スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

振り子の原理

厳しい教育だけを推し進めたいんじゃない。

好きなことを選択させる自由を奪いたいのでもない。


あまりに、親が過保護になりすぎて、自分たちでも訳わかんなくなって、

その時だけ楽しめるように、子どもの思考力や常識力を無視して自由選択させて悦に入っている、

友達親子を目指していて、敬語すら箸の使い方すら教えていない、子どもが嫌がることを強要すると

自分が嫌われそうで怖ーい!なんて自分本位な考え方で、子どもが将来恥をかかないように、心を鬼にすることが

できない親が、もっともらしい正論と自己弁護だけで、攻撃可能だと思われる周囲の大人を攻撃するような

そんなモンスターみたいな親は、恐らく、このままだとこの躾は破綻するんだろうなぁ、と気が付いているのに

それでも変えられない意固地な、、、、そんな躾が嫌なんだ。


そう、、問題は子どもじゃない。

大人なんだよ。

矢印を製造側に向ける勇気がない親は、絶対に変化しない。

そして、変化しない親の元では、子どもは微弱の方向転換しかできない。



教育は振り子だ。

私たち、受験戦争世代は子どもの人権や意見なんて無視だった。それに対しての不平不満はあった。

だから、その教育の振り玉を逆向きに、教育関係者や当事者の子どもたちや親たちが反転させたと思っている。

ところが、振り子は真下の中道では止まらない。

行き過ぎてしまい、丁度良い頃合いを通過してしまい、、、

子どもの意見を尊重しすぎて、子どもに全部丸投げ過ぎて、親子の逆転現象で親が召使いになって、

親を一生懸命やっているつもりだけど、子どもからするとただの世話やきばばあ。

お金のありがたみなんて教えられずに、使い方と欲しい物のねだり方しか子どもは理解せず、

思い通りにいかないと、癇癪を起すという最終兵器をちらつかせることを容認して、

最後の決め台詞は、”じゃあ死んでやる!”なんて言われるとドキドキするからストレスをかけられずに

子どもの顔色ばかりうかがう、、、そんな、、

そんなところまで振り玉は振り切ってしまったのだろうと思う。

もう既に、逆方向に振り玉は動いている。

そうあってほしいとも思っている。

ただ、、

振り子だけに、、

また、止まらないだろうな。

逆側に行ってしまうんだろうなぁ。


逆側の方が、、まだいいか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

2014.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教育は生き返るのか?

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
PVランキング