「雇用する」と「雇用される」 そして権利は? 

大きな壁面にLEDで画像を流す。
昨今は当たり前になってきたこの装置は、青色発光するダイオードが発明されたことで可能になりました。
青色発光ダイオード、というものです。

img042.jpg

赤や緑に光るLEDは、早くから開発されましたが青はありませんでした。
青色のLEDができたことで、RGBの3色そろいました。光の三原色ですね。
3色を混ぜれば白になりますし、色の配分を変えれば、いろいろな色を作りだすことができます。

sangen.jpg

この発明によって、競技場にあるような巨大な画面も可能になったというわけです。
発明をしたのは日亜化学と中村教授。
この両者の法廷闘争は凄かったですね。

日亜化学に努めていた中村氏、中村氏の言い分では研究開発の報酬が2万円だっとか、、
そして研究は全部自分で完成させたとか。
ここについては賛否がありますが、中村氏が研究に携わっていたのは確かです。

ただ、この論点は開発者がその開発権利や特許を保有することになるのか、
また、研究開発の施設設備や開発費用などを提供して開発できる環境を整えた会社との論争。
これは、難しいようですね。実際には中村氏が数億円を手にして、その後日亜も特許権放棄。

様々なサイトを見てもこの解決はどう見れば良いのか難しいようです。
ただ、ここで残ったのは前述のように、発明や開発は個人のものか会社のものかということでしょう。

大学の研究室だと、ほぼ大学のものになるようですが個人教授のお手柄にもなりますよね。
これは、この教授を擁している大学の人気にも繋がりますから納得。
そして、教授の給与もアップするのかも知れません。

ともかく、会社など働く現場ではアイディアは必要で、その人がいるから成し得るプロジェクトもあるはず。
となると、知的財産は会社の物か個人の物か。

womanpose3.jpg

ともあれ、「人は石垣人は城」そして、
雇用とは雇用される側の価値観による「職業選択の自由」

ここから考えると、会社と人の関係性が非常に重要になってくるのでしょうね。
会社にとってキーパーソンとなる人間を手放さないようにするのは会社の自助努力。
無理矢理つなぎとめることは出来ませんからね。

会社にとって大切なコアを持って行かれてしまうのは大損失
しかし、その会社が技術者や企画者、営業などをつなぎ止めることが出来なかった。これも事実。
その技術や企画のコアをその他の人間で共有できるようにしておくことも必要だったのでしょうね。

その人抜きでは出来ないような仕事を作らないのも経営者の工夫かも。
いや、抜かれないように理念や気持ちで繋がっているのも人間関係の基本かも知れません。

ともかく、、
オンリーワンはオンリーワン、その人がヘッドハンティング、引き抜き行為だって社会では当然のこと。
だからこそ、優秀な人材を放出しないように大事にするのが企業の生命線なのですね。
松下幸之助の考え方ですなぁ!

企業や法人が人を大切にしないと、不義理も起きてくるっていうことでしょう、、
不義理は不義理にならざるを得ない場所に起きることもありますから。


どの業界でもある話でした!
キャンピングカー業界も、、かなぁ?

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

2016.12.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | ★つぶやき★

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング