FC2ブログ

正論だけではなく、証しや結論も必要 -映画の日-

昨晩は映画観賞会の日でした。

(私の自宅は、知的障害のある方々のグループホームです。といっても本校の卒業生が入寮しているので、
教え子たちが隣に10名住んでいる感覚です。)

ちょっと古いけど「アベンジャーズ」を楽しみました。

今回はちょっとだけ音量を大きくして大迫力音響にチャレンジ!
家の柱が震えるほどの重低音は2階にいても地鳴りの如くでした。
窓も防音で、カーテンまで防音。途中で外に出てリサーチしても音漏れなし!

月に2回行う予定の映画の日ですが、このところ私の体調不良もあり間が空いてしまいました。
恒例行事は毎回行わなければいけませんね!

教え子たちではありますが、、
我が家に来ると玄関で「今日もよろしくお願いします!」と礼儀正しく挨拶します。
もちろん私も「よくいらっしゃいましたね!お仕事お疲れ様です。」と丁寧に対応します。
だって、彼らはしっかりと一般企業で働く会社員なのですから!

そして、手に手に持っているスリッパを出して、外履きを持ってきたビニールに入れて。
3階のシアタールームに上がります。
こんな部屋ではありますが、カーテンで仕切られて、エアコン・床暖房完備。
10名くらいは座れるのです。

l1.jpg

スクリーンがおりると本格的なシアタールーム。
音響は7.1chサラウンドです。

l2.jpg

映画が終わると瞬間的に片づけが完了します。
まるで、片付ける順番を打ち合わせしていたかのように、テキパキと片付けをする彼ら。
流石です。学園で鍛えられた気働きとお手伝い。机の上もピカピカに拭かれて、ゴミも分別されています。

「今日も楽しかったです!また次もよろしくお願いします!!」
と口々に感謝の気持ちを述べる彼ら。
私からも「はーい!じゃあ、お仕事も頑張ってくださいね!次回をお楽しみに―!」と送り出します。

終わった後のリビングはすっかりきれい。
そこに座って思うのです。寮併設の自宅を作ってよかったと。
彼らの自立に向けての成長が目に見えるのですから。

自分たちのやっている教育の裏付けが隣で展開されているのは、私達教師にとっての誇りでもあり証しでもあります。
だからこそ、嬉しいのです!!!

偉そうな教育者はたくさんいますが、その後の保証をする人は少ないでしょう。
そして、本心から将来・未来を憂いている大人も少なくなってきたと思います。
問題は、今の楽しさじゃないんですよ。
「5年後、10年後の彼・彼女」これが一番大切で、それを見通す力や配慮や気概が大人に必要だと思います。

ともあれ、、
明日も出勤!がんばれ!みんな!!

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 生きる力 - ジャンル : 学校・教育

Tag : 教育 しつけ 知的障害 ADHD アスペルガー 自閉症 LD 軽度発達障害 映画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)