親の背中を見るから、、こうなる。

ふと、年末年始を思い出しました。

年末は店の前に長蛇の列が出来て、夜遅くまで仕事をしていました。
家業は、、床屋。
新高円寺にある実家は今も昔も床屋です。

祖父の代から床屋で、祖父の店は高円寺の商店街の中央にありました。

年末は祖父の家も大忙し。
今と違って、年始は綺麗な髪型で!という意気込みが生きていたのでしょう。
そのおかげで紅白はおろか、行く年来る年もスタートから見られないこともありました。

私がやるのは、蒸しタオルを洗い、床に落ちた刈り毛を掃き、髭剃りのカップを洗う。
たったこれだけなのに、それはそれは山のように仕事がたまるのです。
そして、要領を得ないと父親からの鉄拳制裁と怒号が飛んでくるのです。

懐かしき、昭和の思い出。
少々昔々過ぎる写真ですが、ネットにあった写真。
ひばりが丘団地だそうです。

syouwa_1.jpg

なるほど、、では、昭和の床屋は、、
と、ネットで、、
昭和、、床屋、、と検索すると出てくる出てくる白黒写真!!

もしやと思い、、
昭和、床屋、高円寺、、と検索をしてみると、、、

え?どうして?
こんな写真が出てきました。

amamiya_01.jpg

え?

えぇー!!!!

これ、私の実母です。

なんとインタビューを受けてネット掲載されているではありませんか。

http://www.asukashinsha.jp/toro/2012/09/post-9.html

恐らく母はネットの見方も知らないので、この記事を知らないのでしょう。
ついさっき、年始回りだといって、妻と娘2人を連れて行ってきたのに、何の話もしていませんでした。

それにしても、、
明るく、元気に昭和を振り返るそのインタビューには、
私が知っている血の滲むような苦労は微塵も感じさせないものでした。

知っているだけでも、自身の大病をはね除け、
伴侶の飲酒やワガママを我慢して、長男次男の思春期を乗り越えた、
昭和の強くて泣けて苦労したお母ちゃん。きっと言えない苦労もあったのでしょう。

記事を読みながら目頭が熱くなり、懐かしい気分になりました。
そして、、

「幼い頃の記憶は、残っているか否かの問題では無い。
問題は、その日常や環境の中で思考の基盤となるルーティーンが正しく組み込まれたか。
それは、まるで植物の双葉の如く、成長するきっかけのエネルギーを吸い取り、
そして、その成長と共に抜け落ちる。そんなもの。
だからこそ、その記憶が残るか残らないかが重要では無いのだ!
大切なのは、しっかりとした大人が毅然として分かりやすくルールや生き方を示すことなんだ!」

この持論の基盤が、ここにあると確信しました。

身内の記事で恐縮です。
でも、どうしても、どうしても、、これを年始の挨拶の次。
今年の第一号記事にしたくて、他の記事を後回しにしました。

理屈も大事。

頭が良いことも大事。

風を読むのも大事。

慎ましやかだったり、従順だったりすることも大事。

でも、この母親は、、

「正しいと思ったことをやり抜きなさい!」

と、これを私の教えてくれました。


さぁ、私は誰に何を教えようか、、

貴方は、誰に何を教えていますか?




※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

2017.01.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教師の独り言

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング