FC2ブログ

キャンピングカーHAYABUSA着工中 その8 <ガイナという断熱塗装と強制排気>

第8回になりました。HAYABUSAの製作進捗も含めて、断熱材についての話です。
いつも読んでくださってありがとうございます。

↓まずは、ポチッとお願いできますか。執筆意欲につながります。 
↓ポチッとすると記事が読めます。    しなくても読めますが、、
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


元々、日本特種ボディー・NTBの車の外壁はハニカム構造のエアサイクルボディーが使用されています。
エアサイクルボディーとは何か?ですが、これです。

キャプチャ
NTB エアサイクルボディー

私も最初に聞いたときにはそれで強度は大丈夫なのか?と思いましたが、それはこの構造体にって強固になるようです。
縦に張り巡らされた材質が筋のようになりその空間に空気が通る仕組みです。
で、実際にHAYABUSAの施工中の画像がこれです。

IMG_9719.jpg

IMG_9718.jpg

この凸凹した部分に空気が流れることになります。
そして、このエアサイクルボディーに実験的改良が行われます。

エアサイクルボディーです!!!
(2って、、なんだかベタだなぁ、、)

これは、このエアサイクルにマックスファンを連動させる仕組みです。
今まではこのエアサイクルは走行中の風力を取り込み上方向に流れ出るものでしたが、
マックスファンをシステムに組み込むことによって、強制的にエアサイクルに空気の流れを作るのです。

エアサイクル2_2

エアサイクル2_3

エアサイクル2_1

マックスファンのステイ部分に横からの吸排気口を設けて、弁を設置することによって切り替えます。
横吸排気にすれば、エアサイクルから空気が流れます。
室内にシャッターを設置すれば、その吸排気量は増量すると思われますが、そこは実験後に設置可能です。

こうなると、夏の暑いときには排気にして空気を流すことによって空気断熱。
吸気口に開閉弁をつければ、冬の寒い時には冷気を遮断して室内の暖気によって空気断熱もできます。
さて、理論上の物は机上の空論かもしれません。入庫後に実験ですね。

ちなみに、このエアサイクルボディーは日本特種ボディー・NTBの車体すべてがこの構造です。
購入後に後付で排気口にファンを取り付けて、室内から操作できれば同様の効果も得られるでしょう。
まずは、HAYABUSAで実験して効果的だったら、オプションとして「排気ファン+スイッチ」が売れるでしょうね!!

そして、熱効率を考えるともう一つ施工前の工夫が可能になりました。
それが、、
ガイナ塗装です。
gaihekitosou416-500x375.jpg

ガイナ塗装とは(参考文献 メーカー宣伝から引用)

ガイナ塗料とは、外壁塗装に使う塗料の一種です。
外壁塗装に使う塗料は、長い間雨風に耐えなければなりません。
ですから、通常の塗料よりもいろいろな機能を持ったものが多いのです。
ガイナ塗料は、ロケットの外郭に塗装する塗料を一般住宅用に改良したもの。
宇宙空間でロケットが浴びる日光は、地上の何倍も強いものです。
ですから、太陽の光を遮断し、なおかつロケット内部の快適な温度が外に出ていかない効果がある塗料が必要でした。
一般住宅用に改良された塗料も同じ機能があります。
水性塗料と中空セラミックビーズとアクリルシリコン樹脂のハイブリッドが原料のガラナ塗料は、高い遮熱、断熱効果があるのです。
ちなみに、遮熱とは日光の熱を屋内に通さないこと、断熱とは室内で快適になった温度を外へ逃がさないことを指します。
つまり、ガイナ塗料を塗った外壁の家は、夏涼しく冬暖かくなるでしょう。
また、ガイナ塗料は耐久年度がほかの塗料よりもずっと長いです。
現在一般的に使われているシリコン塗料の寿命が10年前後なのに対し、ガイナ塗料は15年~20年は持ちます。
ですから、一度塗れば長い間塗り直し不要なのです。
家のデザインによっては、断熱材があまり入れられないこともあるでしょう。
そのような家の外壁にガイナ塗料を使えば、断熱効果がアップするのです。



その効果は以下の通りです。

2010101820380582 (1)

<暑さ対策>




<寒さ対策>




そのガイナ塗装をHAYABUSAに施工中の写真です。

IMG_9727.jpg

IMG_9725.jpg

室内側からも塗布しておくと、断熱効果そして室内の温熱効果があるそうです。
熱を通さなければ、暑さ寒さに強くなるはずです。
あ、あくまでも、、はずです。はい。

IMG_9721.jpg

IMG_9719.jpg

IMG_9716.jpg

もちろん外装、ルーフの塗装もしています。
gaina2.jpg


日本特種ボディー・NTBの営業職:高野さんもこの様子について書いてくれています。
イスズびぃーかむ NTBブログ

↑クリックすると飛びます。

高野さんのブログ、、なんだかとってもシュールで面白いのです。
あの文章は私には絶対にかけません。
「ではではSee you」が頭に残るのです!!


それと、忘れちゃいけないのがエンジンルームからの断熱です。
シート下のエンジンが熱くなって、、というのはキャブコンだけの話ではありませんよね。
この部分には遮熱シートを敷き込むことにしました。

IMG_9733.jpg

この下準備から一気に家具、内装か!!
日本特種ボディー・NTBの技術力が光るでしょうね。
日本特種ボディー・NTB←のHPはここをクリックです。

どうやら、うるさら7の室外機も取り付け方法が決まったようです。
IMG_9732.jpg

<つづく>

↓次は何だ?と思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2018.11.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

日本特種ボディー(NTB)

新型キャンピングカー

カウントダウンタイマー

PV

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング