FC2ブログ

頑張ったラグビー日本代表!! 惜敗?いやいや完敗でしょう。

fc2blog_20181119094505961.jpg


試合が終わったあとも興奮と悔しさで眠れませんでした。
久しぶりに真剣にラグビー観戦をしました。
テレビの前で体をよじりながら、いけ!とか、おい!とか呟きながらです。

前半の粘り強さは素晴らしかったです。
ただ、後半疑問を持ちました。

あれだけディフェンスが一直線に前に出てきて、数回裏側に誰もいなくなることがありましたが、
そこへのショートパントやゴロパンとはダメなのでしょうか。
戦い方の新旧はあっても、普遍的なものはあるのではないかとヤキモキしながら見ていました。

するとイングランドは裏に蹴ってくるではありませんか。って、そうだよねぇ、、
ハイパンとも3m深すぎるのか、それとも滞空時間が短いのか、簡単に相手にボールをあげるキック。
オープン側へのキックも相手WTBにストライクのキック、、うーん、有効なキックではないよな。

更には、ボールを見ておらずに体に当たってノックオン。
後半尾HBの機能は見ていて疑問だらけでした。
そして、リズムを失い焦りが見られるところに追加点。

それに比べてイングランドは流石でした。
恐らく前半は温存していた選手を後半投入。しかし、それだけではなく戦い方も変幻自在に変えてきたように見えました。
ブレイクダウンの人数を極力少なくして対応。ディフェンス数が多くなったところで巧みにペナルティーを誘う。

エディーさんからすれば、想定内の試合展開だったのではないかと、中継で映る表情を見てそう思いました。
イマジネーションと危機対応力はセットメニュー。いや、前半を折り返した段階で危機を感じていたかも疑問です。
複雑なサインプレーもルーリングを熟知して予測地点でディフェンスをして粉砕する経験値も素晴らしいものでした。

2015-09-24_01h39_27.png


あ、、
ナショナルチームの戦い方を批評するレベルの人間ではありません。
昨今のラグビーはフィットネスの部分は昔と比にならないほど優秀です。
更にはここのフィジカルの高さには脱帽です。

逆に、テクニックや状況判断。戦術の点ではどうなのでしょうか。
と思いつつ、イングランドの自力の強さに感心しつつも悔しくて朝まで眠ることが出来ませんでした。

でもまぁ、、
昔々、、

巨人戦を見ながら、150キロ超のど真ん中のストレート見逃す原選手をテレビで見ながら、、
私の父親は「だからダメなんだよ!原!!それを打ちに行かないと!!」と怒っていましたが、
バッティングセンターの120キロストレートにかすりもしませんでした。(笑)

スポーツ観戦の妙は、見る楽しみ、評論する楽しみも含めてスポーツ観戦ですね。
でも、ワールドカップ、是非盛り上がって欲しいです。
私が今あるのは、ラグビーのおかげですから。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 日々のつぶやき - ジャンル : 育児

Tag : ラグビー ワールドカップ ジャパン

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)