると、前向きに、自信を持って、真剣に、本当に頑張れている姿に目頭が熱くなります。
故に、思ったのです。

「行けるから、行く」だけではないと。

         
具体的に下の写真はB型のお仕事。
右側はグレーチング、パブリックブリッジの施工をしている様子です。
左側はファインポッター製作の様子です。

15441632832532.jpg

パブリックブリッジは徐々に受注画像か中。
なんと、パナソニックホームズさんも協力をしてくれることになりました!
「パナソニックホームズ+ION=夢実現」
http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-5369.html


B型の基本組は、手先の訓練や計量、計数の反復練習を行っています。
ここにもインクルーシブ教育を受けた経験のある指導員が丁寧に根気強く指導をしています。

15441632833967.jpg


↓就労移行の方々はPCによる報告書の作成を行っています。
なれないPCを大画面プロジェクターを使用して、分かりやすく指導員が手ほどきをしてくれます。

15441632833405.jpg

真剣そのものです。
自分で作成した手書きの報告書を見ながらトライです。

15441632831630.jpg

少数での指導なので、情報処理を学びインクルーシブ教育を経験した指導員が丁寧に指導します。

15441632832793.jpg

社会へ出るために就労アカデミーを推奨しますが、

日々の積み重ねによって取得するのは単なるスキルアップだけではありません。

指導員との信頼関係や距離が縮まります。

信頼できる大人との関係性を構築します。

相談できる相手がこの先も一緒にいてくれます。

感謝される気持ちや仕事の意義を感じる心を育てます。

それが、就労アカデミーの存在意義と思います。


そして、最後に一つの提案も、、

障害者雇用率だけでなく、企業が障害福祉作業所へ発注した仕事の量や額に応じて、CSR活動を評価して、
雇用率同等のメリットがあるようにすれば、人手不足問題も障がい者雇用問題も、そして、
個性豊かな方々が、適材適所で幸福に働くことが出来る世の中になると思うのです。


障害者雇用数から、作業所への仕事発注数へ。
これも目標です。
ともあれ、その仕事が出来るように職業訓練をしなければ!!

だから、就労アカデミーです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
一般社団法人IONは、親亡き後の将来を真剣に考える法人であり、
多くの方々の経験と希望が詰まったシンクタンクでもあります。

詳しくは是非、ホームページやFacebookをご覧下さい!!
<HP>https://ion-aion.org/
<FB>https://www.facebook.com/onebig10ion/?fref=ts
<寄付・基金>https://ion-aion.org/ion-bokin.html

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓法人の取り組みに、、なるほどねぇ、、と思った方は下記バナーをポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

Tag : ION 発達障害 知的障害 自閉症 軽度発達障害 作業所 一般社団法人

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)