FC2ブログ

年頭の挨拶 教育について

教育について>

icatch.jpg


昨今の私の口癖「教育は振り子である」
これは、学力偏重主義から受験戦争となり画一的な学力重視で余裕のない時代から、
徐々にゆとりを持たせて、子どもの自由や人権を尊重した自由度の高い教育を目指すようにシフトしたのが30年前くらい。

ただし、これは振り子のように極端に振り過ぎてしまった方針から、反転してバランスを取ろうとしたように考えると、
振り子は中道で止まることはなく、逆側に振り過ぎてしまう様子を想像してそう言っています。
ゆとりに振り過ぎてしまった振り子は、そこから更に反転の必要性を感じる時期ではないかと思っています。

ダウンロード

個人の権利を主張し過ぎる人が多くなり、自己中心的で他者の迷惑を顧みない人が多くなってきている昨今、
非常に生活しにくい社会になりつつあると感じるのは私だけでしょうか。
自己主張が聞き入れられることを前提とした生き方は、傲慢になり、それが叶わないと癇癪を起すような、
そんな人達ばかりの社会は非常に脆弱なものではないかと思うのです。

例えば、、最近の実例ですが、親御さんからの相談で「会社の新入社員たちの傍若無人・天真爛漫ぶりに手を焼いていますよ」
という話を聞いていると、、、

新卒社員の中には、
・勤務時間にトイレにこもり、トイレの中でメールを打っているようだ
・注意をすると逆切れする
・根拠のない自信だけを持っていて、それが折れてしまうと会社に出てこなくなってしまう
・常にスマホをいじっていて仕事時間を費やしている
・口のきき方を知らない、挨拶ができない、返事をしない
・時間にルーズで休憩時間と勤務時間の線引きができない
・人間関係のトラブルが多く、他者と融合することができない
・ごまかし、嘘をつき、質問に対して明確に答えない
等々、、
この親御さんは「どんなを受けてきたのか、親の顔が見てみたい!」とおっしゃるのですが、、
しかし!!
皮肉なことにその方の息子も在学中に同様の傾向、いや、その予備軍的な事象が多く見られるのです。
なのでは私は「鏡を見てはいかがでしょうか!」って笑いながら言いました!!

「自分の子どもをしっかりけないと、その子が大人になったら、どこかの誰かを困らせることになるんですよ。」
が、その後の口癖になりました!

子どもは突然大人にはなりません。
昆虫のように、幼虫から蛹(さなぎ)という変態期間をおいて成虫に劇的変化するのではないのです。

印象的な劇的な事象があり大成長を遂げる場合もありますが、それは例外として、徐々に大人になると思うのです。
そう考えると、今、社会で大人たちが悩まされている若者たちの事象は、それまでにどこでけられたかが、
どこで修業を積んで、どこで教わったかが問題であり必要なのだと思うのです。

1-B-AMG935.jpg

昼夜逆転の子どもが、フレックスタイムの学校に通うのもいいでしょう。
しかし、一部の生徒はそこで自分の人生観を創造して確立することもあろうかと思いますが、
大部分の子どもはその環境に順応してしまい、自分の都合に合わせてくれる環境で生きる方法を知ってしまうと思うのです。

平たく言えば、「寒ければ上着を着る」ではなく「寒ければ部屋を暖かくしてもらう、それか、暖かい場所を求める」になれば、
その環境に順応していくスキルが不足してしまうと思うのです。

更には、好きな事を選択するのは大変重要な事であり人間の能力向上には必要な事だと思います。
しかし、人は好きなことの前に、「やるべき事」を行う必要性もあると思うのです。

言い方を変えれば、「やるべき事を行った人間こそが、好きなものを選択できる」が基本だと考えます。
その前提を無視した場合には、やはりわがままな自己中の人間が誕生すると思うのです。

何やら昨今は、やるべき事を無視して、子どもに好きな事だけを選択させてしまっている大人が多いような気がします。
食べ物も遊びも学習も学校も友達も、、、その子が大人になったらどうなるのでしょう。

もちろん、そんな中で自己教育によって周囲を分析し、自身を戒め、目標を決めて立派に成長していく子どももいるでしょう。
しかし、これまた多くの子どもが好きな物しか食べないで、好きな仲間だけど好きな遊びをして、苦労を嫌い、楽しいことにかまける。
そうなってしまう、いや、既にそういう輩が非常に世の中にあふれていて、問題も起きているのではないかと思います。

p1030969.jpg


最後に、私のもう一つの口癖ですが、、
教育は誰のためにあると思いますが?」と親御さんに聞くことが多くあります。
「子どものため、いや、子どもの将来のため」と答える方が大部分です。
中には「家族のため」とか「親のため」とか「学校のため」(笑)とか様々ですが、、
正解は、、
「社会のために教育がある」
だと思います。
教育が施されず、常識を知らない、礼儀を知らない、世の中の約束事も学んでいない人間が、社会に溢れてしまったら、、、
とんでもない社会になるでしょう。だから、教育は多くの方々が安心して暮らせる社会のためにあるのです。
ただ、もうこれも少々手遅れかもしれません。

打たれているはずの耐震杭が地盤に届いていないことを偽装。
廃棄処分にするはずの食品を横流しして販売する偽装。
運転経験の浅い運転手が帳尻合わせのためにバスを運行させて事故。
夢を与えるはずのスポーツ選手が賭博に興じて八百長疑惑。

清く正しく、自己を弁え、禅の心を持って、、、
という日本人像は時代劇の中だけになってしまったのでしょうか。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓みんながんばれー!!と、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

テーマ : 生きる力 - ジャンル : 学校・教育

Tag : 教育 しつけ

年頭の挨拶 キャンピングカー その2

キャンピングカーについて その2>

キャンピングカーショーは本当に夢の場所です。5年ほど通っていますが、
年々増加している来場者数は多くの方々が興味を持っている証拠でしょう。

新しいやカタログの中でしか見られないに触れて、乗って、本当に楽しくて一日があっという間に経過してしまいます。
しかし、そのキャンピングカーショーで気がつくこともあります。喫煙所に集まるビルダーの社長さん達の様子を見ていると、、、
金のネックレスに、大きな外国製の時計、派手な柄のシャツを着て、、どうみても不動産ブローカーのような人もいます。

「儲かっているんだろうなぁ、、」と連想させる出で立ちは、購入に本腰を入れてみると分かるような気もします。
というのは、体やシェル部分は専門家でないと分からない場所ですが、オプションの価格を見ると少々驚きます。

韓国製の液晶テレビが同じ品番なのに、定価の4倍の値段!!海外製のバッテリー残量計も現地の2倍の値段!!
まぁ、手数料もあるのかと思いきや、作業工賃は別とのこと。うーん、、利益率からすると凄すぎる。
もちろん、販売台数からすると多売できるわけではないので、それも仕方の無いことではあると思います。

私の拙い調べによると、日本の総世帯数を5000万世帯と概算すると(国勢調査より)、
日本のキャンピングカー保有台数が75,600台(日本RV協会より)なので、
660世帯に1台のキャンピングカー。これだけの数となると、いかにキャンピングカーブームといっても
販売台数が伸びているのは軽キャンピングカーが多いだけで、

まだ高嶺の花であり、一部の根強いユーザーが占めていると思われます。
そうなると、ビルダーさんもそれなりの営業力や開発力、
そして、少ない販売台数で特殊なを作るということは至難の業なのでしょう。

あと、、海外ともなると少々疑問も持たれます。
例えば、私が今一番欲しいがありますが、、、これがバーストナーのブレビオ645。
日本で購入しようとすると1,000万円します。が、、ヨーロッパでは46380€ユーロ (1ユーロ 127円計算で 590万円 )

排ガス規制や輸入の関税、船便の輸送代などを考えると+200万円としても、100万円は安くなります。
これにメンテナンスの保証がつけば確かにその値段かも知れませんが、もう少し何とかなるような気もします。

あとは、実際に乗ってみないとわからないのがキャンピングカーですね。
シェルの断熱効果や丈夫さは長年乗るには死活問題ただと思います。

作り方の本質から各社全く違いますから、これは調べておくことが必要だったと思います。
実際にはCG500では、夜眠って、、車内気温が6度まで下がったから寒くて目が覚めると、
夜中に降った雪が車を覆い尽くしていました。と考えると、雪の中でも車内温度が6度あったことに驚きました。
断熱効果まで気を遣っているビルダーさんは凄いと思います。

最後に私が欲しいと思っている車!

日本特種ボディーさんの、SAKURA。Be-cam1.5tベースの後輪ダブルタイヤです。
断熱効果のある2層式FRP断熱ボディ(強制排熱構造)はよく考えられています。
密閉層と空気の通る層を交互にすることから、空気の通り道で断熱や冷却・加熱の効果が得られるものです。

ある意味、真空グラスと同じで空気の層によって外気温からの影響を遮断して、空気を流すことによって
冷却された空気が流れて車体を冷やす。これは、家造りでも学んだのですが、パナホームでいう「空気の道」
夏は縁の下から空気を取り込み、地面に近い冷たい空気を吸い上げる方式と似ています。
熱気は体積膨張により上昇するので、自然と天井の空気穴から排気される。素晴らしいです。

そして、他にもエンジンからの輻射熱を床下にある通路に空気を循環させて冷却させたり、
その通路に暖かい空気を流して床暖房化したりと、無駄なく環境作りができるのです。
工夫を凝らしたこの会社の車に注目しています。

sakura.jpg

また、そこから年内中に発売されるであろう車、ASAKAZEに大変興味を持っています。
SAKURAに比べると、Be-cam2.0tをベースにした大きめの車になります。
まだ、キャド図面しかないようですが、、大注目です。

asakaze.jpg

シートのアレンジの理想型はこれです。ブレビオt645。
何が良いって、、後席がラウンジシートになっていて4人が対面でくつろげます。
で、この上部が電動プルダウンベッドなのです!これ最高でしょう!?

常設のベッドだと、荷物を置くときに困ったりします。
特に私は多くの道具を持っていくので、後部が大きく開くハッチが良いです。
プラスして、座面もシートアレンジでベッドになるから、閉塞感が気にならなければ、上下の大型2段ベッドにもなるでしょう!

前席は欧州車でありがちな運転席の回転による対面シート。乗車定員が不思議なことに8名だったり5名だったり
表記が変わるのですが、後部の4人、運転席助手席、セカンドシートを全員にすれば8名なのでしょう。

1614131_293308017530464_6040477041428176447_o.jpg

そして、、数年前から我が家の憧れの車、アルビオン!!24Vの電気系統は完璧(かなり詳しくレクチャーをしてもらいました)
i-coolも実装して運転取り回しもいいし、AtoZさんの究極カーですよね。
試乗もしました!今回も購入の視野に入れていました!
が、、何故かモデルチェンジ後は3mを超えてしまった!?

我が家の新築ビルトインガレージは、3mが限界の高さで作ってしまったのです!!
なので泣く泣く諦めた次第です。

albion.jpg

と、、結局、、
Be-camで、、、
シート内容はt645のように後部のプルダウンベッドで、トイレとシャワーがゆったり、、
高さは3m以下。外壁や床は日本特種さんの作り、、
あー、、こんな車ありませんか?

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

Tag : キャンピングカー キャンカー エクステージ 改造

年頭の挨拶 キャンピングカー その1

キャンピングカーに思うこと>
・狭い国土にキャンピングカーが合わないという方が多くいらっしゃるようですが、
私はそう思っていません。もちろん、問題がないわけではないでしょう。
キャンピングカー使用者のマナー問題が第一ですね。

otDSCN4255.jpg

道の駅でのBBQやゴミ捨て、排水、騒音など、人としての倫理観の問題でしょう。
これは、キャンカー乗りだけではなく、一般社会での問題とシンクロしていることだと思います。

あとは、ベース両に対しての重量の問題もあると思います。
私が書くのもおこがましいのですが、現在多くのキャンピングカー仕様のが使用している
ベース両の限界数値と実際にキャンピングカーを使用する際の重量が釣り合っている機種が少ないと思っています。
元来、キャンピングカーは、中泊を目的にしたり、キャンプに行くためのです。

もちろん、それだけではなく普通に街乗りをしている人もいるでしょう。
(実際私は前では、通勤や買い物もキャンピングカーでした。)
ただ、家族で遠出ともなれば、持って行く荷物は人数分。夏場はいいとしても、冬場は衣類もかさみますし、移動先で洗濯するにも冬物は困ります。

また、食材を現地調達するにしても食器や調理器具、調味料など。
そして、本格キャンプをするならば椅子や机、タープやダッジオーブンなど。
荷物は多くなり、そして、荷重も多くなるでしょう。

そうなると、人が乗車して荷物も積む後部が極端に重くなると思うのです。
私の拙い経験ではありますが、前車のCG500、今のエクステージ、ともに後輪の太り具合が気になります。
そして、毎年夏にニュースになって、キャンカー乗りが恐れるバーストや足回りのトラブル。
そう考えると、後輪ダブルタイヤが理想的だと思うのです。

乗り心地を優先される方もいるようですが、私はバネの具合やロール感は慣れてしまいます。
それよりも、何よりも、大事な家族を乗せるのですから、安心感が第一だと思います。
となると、ベースは後輪ダブルタイヤのトラックベースか、マイクロバスが理想的だと考えます。

また、キャンピングカーの中には後部のシェルの考え方も様々なような気がします。
というのも、居住空間と考えると些かお粗末な作りの外装もあるからです。
デザインとスペース使い、装備が素晴らしいと思ったので、一度レガードを身に行きました。
しかし、乗ってしばらくして、その外装の薄さに驚きました。

あれは、FRPの薄い箱です。走行した時の軋み音も気になりましたが、
想像するに、冬場はあれで暖房を全開にすれば温度差から結露が酷くなるでしょうし、
夏場は冷房を入れても外側から照らされたら、熱効率が悪くてエアコンが効かないでしょう。
本当に驚きました。

fun.jpg


家と同じと考えれば、柱があって(枠組み)壁があって(外壁)断熱材が無いと話しにならないでしょう。
庭に置いて、遊び場として使用するならまだしも、遠方の寒暖に耐えうる外壁が必要だと思います。

空気抵抗も気になります。前車はバンクベッド部分が突き出した(おでこが出たような)CG500でしたが、
元々トレノに乗ってウイングや車高を気にしていた性分から、あの空気抵抗を無視した形状が疑問でした。
実際にはどうなのかはわかりませんが、明らかに空気の圧力で推進力は落ちるでしょう。

また、低重心は大切だと思います。高速道路での横風によるふらつきは慣れるものではありませんし、
大型バスやトレーラーが隣車線を走っても引き込まれたり、押し出されたり、、両隣りに来ると往復ビンタをくらったようになります。

次に、キャンピングカーで重視するのは、エネルギー供給だと思います。
冬場はFFヒーター+感想対策濡れタオルで車内生活は快適になりますが、夏場は大変です。
夏場はエアコンに頼らざるを得ません。様々な車用のクーラーがありますが、現段階では家庭用エアコンが非常に快適だと実感しています。

14364455024850.jpg


それは、除湿機能があるからです。冷房は寒くなってしまうこともあり、キャンピングカー車内の湿気はカビの原因でもありますから、
除湿を効率的に使用すると非常に快適に過ごせます。暖房は使用しません。
ただ、このエアコンは使用電力からすれば、300Ah以上のバッテリーが無いと、事実上停車中の車で一晩過ごせないのが現状だと思います。
工夫によっては、、走行中に車のクーラーで車内を冷やし、停車後は26度で家庭用エアコンを使用して温度上昇を防ぐ、、という手法はありますが、
開口部が大きく、出入りが多い我が家の車では、いくら工夫をしても4~5回出入りすると熱風が車内に入って暑くなってしまいます。
また、食事の際もエネルギーは必要です。ガスレンジでの調理もありますが、昨今、手っ取り早いのは電子レンジ調理です。
販売されている多くの食品は電子レンジで調理可能であり、再加熱や煮込みもできます。しかし、この電子レンジはエネルギーを食います。
そう考えると、リチウムイオンバッテリーが理想だと実感しています。
鉛バッテリーの増設は、100Ahで30kgを3~4個装備すれば、100kg以上になります。
車によってはいいのかもしれませんが、1000万円を切るキャンピングカークラスだと、この重さを背負って、更に荷物や人間を積むのは
タイヤのバーストや故障に繋がりかねません。いや、そうならないとしても心配しながら運転するのは精神的な負担です。
リチウムならば50kgくらいですみます。寿命の面でも有効だという話ですが、それは実際に私の車で試しています。

外部充電量2

リチウムバッテリーとガス8連

14345442989914.jpg

「キャンピングカーにトイレは必要か!?」という雑誌の企画をよく見かけますが、これは愚問だと思っています。
確かにトイレ、シャワーに関しては賛否あるようですが、これは使用の方法によってでしょう。
小さい子どもがいて、急にトイレを使用するような我が家にとってはトイレは必需品です。

夫婦の二人旅ならば、日本国内でコンビニの無い地域は少ないのですから、コンビニトイレで充分かもしれません。
シャワーも好き好きでしょうね。私は個人的にあの狭い場所でシャワーを浴びることが好きです。
それも、体をくねらせながら、お湯の量を想像して工夫をして浴びて、さっぱりした後に暖房が効いた車内で体を拭いていると達成感があります。

14279731295930.jpg


要するに、自分の車の中で全てができるという感覚が好きなのでしょう。もちろん外国車のようにシャワールームと別になっているもには憧れますが、、
現車エクステージの清水タンクは90L。ガスボイラーは20L。排水タンクが70L。うーん、どれも中途半端です。
大人一人のシャワーには30~40Lのお湯は使用します。二人がせいぜいです。で、熱いシャワーの場合だと20Lを熱く設定しても厳しいもの。
今後、できれば清水タンクの水を全てお湯にする施工が必要かと思っています。
これは、前車で行ったヒートエクスチェンジャーを取り付けて、ラジエタ―熱によって水循環して清水タンクを温水に変えるもの。
ボイラーと併用すれば、熱いお湯がジャブジャブ使用できるでしょう。元来飲用ではないので、洗い物にしてもお湯の方が良いですからね。

<続く>

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

Tag : キャンピングカー キャンカー エクステージ 改造 リチウムイオンバッテリー 家庭用エアコン

遅ればせながら 年始の御挨拶

大変遅くなりました。
2016年今年もどうぞよろしくお願いします。

hino.jpg

さて、年始ということでシリーズが続きますでしょうか。
念頭に思うことを綴りたいと思います。

どうぞ、お付き合いください。
まずは、、読者の方が多いキャンピングカーについてです。

どうやら、ラッピングが開始される運びになりそうです。
なんと、昨年の11月末に修理に出して以来、2ヶ月ものピットインとなり、
一昨日1月19日にエクステージが我が家に戻ってきました!!

その理由は、、いつも出しているキャンピングワークスさんの人手不足。
マイスター小西工場長が体調を崩し、彼の配線を理解できる人が、、、いない!?
それによって、作業がストップ。

結局は、内装の修理が完成したものの発電機が再修理となりました。
よって、今回の修復作業は、、、
・マルチルームのトイレコーキング
・戸棚の金具修理
・ラジエターヒーターの復活
・マルチルームの扉の修復
・今まで使用していた鉛サブバッテリーを撤去して、配線は全てリチウムから。

これによって、走行充電はメインバッテリーのみ。
外部コンセントでリチウムバッテリーへ充電。
発電機は内部故障がありそうなので外して修理ですが、戻れば、発電機でリチウム充電も可能。

となったはずです、、、はず、、、
実は少々心配です。
本当は、リレーで走行充電中がメインを一杯にしたら、リチウム充電に切り替わり、
外部充電もリチウムが一杯になったらメインの充電もしてくれたら良いのですが、、
これ以上時間をかけたくないので、それは次回の診断にすることにしました。

ともあれ、が帰ってきたので、、
Bigmoon氏によるデザインを、業者さんにお願いしてラッピングしてもらう算段を立てています。
本来であれば、以前にお願いしたフロムファーストさんに施工依頼をしたいのですが、
どうやら大変お忙しいようなので、他者にも声をかけさせてもらいました。

で、、デザインは80%これで行こうと思います。

2016_1_21.jpg

正面_後方

ガラス部分も施行可能ということなので、これなら、、、いいかも!
って、年始早々キャンピングカーの話で終始!!

時間を見て、この後様々書き連ねようかと思っています。

どうか、今年もよろしくお願いします。


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

テーマ : キャンピングカー - ジャンル : 車・バイク

Tag : キャンピングカー キャンカー エクステージ 改造 ラッピング 快適化