じゃぁ、やってみろよ。

中学生の頃、SOだった私は、スクラムでゴリ押しされたFWに「しっかりしろよ!」と言ったら、

「じゃぁ、お前がやってみろよ・・・」と呟かれた事がある。

うぬぅ、、と思ったが、すかさず「じゃぁ、お前がSOやってみろよ。」と返した。

でも、今考えてみると、、それは屁理屈だ。

いや、FWが言った言葉は理解できる。

何故なら、ボールも触らずに、首も痛いし、腰も痛む。

男くさい中で必死にもがいてボールを獲得するからだ。

その割にはBKは楽に見えるのだと思う。もちろん、BKにも言い分はある。

個人の責任が明確になり、かなりの精度を要するパスやキック。一瞬の判断の遅れがチームの負けを招く。

と、、

そんなラグビー論はどうでもいい。


互いの立場の尊重。いや、少しは理解することは必要なのだろう。

口うるさい現場監督に、職人が、、、

”じゃぁ、お前がやってみろよ。”

”四の五の文句をつけるなら、お前が現場に立ってみろよ。”

なーんて話しも珍しくはない。

でも、まぁ、これも現場監督は監督するのが仕事だから。

どの世界にもある。

”じゃぁ、お前がやってみろよ。”


もちろん教育の世界にも。

学校にクレームを入れる保護者。

我が子の不を棚に上げて、学校指導の落ち度を探す。

現場の苦労も知らずに、トップダウンで指導方針の指示を出す教育学者や役人。

もできないし、現場にも立てない人間が、現場で格闘する人間を非難する。

それこそ、、

”じゃぁ、お前がやってみろよ”

かなぁ。


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

2015.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ラグビー

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング