惚れてまうやろぉ! 作る工程で思うこと

メイドイン、ジャパン。
簡単に言うけれど、素材や加工、ある一定の品質基準を持った日本人が、日本基準に合致した作業をするから、
完成品も日本基準になるのでしょう。

労働力が安価な外国に工場を持ったり、外注に出している企業も多いでしょう。
コストカットは、利益が増える、もしくは、ユーザーの負担が減る、のどちらかに繋がります。

ラグビーのボールも昨今はインドで作られているようです。
船便の関係で納品が大幅に遅れることもあります。


さて、、そんな物作りから、、
日本特種ボディーの物作りをみてみると、、
工場は埼玉の越谷にある古い工場。

「えー!ここでつくってんのかぁ?」と疑問すら抱く工場です。
が、聞けば聞くほど、、うんうん、、納得。

徹底したアウトソーシング。
それも、その道のプロフェッショナルを精選して、こだわりを具現化できる業者へ外部委託。
ボディーはボディー。家具は家具、その他も、スーパーカーに納品する業者まで加わっているのには恐れ入りました!!

そこに興味を持ったので、頼み込んでボディー制作をする様子の画像をもらいました。
うーん、、素人の私が見ても甲乙はつけられないのですが、、
仕上がったものを見ると、その美しさに感動します。

saku1 (1)

saku1 (5)

saku1 (7)

この工場は福島県。
震災、原発、風評被害、様々な苦難が、文字通り「津波」のように押し寄せる地にあって、
技術力、職人のこだわりを肝に据えた職人さんたちが腕を奮っているそうです。

一つひとつ、良い物を納得のいくように仕上げて、それを匠の技で作り上げる。
更に聞けば、この量産に向けて専用の建物も作って生産速度を上げて行く取り組みもあるようです。
これはSAKURAですね。

ASAKAZEはまた別の匠が製作にあたっているとのこと。
それぞれが専門的に取り組む、拘りの業です。

saku1 (9)

saku1 (14)

saku1 (4)

この他、家具は家具担当の業者。パーツも同様に業者へ依頼。
このアウトソーシングがどうやってユーザーに還元されているか、、
これも社長や会長に聞きました。

・本社工場に大きな設備投資をしない。
・専門家の専門職による上質な仕上がりを期待できる。
・組みつけの工程で、ユーザーの遊び方にあったレイアウトに変更可能。

コストもこれによって減額できるようです。
更に聞けば、派手なパンフレットや資料にかかるコストもカット。
イベント等での経費も削減、、これによって良い物を適正価格で提供したいそうです。

胸を張って作った匠の技が、集約されて作れらるキャンピングカー
そして、そこにはユーザーだった株主が集まって捻出されたアイディア満載。
安全性が高く、安心できる車を、可能な限りのコストダウンをして提供。

うーん、、だから好きなんだなぁ、、NTB


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2016.11.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | NTBという本物 キャンピングカー

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング