スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

必然的に売れる車と革新的新電池発表

元来は走ってナンボの性能評価を得るものが、停車した状態で評価されることに違和感を感じていました。
購入者側としても、これ、、どんな走りをするのだろうか、、とハンドルを握る責任者として興味深い事項でした。
でも、試乗会は決められた平坦なテストコース。うーん、、

逆側となり、お薦めする側になると、その思いは忸怩たるものになるのですね、、
安全性も突出したセールス内容なのですが、その安全性が担保されている車の走りは、
それだけ優雅であり、安定しているということです。

それを表現するためには、、と考えています。

さて、そんなNTBの車、大好評でした。
中でも新型車種のASAKAZEは連日の大盛況。

14784211549393.jpg

なんと、この2日間だけでかなりの問い合わせ、見積もり作成、、
そして契約件数もかなりあったそうです。

来た人たちは口を揃えて言うそうです。
「なるほどぉー、、」と。

先ず、何はともあれ第一は、、ISUZUが製作したビーカム。
これに尽きます。ビーカムによって安定した走りは新次元なのです。
これ、私は体験者として実体験を話せます。

以前のブログにも書きましたが、、
同じ悪路を、
同じスピードで、
同じ乗車メンバーで、、

SAKURAは、、まぁ、揺れるかなぁ程度。
ところが、元愛車エクステージは、、、

妻が飛び跳ね、娘は空中!
戸棚が開いて荷物が散乱しました。
妻の悲鳴と共に実験は終了。

大袈裟じゃないのです。

でも、まぁ、、、これは乗ったときに体感してください。
このビーカムを使用しているビルダーは1社だけ。
そして、このビーカムを使いこなすのには高い技術が必要なのでした!

で、、それ以外。

SAKURAにしてもASAKAZEにしても、共通するテクノロジーは、
エアサイクルボディー。

ボディーが熱せられても、外壁を通過するエアサイクルによって、車体そのものの熱を逃がす仕組みです。
easaiku.jpg

これではわかりにくいですよね。
家を建築する際には通気断熱という言葉になるようです。
img_wb_summer.jpg

これによって車体が熱いときは冷やされて、寒いときは断熱効果をもたらすのです。
この考え方とシェルの作りもオンリーワンなのです。

お日柄の良いキャンピングフェアーや、室内で行うキャンピングカーショーでは体験できないのです。
非常に残念ですが、次回の室内のショーの際には暖房全開の中、冷房を入れることを提案しておきました。

14784211547562.jpg

確かに搭載している、アイクールというエアコンが凄いのも認めます。
ただ、考えてみてください。
エアコンの原理とは吸気口から吸い込んだ熱気を、数度下げて冷風として出すのです。
しかし、吸気そのものが温度が高ければ、排気もやや下がるだけ。

例えば、、
車内温度が45度とした場合、エアコン吸気は45度の空気を吸い込み、-5度して、40度の空気を出すのです。
その40度の空気が部屋に行き渡ったら、またー5度して、35度に、、、ってな具合。

では、室内温度が35度とすれば、そこから、、、もうおわかりですね。
ところが、車体が熱く焼けていた場合は、せっかく冷やしても熱せられた車体という器の中の空気ですから、
更に熱く熱せられてしまうのです。これをエアコンの性能にされたらエアコンも肩身が狭しでしょう(^0^)

となると効果的なのは、
エアサイクルによって熱くなった車体を冷却してから換気をして、外気温と同じくらいにしておいて、
そこでアイクールによって強烈に冷やすことができると言うことです。

空気を流さなければ、密閉ならば、、真空まで効果はありませんが空気断熱効果は、
空気の層があるジョッキやタンブラーで皆さんも体感済みでしょうね。
よって、冬はこの空気を利用するのです。

14784211549434.jpg

それを床にも使用しているのが、エアサイクルフロアーです。
エンジンからの熱を空気によって断熱。
そして寒いときにはFFヒーターの熱気を流せば、室内の乾燥は防げます。

furo.jpg

と、こんな説明に、、なるほどぉー!って聞いて下さる方が多かったそうです。
でも、この基本的な部分は大切なのです。

家具やレイアウト、デザインばかりを売りにしているビルダーも多いですが、
家だと考えれば、その床が冷たかったり、熱が逃げない室内構造だったり、これだと価値はありません。

更には、私は試乗して知っています。
断熱材が全く入っていない、薄いFRPで出来たキャンピングカー。

断熱効果があまりにもない車体では、暖房をつけると外気温と室内温の寒暖差が激しくなり、
車内に結露が酷くなりタオルで拭きながらじゃないと冬の生活が出来ない車体。
これ、、今も売れていますよ。

ハウスシックによって、車内の生活が出来なくなったキャンピングカーの家具は、
大陸制作であり、基準値を大きく上回ったホルムアルデヒト、トルエン、キシレン等の有機溶剤を使用した
格安で組み立てたもの。この車も今も売れています。

そうではない、生活の基盤となる部分はユーザー側として考えているところが良いと思うのです。
家具は日本製。断熱効果を考えた後のレイアウト。順序はそこにあると思います。

それと、、今日は重大発表がありました!
ブース横に立て掛けられた看板。
技術主任からスタッフに公開されたのも本日。だから、みんな今日知ったことなのですが、、

14784211553329.jpg

これ革命です。細かく説明するとほんとによく分かる代物なのですが、、
続きは次回です。ごめんなさい、、所用があるもので。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓こぉらぁ!もったいつけるなよ!気になるじゃないか!!と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2016.11.06 | | Comments(2) | Trackback(0) | NTBという本物 キャンピングカー

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-11-07 月 20:58:37 | | # [ 編集]

Re: 教えて貰えませんか


では、FBなど実名でお話しできるステージでお話ししましょう。
是非連絡をお待ちしております。え、私のことは探せますよね!
ほぼ、実名を公表しているブログですからねぇ!
お待ちしております。

2016-11-08 火 13:31:50 | URL | onebig10 #OucFHXVM [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
PVランキング