40代の少年

昔、四国は愛媛県、宇和島市から山道を登り、御槇という山中の小さな集落に祖母の家がありました。
東京生まれで東京育ちの父と私は、母親の郷里であるこの地に度々訪れました。
ビルが建ち並び、車の轟音と排気ガスにまみれた地元とは正反対のこの地に魅力を感じていたのでしょう。

父も私もこの地に来るとテンションが上がりました。
清流には魚が泳ぎ、山ではセミが鳴き、道ばたには農作業の傍ら休憩をする老人たち。
道を一本はずれると農道のような獣道のような、その区分けは石が積んであり石垣のようでした。

集落の一角に「かしもと」と呼ばれる雑貨屋があり、そこでは生活雑貨やお菓子、バスの切符も販売していました。
それ以外では農協がスーパーのようになっていましたが、今のコンビニほどの品揃えは無い状態。

行商の軽トラックが来ていたような気がしますが、利用したことはありません。
ある時、郵便局の隣に電話ボックスが建てられたということで、村の人々が総出で見物に来ていました。
大歓声の中心にある電話ボックスは、東京で見るそれと比べると誇らしげに見えたのを覚えています。

yamakawa.jpg


親戚が集まると、大人たちはビールを飲んで大宴会。
父は長女の結婚相手として、その中心に鎮座し東京での武勇伝を語っていて、
弟妹家族はその奇想天外な話に聞き入り、時に大爆笑となり、時に感涙するほどでした。

しかし、子ども達はそんなことはお構いしない。特に私は、いつも聞いている東京での与太話。
自慢げな父の顔は誇らしかったのですが、実は昨年も、その前の年も話した内容もあったので、
飽き飽きしていました。なので、従姉妹達を誘って川に遊びに行ったものです。

その清流はどこまでも清らかで、澄みきっていました。
今思えば、四万十の源流となる川。当たり前の透明度だったのです。

seiryuu271.jpg


今でも、そのキラキラとフラッシュのように輝く水面や、そこに反射する山々の深い緑色。
せせらぎの音や、暑くも寒くもない心地の良い風の肌触りが思い出されます。
正に、あの時、あの場所は楽園だったのでしょう。


月日が流れ、、


今、あの光景をよく思い出します。

自分の未来を思い描き、自分の将来を夢見ることが楽しかったあの頃。
水面の光のように、自分の未来はキラキラと輝いているに違いないと考えていたあの頃。
どんな職業にでも就けると思っていて、その選択に迷うであろうと贅沢な悩みを持っていたあの頃。

あれから、、40年。

夢は捨てていません。
今からでも、何かをしたいと思っています。
そして、そのチャレンジを想像すると胸がわくわくします。

生来、守りには入れない性分なのかも知れません。
打って出るのが好きなのです。

あの頃の、胸が高鳴り、躍り、足を踏みならしたくなるような気分が戻ってきました。
不安も一杯あるの中だから、だからこそ楽しい。
目を見開き、大声を出す準備をして、肩をいからせながら、森を進んだあの気分。

紆余曲折、私は大人になって生きています。
でも、やっぱり心はあまり成長していないようです。

横槍も、妬みも、嫉妬も、噂も、出る杭は打たれても、、
生涯、青臭い少年であり続けたい。
さて、、頑張りどころか!!



※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

2016.03.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | ★つぶやき★

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング