FC2ブログ

赤穂浪士と工藤の背番号と町田先生

赤穂浪士は四十七士

工藤の背番号は47番

47

この数字を見て連想するのはそれくらいでしょうか。

540940.jpg

フェイスブックでは午前中だけで100件以上のおめでとうコメントを頂きました。
自宅には、恒例の義兄弟からの胡蝶蘭が届きました!!
多くの方から祝福を受けるのは本当に嬉しいことですし、ありがたいことです。

18191530_199460567237575_1011780490_n.jpg


この場を借りて多くの皆さんの御礼申し上げます。
ほんとうにありがとうございました!!
そして、これからも頑張ります。

47-002.jpg

さて、年齢ではなく、気がつけば、アニメ「土根性ガエル」の町田先生と同キャリアになりました。
え?町田先生をご存知ない?
「教師生活25年!こんなに嬉しいことはない!!」って無くキャラです。主人公であるヒロシの学校の先生。

声優は、故・永井一郎さんでした。
事あるごとに、教師生活25年!と連呼するので印象深いのですが、
当時はさぞオジサンだろうと思っていました。確か芋ゴリラからは「入れ歯大王」とかも呼ばれていました。

8J1LDoukrvr7UUn_bDEaP_22.jpg

入れ歯をするくらいだから、もうお爺さんの領域だと思っていましたが、まさか自分がその年齢になるとは!?
まぁ、町田先生が短大卒だったら若いだろうし、大学院卒だったら年上ですが、大卒直だったら同い年です。
この25年、、いろいろありましたねぇ。チャレンジも繰り返してきましたねぇ。

dokonjou-machida.jpg

風呂に入ると思うのです。
だらしなくなった腹、細くなった太股、そして、白髪まじりで薄くなった髪の毛。
どれをとっても衰えは隠せません。

でも、その後に思うのです。
それだけの年月が過ぎた証しであり、体中に残る傷口は体を張って生きてきた証拠。
弛んだ腹も、事務仕事や書き物が多くなってきた結果であり、
細くなった足はグランドから遠のいている結果。

それぞれに、それぞれの理由があり歳を経過したのです。
単なる老化とも言えるのでしょう。
でも、、その理由は明白です。

そして、更に思うのです。

これまでの経験で何ができるのか。

培った信念で何を思い、何ができるのか。

数奇な体験の連続から、どんな発想が生まれるのか。

そして、、

これまでの人間関係によって広がった人間の輪が、どんな楽しいことに繋がるのか!!

さて、教師生活25年から、、福祉事業起業1年生となりました。

今後もどうか見守ってください。

47-skurup-logo.jpg

↓お誕生日御祝儀ポチっとをお願いします!!次女の笑顔をポチっとな!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新規立ち上げ、一般社団法人ION 障害福祉事業も頑張ります!!頑張れよ!!と思ったらポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)