スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

お互いが歩み寄るには、お互いが理解して努力することが必要

本日は保護者研修会です。
保護者研修会って、、、

障がいのある生徒の保護者が月に1回集まる保護者会です。
具体的には、、

校長からの全般的な話のあとは、
具体的に、就労についての情報。これは、法改正なども含めた障害者雇用について。
また、家庭で出来るスキルアップの方法や就労に向けた指導の在り方について。

その後は、分科会。
各専門教科の先生が授業内の様子を話したり、今後の予定を話したり。
クラスの担任からクラスの方針や指導について。それぞれ個性の強い彼らに焦点を当てた話をします。

私の受け持つ時間は、、校長の次の時間です。
就労に向けての心構えや家庭で出来るお手伝いトレーニングについて。
予め、レジュメを作っておき旬にあった話も織り交ぜながら話をします。

14982662002841.jpg

今回は20分でした。いつもは、30分から35分。
これに加えて、各学年の保護者会全体会でも話をします。

指導というのものは、対象者によって変わってきます。

吸収させるために見本を見せること。
気がつくために気がつく状況を作りだすこと。
手本を見せながら動作模倣をさせること。
教材を作って工夫すること。
その他

本当に数限りない指導の工夫があり、ちょっとした工夫によって対象生徒が成長したり、迷ったり。
そこに指導の妙があると思っています。

今回は、お皿拭きや、ホウキでゴミを集める方法でしたが、
ちょっとしたシールを使用して分かりやすくする方法もあれば、
棒をつかって指示を出して空間認知させる方法もあります。

いずれにせよ、工夫と労力、思考錯誤によって生まれてくる指導方法なのです。
決して学術書には書いていませんし、彼らの障害特性を解明するだけでは成長はありません。
いつもの口癖ですが、学術的見地と現場の実践が交差するところに答えがあると思っています。

私は、現場で長年彼らの指導をしてきました。
その成果が、その蓄積が、今後の彼らの成長に繋がればいいと思います。

障害者雇用のパーセンテージが上がろうとしていますが、障害理解は比例してあがっていません。
法整備だけが独り歩きして、現場で受け入れられる環境作りが遅れているように思えて仕方ないのです。

また、バリアフリーといいつつも、片側だけが「わかってよ!」と一方通行になってしまうような傾向もあります。
双方が歩み寄り、相互理解という言葉がお題目にならない職場があればいいですね。


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

2017.06.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教師の独り言

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
PVランキング