FC2ブログ

JapanCampingCarShow 2015 レポート3 度肝を抜かれた!

今年のキャンピングカーショーですが、アジア最大を謳うだけあって出展台数やグレードなど、

本当に最大規模でした。特に昨年までとは展示会場も違い大きな天井の高いスペースでの展示は

この業界全体の勢いを感じることのできる展示だと思います。

もちろん、そこにはビルダー各社の力の入れようもさることながら、ホンダや日産、トヨタなど自動車製造会社が

アウトドアに向けた車両を、今までとは力点を変えて開発してきたこともその後押しになっていると思えました。

と、、そんな中で、、、度肝を抜かれました。

え、私の趣味アンテナが反応しただけでしょうか。

見た瞬間に、その部分だけは雰囲気が違ったのです。

不思議な空間です。

ご覧になった方もいると思いますが、気に留めなかった人もいると思いますよ。

それは、、

これです!
14239520338525.jpg

ね、記憶に残っていない方もいるでしょう?

え?強烈だったって?

私にとっては新鮮でした。

というのは、私は「車を家みたいに快適にしていく」とか「移動する別荘」とかそんな思いでキャンカーを見ています。

ところが、、これは違うのです。

「家を車のように移動する」 

「家を用途別パーツにしてそれぞれを運ぶ」
14239520412612.jpg

家の周囲は人工芝で覆われています。これって、以前に私も通販で購入した天然芝風人工芝、、、

聞けば、「メーカーは5年で日焼けするとは言っていますが、10年、いや!ずっと大丈夫ですよ!」

この販売ブースにいた営業マンと女性はご夫婦ということで、既にこれに住んでいるとのことです!

電源は、この100Ahと思われるバッテリー2台。
14239520391017.jpg

充電器があるので、聞いてみたらソーラーパネルが庇の部分にありました。

でも、これって性能が良くて180wくらいです。

すると矢継ぎ早に、指さして「風力発電もあります!」と少し斜めに湾曲した鉄柱の先にあるプロペラを!

これで、300wは発電するそうです。

14239520348704.jpg

中を見ると必要最低限の暮らしは出来る大きさが確保されています。
14239520345372.jpg

どうやら、大きなビニールハウスを建てて、その中にこのパーツ車両を連結して住んでいるようです。

模様替えは、、車の移動によって行える楽しみもあるとのこと。

合体移動ハウス、トリカーゴというそうです。

でも、確かに、地震や原発、自然災害だけでなく、環境汚染を考えると住む土地を選ぶ必要性はあるかも知れません。

私は営業マンの方の論調にとても納得してしまいました。

必要最低限の自然発生電力と水と緑に囲まれた生活も魅力的ですし、

経済的にも、車輪がついた家には固定資産税はかかりませんよね!

何か、生きることの原点を考えさせられる。

そして、固定概念の破壊を痛感する、度肝を抜かれる車?家?でした。



※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
できれば、下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします!!!!!!!!

↓納車待ちの新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)