ラグビー日本代表 廣瀬選手の本に!

ラグビー日本代表の選手が数多くメディアに顔を出すようになりました。
このラグビーブームは、W杯(ワールドカップ)で南アフリカに勝利した大金星からのスタート。

しかし、ラグビー日本代表はあの試合に向けて多くの努力をしてきたといいます。
中でも精神的支柱となり、若い選手たちを叱咤激励したのは、前キャプテンでもある廣瀬俊朗選手です。

廣瀬選手は東芝の選手ですが、今まで何回も本校に来てくれました。
繋がりは、、、
当時、東芝のコーチで会った釜澤氏と私の繋がりでした。
(過去記事から繋がりが分かります→http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-2749.html

また、同じく日本代表としてフィールドで活躍した最年長大野選手も学校に来てくれました。
(大野選手との繋がりは→http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-4597.html

以前の練習で、我が娘も一緒に記念写真撮影をしました。
膝を痛めていた大野選手も部員に誘われるまま練習参加。本当に心優しきファイターです。

14265466696248.jpg

その廣瀬選手が本を出しました。
事前に私の元に「先生のところを本で紹介してもいいでしょうか」と質問がありました。
「あぁ!光栄だねぇ!」と言っていたのですが、本当に出てくるとは!!

本の題名は「なんのために勝つのか」です。
なんのために勝つのか

表紙が、、
hirose_book.jpg

そして、その目次の中に、、わかりますか?武蔵野東ラグビー部って書いてありますよね!
hirose_mokuji.jpg

是非、書店でお買い求めを!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

さて、今回のワールドカップが終了直後、私は彼に一通のメールを送りました。
その内容は、、

「まずは、お疲れさまでした。

多くの激励メッセージがあるでしょうから、私のこの文が目に留まるかわかりません。
でも、書きたいので書きます。運が良ければ目につくのかな?

本当によく頑張ってくれました。
憶えていますか?最初に本校に来た時に私が偉そうに言ったことです。

「君たちジャパンは、底辺の彼らの希望の星なんだ。不登校生も知的障害者も、
うちでラグビーをやっている彼らは、みんなジャパンに憧れている。
そして、その彼らが支払っている協会費がジャパンの遠征費になっているんだよ。」

その時は偉そうに言って恐縮です!!

でも、今でもその思いはありますし、今回のジャパンの躍進は彼らに希望を与えてくれました。
いや、躍進と一言で言うのもおこがましいほどでしょうね。

努力の結晶。そして、その努力も才能のある人間が人として根源から自分を直視して
更に、多くのものを背負いながら、無我夢中で反復をした成果でしょうね。

釈迦に説法で恐縮ですが、タックル後の置き上がるルーティンを見ていると、
その素早さは反復練習をして動作モデルが脳内に構築されている研ぎ澄まされた動作だと推察しました。

体重を増やしてフィットネスをあげて、更には思考をしながら意思統一もする。
かなりの運動量、そして、飽きるほどの反復の賜なのでしょうね。

ジャパンのその頑張りは日本の多くの国民に勇気を与えたのは既にご存知でしょう。
そこはそれとして、私は本校の生徒についてお知らせします。

知的障害のある自閉症児が夜遅くまで必死にテレビに噛り付いて見ていたそうです。
不登校だった彼らが夜更かしをしても、その興奮を友人と話すために早起きしたそうです。

学校で暗い顔をする彼らが、意気揚々とラグビーの話をしていました。
学校では他の部の生徒たちや先生たちに、ワールドカップの話題を振られて、
さも偉そうに誇らしげにラグビーを語っていました。

そして、息子がやっているラグビーに対して理解を示さなかった保護者が感激を伝えてきました。
比較するのは失礼と思いますが、、

本校は他校に比べて体格的に劣る生徒ばかり。
スピード勝負をしても中学時代に不登校だった生徒が俊足なわけはありません。

スクワットの連続と泣きながら走るフィットネス練習。
そして、、創部した15年前から私が言ってきた事は、「格上相手には圧力のあるタックル」

走られたらプッシュアウトしながら逃れられてしまうので、出足とロータックルで
接点よりも向こう側に倒す。そして、そこにアライビングしたら小さい利点から、
素早くボールに絡みつく。ひざ下のタックルを繰り返せば相手のアタックも前に出られない。

そして、出ない相手にパスをするとミスをする。
これを目指していました。

なかには、鎖骨が折れた状態でタックルを繰り返したファイターがいました。
これがまた、元不登校生だから凄いことです。

体重が軽いFWも工夫をしました。昔ながらのロバー戦法。
スクラムハーフがボールインしたら、エイトがパスアウト。これも繰り返しました。
ラインアウトも身長差を何とかするために、競り合わず、組みあわず、投入後に
あえてラインアウトから離れて、モール形成をさせずに逆からボールを噛みに行かせました。
これは、ルール上の盲点から私の屁理屈プレー。

今から10年前です。

しかし、その戦い方は全て否定されました。
「弱いチームが屁理屈のプレーをしてくる」散々叩かれました。

また、低いタックルも「怪我をさせるつもりか」とも言われました。
今でも、タックルは本校の伝統です。今年の夏も合宿、岩手の地で炸裂しました。

その生徒たちが、今回のジャパンの戦い方を見て感動したのです。
(もちろん比べたら失礼なのは重々承知しているよ!)

低いタックル。ラインアウトからのディフェンスや、マイボールの時はキャッチャーから
力点をずらしてロール。

みんな感激していました。
「あ!あれ!!昔やった!」とOBも我が家のパブリックビューイングで興奮していました。
「弱いチームを率いて、俺はもう20年だぜ!考えることは一緒だよ!」
なんて偉ぶって話してみました。
本当に楽しい時間でした!!

今回のジャパンの頑張りは日本のラグビーの地位向上にもつながりましたが、それだけではないと思っています。
それは、教育の質の変化です。

わがまま、自分勝手、無責任、無協調、自己表現をしない。
そんな子どもが育つには、その土壌があります。
自分の事だけを考えさせる親。他者の事を省みない親。
わがままを許してしまったり、スポーツをけぎらいする親。

団体意識よりも個別の利益が好まれる昨今には、そこで育まれた子どもしか育ちません。
いつしか「かっこいい男」の定義すら変わってきてしまった日本。
そこからすれば、今回の日本代表は一人残らず、かっこいい!!

そして、ジャパン所属する「外見は外人」の彼らの方がよほど
侍であり和人であり、古き良き、いや本当の「かっこいい男」だと思うのです。

本来、日本人があるべき姿だけでなく、人として協力して立ち向かって、
一生懸命鍛錬して、勇気を持って戦うことの大切さを教えてくれました。

私も教育者のはしくれとして、この流れから日本の教育の変化旋風が巻き起こることを期待します。

長々とすみません。

最後に、
君たちはヒーローです。
弱者たちのヒーローです。

いや、弱者たちが強くなろうとするきっかけをくれたヒーローなのです。
日本の東京、武蔵野の土地から、、

不登校生、知的障害者、関係なく今日もまたジャパンに近づけるように憧れて
練習を日々繰り返します。
日々精進ですから!!

本当にお疲れさまでした。
最後まで読んでくれてありがとう。

武蔵野東ラグビー部監督
天宮一大」


という内容です。

彼からは以下の返答がきました。

「子供たちに勇気を与えられたこと、大変嬉しく思います。
まだ検討段階ですが、可能であれば、僕が現在執筆している本の中で少しだけ取り上げること可能ですか?」


最初に彼が本校に訪れた時に、私は彼に言いました。

「代表選手クラスになったら、
ラグビーが好きとか嫌いとかじゃなく、
多くの人たちに希望であると思わないとねぇ。
俺が言うのもおこがましいけど、、
代表選手は協会が集めた資金とスポンサーの協力で遠征に行くんだよね。
スポーツによっては、その資金が無くて自腹の代表選手もいるんだ。
そこからすると、うちの生徒もそうだけど多くのラガーマンたちが
支払っている協会年会費はみんなの真心なんだよね。
だから、、みんなの思いが君たちを応援しているんだよ~。」

なんとも本当に偉そうで恐縮ですが、彼はそこに何かを感じてくれる人だから言ったのです。
何故なら、彼から障害者の教育や雇用に関しての質問もあり、
知識の広さと深さを知ることができましたし、生徒に接する姿も義務ではなく積極的だったからです。

彼のような人間が日本ラグビーを牽引してくれる日が来ることを心から望みます。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラグビー - ジャンル:スポーツ

2016.01.27 | | Comments(1) | Trackback(0) | ラグビー

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-01-27 水 17:50:55 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング