FC2ブログ

決別の日

珍しく引きずっていたことは事実。

秋大会の敗戦後、いろいろあったが、3年生が在学する期間は

このチームと切磋琢磨した思い出がそこかしこに転がっている。

だから、決別の必要があった。

1年生の頃から、あんなこと、、こんなことがあったから。

どうしようもない奴らだったから。

本当に下手だったから。

だから、去る姿を見たくなかった。


11月24日。

明治学院東村山高校のグランド。

ライバル校でもあり、兄弟校でもある明学東村山。

卒部試合が行われた。

ライバル校の監督は義兄弟の契りを交わした、義兄。

いつも、この日だけはOB会長の立場ではなく采配をふるう。

その試合約80名ほどの応援が駆けつけてくれた。

14168716176662.jpg

14168716180054.jpg

嬉しいことだ。

そして、両チームのプレーに平等に拍手をしていた。

ラグビーはこうでなくっちゃいけない。

試合後、、

部員達に決別の言葉をかけた。

だって、、

本当はこのチームでもっと闘いたかったから。

もっと苦労したかったから。

寂しいけど、、さよなら。

次の世界で頑張れよ!

そして、いつでも遊びにおいで。


↓ポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ラグビー - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)