FC2ブログ

成長に目を細める

合宿終了後、学校が始まって、ふと気が付いたことがあります。

それは、天宮部の成長です。

特に3年生を見ていると、その大人ぶりが際だって見えます。
彼らはラグビーという競技をするのではなく、苦労をするために入部してきたと言っても過言ではありません。
練習の準備や昼食の下ごしらえ、合宿ではシーツを交換したり、、裏方として活躍。

ある意味、就労支援部であると自負している顧問達は、天宮部に挨拶や返事、コミュニケーション向上、
そして、周囲との調和や言語面の成長を促すような指導しかしません。
かといって体力練習はしないのか、、やります!走るのは人一倍!基礎練習だって行うのです。

1年生の頃はついてくるのが精一杯。
精神的にもきつかったでしょう。上下関係もあります。
でも、全てが彼らの成長に繋がったのだと思います。

ある意味、予備校に通い続けた生徒は学力が伸びます。
ならば、コミュニケーション、言語、上下関係や生活の基礎を土日も長期休みも
全て返上して身を投じた彼らが成長するのは当たり前かも知れません。

逆に、土日、長期休みに好きなことだけをしてきた生徒とは実力だが出てきます。
アリとキリギリスをそのまま三年間体現したのは彼らです。

話すことが苦手だったのに、、人の目を見られなかったのに、、
協調性ゼロだったのに、、わがままだったのに、、空返事ばかりだったのに、、
すぐにいじけていたのに、、私と話すのを避けていたのに、、

IMG_1089.jpg

偉そうに後輩に説教をする天宮部先輩を見て、嬉しく思いました。
うんうん、、それを言えるようになったんだよね!って。

さぁ、君たちの本当の闘いは社会に出てからだ!
頑張れ!それが出来るだけの修行はしてきたのだから!!


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 生きる力 - ジャンル : 学校・教育

Tag : 教育 知的障害 軽度発達障害 自閉症

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)