FC2ブログ

新型キャンピングカー開発の経緯と理由 HAYABUSA製作その1~その5

特注車ができるまで。

「シェルのデザインから特注のえらい車作りだなぁ」とのお話がありました。

実はこの計画は数年前のジャパンキャンピングカーショーからスタートしたのでした。



3年ほど前になりますか、、当時の話です。
日本特種ボディーNTBがビーカムというベース車両から、SAKURAという名車を作り注目を集めた頃、
1.5tのSAKURAの上位機種として、2.0tビーカムベースでASAKAZEを第2弾として開発しました。
この時、初めてASAKAZEに乗車した感動を今でも忘れません。

1.5tビーカムのSAKURAも感動しました。
ダイナベースのエクステージを乗って、越谷近隣の悪路を走行して、その後、SAKURAで走行。
その乗り心地は全く別物でした。

http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-4858.html
以下、その時の文面です。

「SAKURAの試乗をしたのですが、、運転は私。隣に蜂谷社長。後部には私の妻と3歳の長女と0歳の次女。
会社そばにある、舗装がボコボコになっている完全なる悪路があるということでそこまで運転。

結論から書くと、、跳ねない!
特に後部座席の乗り心地はそれほど振動を感じないという状態のようでした。

そこで!!
比較するために、その直後にカムロードベースの車で同じ道を同じメンバーで挑んだところ、、、
途中で妻からギブアップの叫び声が聞こえて中止となりました。

実際には、、
「いやぁ!あぁ!!!ちょっと、、ちょっと待ってください!ストップ!ストップ~!止めてください!!!」

次女は妻に抱かれていたので二人とも、、長女も空中に跳ね上がる。そのくらいの悪路だったということです。
戸棚からは荷物が飛び出て、椅子に置いた鞄は空中分解して荷物が散乱しました。
設置したテーブルも脚部が浮き上がるほどの縦揺れでした。

そこからすると、、Be-camのSAKURAは揺れたとしても通常生活ができる範囲です。
ここから考えると、後部の居住性はかなりのものだと言えますし、これが高速道路の段差だったり、
雪道や悪路だったらその差は歴然としているでしょう。」



この時から、私は日本特種ボディーNTBのファンになったのです。
もちろん、それ以前にお目にかかっていた、当時会長の江田さんの存在もファンになった理由です。
http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-4865.html

その後、ASAKAZEの性能は素晴らしいものであり、更にはNTBのユーザーファーストの理念は揺るがないものと成りました。
そんなあるときにキャンピングカーショー、展示会にてお客様から話が出たのです。

「これさぁ、この前部分が出っ張ってない、おでこがない車種はないの!?」
「前面がしゅっとしていればさぁ、欲しいんだよなぁ、、」

なんと、この話が3組、4組、5組、6組と出てきたのです。
その日の夜、反省会に参加させてもらいながら、当時の江田会長から「よし!作るかぁ!!」と鶴の一声がかかったのです。
実は、それ以前の試乗段階から、私は「エクステージのような前面のフルコンのようなものは作らないのか?」と話していました。

シェルデザイン


そこもあいまって、、当時はMIYABI計画がスタートしたのでした。
SAKURA、ASAKAZE、SINOBI、そして、MIYABI計画の発足でした。

あれから2年以上の年月が経過する中で、本当に試行錯誤。
私も自分の車として製作してもらい、シェルの形状や設備などの完成度から可能性を広げてもらいたくて、
ようやく、決断をして作成、購入計画を立てたのでした。

そこから、、

風呂、シャワー、サウナ、外部冷蔵庫

変則プルダウンベッド、温水ボイラー設備


様々な試みが満載なのにも理由があります。
それは、本当にユーザーがオーダーした希望が具現化できるだけの技術力があるかどうか。
その労力を惜しまないかどうか。NTBと一緒にその証明をしたかったのです。

更には、今後のキャンピングカー技術は災害の多いこの国で、災害地、被災地対応ができる特種車両作り。
また、被災地にボランティアで来る方々の寝る場所の提供をする車のために、
特種車両としての可能性も模索する特殊技術の発揮場所にもなるでしょう。

さて、その試行錯誤が、、
その1~その5です。ご興味があればお読みください。
クリックで記事に飛びます。

HAYABUSA計画着工中 その1

HAYABUSA計画着工中 その2 お風呂とサウナ

HAYABUSA計画着工中 その3  塗装完了

HAYABUSA計画着工中 その4 温水装置の心臓部

HAYABUSA計画着工中・5 家庭用・エアコンうるさら7搭載  

HAYABUSA計画着工中:番外編 新型キャンピングカーを開発する(それは糸を紡ぎ機を織るようなもの)

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2018.10.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

日本特種ボディー(NTB)

新型キャンピングカー

カウントダウンタイマー

PV

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング