巧みな子育て模索中 その8 タネとネタ

スポーツ指導も学習指導も子育ても、多くの皆さんが劇的に変化するウルトラC、
D難度の離れ業、マジックを期待するでしょう。
ウルトラCは難しいのですが、確かに”マジック”はあるのです!

”マジック”はタネがあるものですからね。
要するに通常のお付き合いの際に、ネタをたくさん集めておいて、それをタネにするのです。情報収集ですね。
例えば、、、子どもので最近気がついて実践していることですが、、

我が子は、映画やドラマ、CMでも恐いシーンが苦手です。
といっても、情報収集対象は、「こわーい!」とか言う段階だけではなく、
一緒にテレビや映画を見ていると、ささっとそばに寄ってくるその情報の蓄積です。

我が子の場合は、
暗くなること。
重低音がゆっくり響く音。
じっと見つめられて無言になること。
言葉をゆっくりと低く太い声で話されること。
カッと見開いた眼付。

こんなシーンでは確実に、ゾワゾワするらしく、ソファーに座ってテレビを見ていても、
ジリジリとそばに寄ってきて、最後には私の腕を掴んできます。
もしくは、CMでもそんな雰囲気になると、一人でフラフラしていたのに、駆け寄ってきます。

これが我が子のウィークポイント!発見!

だからこちらが怒った時には、我が子が禁止事項を破った際には、
がなりたてたり、大人の言語で早口叱りをするのではなく、これらをフル活用するのです。
だって、言語理解力が備わっていない子どもに、大人の語彙でテンポで親として怒りを伝えても仕方ないですから。

よくあることではありますが、、親が親の立場として苛立ちを感じて、真剣に怒ってしまう、、
でも、これは実は親が「言ってやったわ!」くらいにスッキリするだけとなり、根本的な解決に至らず、
更には、子どもに考えさせることすらもできない状況になる場合が多いと思うのです。

もちろん、親も人間ですから、個人としてイライラしていたり、悩みを抱えていたりもします。
常に冷静でいられるものでもありませんし、ましてや我が子となると、少し自分似ている点があったり、
その怒られるような欠点すらも自分と重なる時もあれば、更にヒートアップしてしまうのでしょう。

でも、、ここはそれを我慢して、、怒らずに、、叱る。叱るは落とし所を想定しながら子どもにも考えさせて、、、

我が子には、先に書いた、、、
低い声、、目を見開いて、、「そーれーでー、、いいーの かーなー?」って雰囲気を変える。
更には、「ふーん、、、そーするーんだー、、」と静視する。

14317443368170.jpg


それでも聞かなければ、音の強弱をつけて「えっ!? じゃぁ、、 ごはんはいらないね!
ペナルティーも明確にする。

意外と効果的です。

が、、先ほどからしつこく書いていますが、「我が子の場合」ですよ。
元々、誰にでもつかえる、ルーティンをHow toを求めると良いことなんかありませんから。
御自分のお子さんを観察して、探ることが本当に大事なことなのです。

だから、、
ウルトラCはありません。
でもマジックはあるのです。マジックにはタネがありますから。
そして、そのタネを作るために、ネタを集めることが一番大事なのです。

さて、今日はどんなネタを拾えるかなぁ、、
学校でも家庭でも、、

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓よし!頑張れよ!と思ったら、ポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

2015.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 子育て

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング