LBバッテリーレポート その2 配置

LBの基本的な配置は、後部の2段ベッドの下の段にしました。
靴箱もあってそこを活かした状態で設置。
元々自転キャリアを設置しているため、後部のハッチは開きませんから、荷物室をつぶしたことになります。

バッテリーの大きさはこれです。

14345442989914.jpg

4つのセルを連結していますが、それぞれに設置した日時、そして、順番やアンペア数まで記入。
今後のバランス充電の際に参考にするそうです。
セルが均等に電気を発すればいいのですが、配線などが複雑になるとバランスが崩すようです。

ただ、安定する努力はできるそうで、ちょくちょく充電するよりも、残量を極力減らした後に満充電した方がいいそうです。
といっても、400Ahを使い切るのは逆に大変そうです。

ここへの充電は前回に記事にした充電器や分配機。
ちょうど、下駄箱の裏に配してあります。

LB配線シャント

14345443003047.jpg

また、エアコンや室内の100vコンセント、そして、シアターシステムやテレビへ100vを送電する、インバーターはボイラーの上。
このインバーターが、12V 100V カーインバーター 正弦波インバーター 定格3000W 最大6000W
価格が \51,350 格安です。さて、これがどこまで行けましょうか!?

インバーター

今のところ、エアコンも全力稼働できて、ホームシアターシステムも万全でした。
と、この手前にあるのが、ガスボイラー、ガスコンロで使用するガスを、8連に改造して設置してあります。
ここでこのシステムの熱について。インバーターも使用すれば熱が発生します。LBも熱が。

ここにカセットガスボンベを置いて大丈夫か!?という疑問もわくのですが、これは大丈夫だと思っています。
というのも、本来ベッド下収納の扉としてあった扉にネット加工をしています。

蓋を閉めた状態のLB

これによって排熱処理。もしこれでも温度が上がる場合には、後部のハッチにファンを設置しようかとも思っています。
また、冬場などはボイラーを使用するケースが多くなるのですが、実は、このカセットガスですが液状のガスが気化する際に
かなり冷えてしまうのです。そして、冷え過ぎると気化しなくなります。ガスライターと同じ原理です。

同じ原理でカセットガスを連結している方が、湯たんぽを設置したり断熱材を巻いている方もいます。
そこから考えると、多少はここが温かい方が気化しやすいと思うのです。
ともあれ、使用しながら敏感にチェックすれば爆発なんていう大事故はないと思っています。

さて、こうやって設置したその能力やいかに!



※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2015.06.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | キャンピングカー エクステージ

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング