FC2ブログ

大敗から学ぶこと 

昨日の試合。

vs気仙沼向洋高校戦は、全く格が違い、、
7-86
大敗でした。

体格は大人と子ども。
スピード、ジョギングとトップダッシュ。
腕力も大人と子ども。

IMG_1487.jpg

IMG_1508.jpg

全く歯が立たず、手に入れた得点はキャプテンのインターセプト(パスカット)だけです。
うなだれて声も出なくなる部員達。
体格の違いは大きさではなく、太さです。胸板厚く、足が太いそれは本校の比ではありません。

体重アップ、食べること、筋力トレーニングは個人の責任。
気がつくのが遅すぎました。いや、、やっている部員はやっていましたが、、、
それも、自分たちなりの努力だったのです。

ところが更に驚いたのはその後です。

相手の監督さんと話して分かったのですが、
この学校、東日本大震災により、学校の校舎やグランドを失い
今も尚その状況だそうです。
グランドがないので公園や空き地をひたすら走るそうです。

人数も少なく、互いに切磋琢磨しながら練習をしているということなのです。
グランドの外には数名の下級生と見られる部員達がいましたが、
その部員達は本校の部員と同じ足の太さと体格でした。3年間での成長を立証していました。

ひたすら反復練習をして作り上げた強靱な太股は彼らの自信の源なのでしょう。
何かをやり遂げて、何かを日々繰り返して、そこに自信が発生するものであり、
それだけやったから、次の努力をするのです。

足りません。足りなかったのです。
でも、、グランドもない環境は同じ。
そして、今日も対戦します。

その点差、79点を縮めるのか、それとも更に大差になるのか。

本日も午後から、同じチームと試合です。


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ラグビー - ジャンル : スポーツ

Tag : ラグビー

コメント

昆ちゃんと清原くんですよね
いい指導者だと磐城の坂本さんも言っていました
今のチームはとてもいいですね
残念がら、新人大会からは合同チームとなりますが、再起を期待しているチームです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)