なんのため教育がある?誰のために教育がある?

久しぶりに真面目なボヤキ。


さて、教育とは何のために存在するのだろうか。

いや、誰のために教育制度は存在するのだろうか。


即座に聞こえてきそうなのは、

「その子どものため」

「その家族のため」

穿った意見だと、、

「教師が飯を食うため・・」

だはは、、、

「税金を使うため・・・」

むむむ、、、


ご存知な方には釈迦に説法。

(そういう方はご容赦ください、、、)


教育とは、、社会のためにある!


考えてみれば、まともな躾をされない、教育を受けていない輩が社会に出れば、

困った青年が多くなり、いたい大人が増加する。

もちろん、その中から学歴に反骨心をもって努力大成する人もいるだろう。

ただ、、全員がそうではないし、世に出ている武勇伝や偉人伝を見ても、教育を受けられはしなかったけど、

躾の点ではしっかり、、いや、、平均レベルは受けている人たちの話は聞く。


超がつくほどのわがまま三昧で、それでいて、自分の人生だ!みたいな言い方をして、

更にはやりたい事だけはやるけど、やるべき事は行わない。

礼儀知らずで、義理恩義を感じない。約束は守らないし、思考が自己中心的。

加えて、そこに低学力がついてくれば、もう鬼に金棒。3拍子揃った、、、

世の中での困ったちゃんとなるだろう。


そんな人間が、あなたの市の大半を占めていたらどうだろう。

想像しただけでもゾッとする。


一緒に仕事をしても、わがまま三昧でやりたくない仕事は拒否する。

その割には高い給料を望み、自由を掲げて、好きな趣味にはお金を費やす。


何か約束をしても、手前がってな言い分で約束を破り、最後には逆切れをして攻撃してくる。


そんな人間がお客になっても面倒だ。

自分の意志主張ばかりで、こちらの都合は考えず、客であることをいいことにわがまま三昧。

そして、懇切丁寧に説明しても聞き取る力もなければ、理解納得もできない。


息子や娘の友人だったらどうだろう。

一生懸命育てても、同じ学校や塾、、同じ場にいれば感化されるのが子ども。

朱に交われば、、真っ赤っか!!なんて。これもゾッとする。


いや、想像だけでなく、、それに近い事件は今この世の中で起きつつもある。

自分の不努力を棚に上げて、不特定多数の人間に対しての迷惑行為をする若者。

挙句の果てに、「世の中は全員敵だぁ!」だって。


恋愛だってかなり恐い。

小さな頃から上記のように育てられていたら、、、

「あなたが頑張ればいいのよ。あなたの思いは必ず実を結ぶから。あなたはあなたなりに、、」

なーんて理屈は恋愛では通用しない。

自分が好きになった相手が受け入れてくれなかったら、、「キモイ!」と言われるのがオチだ。

ただ、そんな困ったちゃんは、「僕がこれだけ頑張っているのに、どうして振り向いてくれないんだ!」

そこから、「僕のせいじゃない!あいつが悪いんだ!」と、、その後は、、ああ怖い。


ある一定の一般常識や、善悪の見解、他人に迷惑をかけない生き方。それを躾けられ、教育を受けていることは

本当に重要なんだ。だからこそ、国や自治体は人間ファクトリーの基盤として、教育機関を設置して、

そこに税金も投入すれば、マンパワーも投入する。

昨今、学校は学校存続のために教育を考え、親は甘美な子どもの未来を描くだけで教育を考え、

本人は、自分のためと親のメンツのために教育を考えているように思える事象が多い。

もう一度、、

教育は、社会のため。いや、国家のために存在することが基本だと思う。


余談だが、、

「最近の若者は、、」この言葉は、古くはローマ時代から言われてきたそうだ。

遺跡からも発掘されたと大学の講義で聞いたことを思い出した。

古くからありはするけど、ここまで酷かったのかなぁ。と思う反面、、

現代の大人も、矢印を子どもだけに向けることは非常に愚かなことであると感じる。


↓この、、親バカ!!と思ったらポチっとお願いします。ご迷惑はおかけしません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
↓できれば、こちらもポチっとお願いします!!

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

2014.05.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教育は生き返るのか?

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング