FC2ブログ

涙腺が緩むプレゼント

ご存じの通り、私の自宅は新築して1年。
建物はグループホームが併設されています。

壁一枚向こう側は、知的障害を持つ本校卒業生達が住む場所なのです。
彼らは一般企業に勤め、この寮に帰ってきます。

運営は学園。私は大家です。
事の発端は過去ブログを読んでください。
まぁ、簡単に言うと、、グループホームがあまりにないので、借金して建ててみたのです。


今日の夕方、その寮の世話人から連絡がありました。
「先生、、今日はもう家にいますか?」と。
よく考えれば、隣からの電話。不思議なものです。

どうやら、寮生達10名が私に会いたいというのです。
ほう!珍しい!では、こっちからで向こうかなぁ!ってな感じになりました。

月に2回の映画の日(我が家のシアタールームにて、みんなで映画を見ます。大家が勝手にやっています。)
そして、先日のBBQ。寮生が我が家に来ることはよくあるのですが、私が寮に行くことは極力控えています。
え?どうしてか、、それは彼らが緊張してしまうからです!あはは!!

夜、20:30の指定があったので、、家族4人で行ってみると、、
全員が食堂に集まっているではないですか!

すると、、、「おめでとうございます!」と拍手と共に色紙を手渡されました!

DSC_0055.jpg

一人一人がメッセージを書いてくれています、、、
嬉しいじゃありませんか!!

「みんなぁ、、ありがとう!」
妻も私も感激です。思い切って、人生をかけての大博打。
億単位の借金を背負って、前代未聞の教師と元教え子達の住むグループホームを建築して1年。

本当に、、本当に、、ありがとう!!

「この子が育ったら、映画の日にジュースを運ぶからね!
みんなも会社や寮でいろいろあっても頑張るんだよ!先生も頑張るから!
2階の人、赤ん坊の泣き声うるさくないかぁ?大丈夫か?」なんて話ながら、、うるうる、、、

最高のプレゼントをもらいました。
純粋な彼らの気持ち、嬉しいですね!!


↓おめでとう!と思ったらポチっとお願いします。ご迷惑はおかけしません。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : パパの育児 - ジャンル : 育児

Tag : 教育 自閉症 軽度発達障害 発達障害 障害児 グループホーム

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)