FC2ブログ

次世代のリーダーが育つ方法

3年生が抜けると、ABチームも大打撃となるが、天宮部も人材不足になります。
天宮部とは、ラグビー部員ではありますが、ラグビーのプレーはあまりしません。個性豊かな障がいのある部員達です。
基礎体力作りや、片づけもの、掃除などマネージャーとも違って部の補佐的な役割をするのです。

合宿に行けば、部屋の掃除やシーツ替え。グランドのトイレの掃除や用具運びも行います。
雑用ではありません。就労のためのトレーニングをする目的で入部しているのです。
いや、それだけではなく、多くの仲間に揉まれること。親元から離れて自立の下地を作ること。

だから彼らの成長は著しいのです。それまでは、親に依存をいて、そばにいる健常者のお友達に依存をしていますが、
この集団は全員が個性豊かなお友達。その世界の中で話し合い、その集団での約束事守り、
天宮部の団結を求められます。だからこそ、自覚が芽生えてきて自分たちで行おうとする行動力が出てきます。

ama.jpg


と、、、そこでも、部長が引退して幹部が全員引退してしまいました。
その穴は大きいのです。更には、今日は次席筆頭の2年生リーダーも実習に出ていて不在。
いつもなら、リーダーが今日の部活内容を確認をしに職員室に来るのですが、、、、
さて、どうなるかと思っていたら、、、

来ました!それも昼休みに!

1年生のB・Pです!!!

意外や意外。監督の意表を突く人選!というか、恐らく自発的に来たのでしょう。B・Pは堅苦しいほど真面目な男です。
黙々とやるべき事を手抜きをせずに行うファイターでありながら、繊細な一面も持っていて絵画も上手。
封筒入れの作業の時には、その正確な動作や真面目な気質から、検品係に抜擢されるほどのつわものです。

「あのぉ、、今日の練習内容は?」としっかりと質問してきます。
何やら嬉しくなってしまって、大喜びしてしまいました。何故なら、誰にも何の指示も出していないのに、
彼が状況を察して動けたのですね!

内容を伝えると「はい!」と、活発な目の挨拶
いいねぇ!リーダー不在になると自然発生的にリーダーが生まれるのですね。
みんなで話し合ったのか、それとも、、彼の野望なのか!!
って、彼はそんなタイプではありませんから、、、
それにしても、、堂々としていたなぁ!

新リーダー!おめでとう!!

あ、、まだ2年生が実習に行っていました、、勝手にそうなっちゃいけないね。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 障害児と生きる毎日。 - ジャンル : 育児

Tag : 知的障害 発達障害 ADHD ADD 自閉症 アスペルガー LD ラグビー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)