FC2ブログ

仲間になる瞬間

マツは高円寺の焼き鳥屋で知り合った、変な外人。

マツはスウェーデンから来た50過ぎのバツイチ。

マツの仕事は救急専門の医師。

マツの息子は優秀らしい。

マツは日本酒が大好きで、ビールはちょっとだけ。

マツは寒がり。バイキングのくせに。(本人が、I am バイキング!と言っていた。)


そのマツと知り合ったのは、9月末。

http://plaza.rakuten.co.jp/onebig10/diary/201009240002/

知り合った翌日、車に乗せてレインボーブリッジ、ベイブリッジと橋のはしごをした。

その後も、飲んで、旅行にも行った。

浴衣を着て豪華なホテルの日本食に目を丸くするマツ。

キャンピングカーで生活もした。

そして、旅行の後は、酒場で真剣に怒ろうとする私を真っ先になだめてくれたマツ。

加えて、この夏の出来事やら仕事の話をするとマツがこういった。

「私の仕事は救急救命だから、10%の人間は助けられない。

そして、助けられたとしても、救急だから、家族や本人とのコミュニケートも短期間となる。

だから、ベストを尽くしてその後には納得もできて、後は引きずらない。

ただ、カズ(私)の仕事は違う。生徒の長い長い未来、将来を考え指導して、

親との折衝も大変だろう。卒業した後だって、、心を痛めることはあるし、

長い期間頭に残るから大変だ。」(もちろん英語で話したけど)

私は彼が言う、「Long long time memory」が心に残った。

確かに彼が言うように、長い時間頭に残り、責任も感じ続ける。

そして、格闘中も未来を見据えるのは骨が折れるし、保護者は理解しない。

私は彼に言った。

「でも、生死をわける医者の方が大変だよ。」

すると彼は首を横に振り「いやいや、同じだけ大切な仕事をしている。」

Very important work

そうかぁ、、

気がつくと様々話しているマツの目に涙がうっすらとあふれていた。

私も、、同じくの状態。


友達だ。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)