FC2ブログ

手を合わせて誓うこと

「よぉー!久しぶりだなぁ!」

と声をかけて頂いたのが昨年、2016年11月23日でした。

U先生「懐かしいよなぁ。俺がまだ三鷹を教えていた時代、お前は二高の部員だもんなぁ!あの時はなかなか勝てなくてよぉ、、」

私「その後もお世話になりましたよね。私が教員になって日鶴を教えていた時に菅平でお世話になって、、
  武蔵野東にラグビー部ができた時も、散々お世話になって。レフリーでも、高体連でも。そんな僕も40代後半になりますよ!」

U先生「そうかぁ、お前もそんな歳かぁ、、その俺がもうすぐ定年退職だぜぇ。」

20151111ball-718x400.png
sotubu_2.jpg


懐かしいお話をしたのが昨日の事のように思い出せます。
U先生は都立T工業に赴任した直後に、私の奉職する学校を見学に来た事があります。

「うちの生徒、本当に言うことを聞かない奴ばっかでさぁ!困っちまうよ!」と話していた先生が、校内見学が終わると、、
「すまん。さっきのは失言だな。この学校は本当に基礎学力の点から築き直しているんだよな。真剣に丁寧になぁ、、
あと、障害のある生徒も一生懸命だなぁ。先生たちも本当に一生懸命だ。頭が下がるよ。
正直、俺たちは入るハードルが下がっているから、全入に近い状態なんだよ。誰でも試験を受ければ入れる状態だ。
でもな、学力不足から夏までにかなりが辞めているし、それを問題とも考えていいなかったよ、、むしろそれが必要だって、、
でも、ここは違うよな。この子たちを手作りで作っている、教育しているんだよな。感動したよ!!!」

このくだりは忘れられません。
ラグビーにしても、、グランドでお目にかかると、、

「それにしても、お前よくやるよなぁ。大変だろう彼らにラグビーを教え込むのは?
それが、まともに試合もやっているんだからなぁ。頑張れよ!!」

と声をかけてくれました。

ラグビー指導者として、レフリーとして、高体連の役員として、、そして教師として、
多くを学びました。たくさんお世話になりました。

通夜の席、白い歯が輝く遺影を見ながら、涙が出てきました。
帰路の車中では、多くの思い出が湧きあがってきました。
私がお世話してもらった事ばかり、何も恩返しができませんでした。

だから、思うのです。
根気よく、諦めずに、そして、間違っていたら頭を下げる潔さを持ち、
真摯に物事を受け止める。そんな先生の信念を勝手に受け継ぎます。

梅原先生。1月6日永眠。
空から見守ってください!
御冥福をお祈りします。

合掌

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ラグビー - ジャンル : スポーツ

Tag : ラグビー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)