一斉に退席 新たな門出

「自分は絶対に負けたくないです。次ぎ勝てるように練習したいんです。」

試合当日39度の熱をおして奮闘したキャプテンが監督部屋で自分の気持ちを吐露する。

その眼は真剣そのもので、下級生時代のおっとりした眼ではない。

先を見据え、眼光鋭いその表情からは、身を賭してラグビーに対して情熱を傾けている姿勢がにじみでている。

隣に座る、怪我で出場機会すらなかったチームのトライゲッターでもあるNO8は、

それを聞きながら、涙を浮かべて頷いている。



この二人の気持ちは聞くまでもなく理解している。

きっと、その言葉の中にある「自分は、、」という点が問題なのだ。



そう、このチームの中にも格差がある。

負け、失敗、叱責、諦めのルーティーンから脱却しようとする者と、それに甘んじている者の差だ。

実際に自由練習でも、グランドの片隅でどこでもできるようなパス練習だけをして数時間、、

時間をつぶすだけの部員の顔ぶれは、やはりBチーム制服組、想定内のメンバーだ。

キャプテンもそれを確認して、チームが一丸になれないことに心を痛めていた。



午後の練習。

そのキャプテンの主導の下、練習が開始された。

AチームのモチベーションとBチームのそれとの格差を明確にする練習が行われたらしい。

「らしい、、」というのは、監督は練習に不参加だったから。



夕食後。

食事が終わった部員を座らせたままにしてミーティングに切り替えた。

まずは、マネージャーの書いたプランノート。(日記のようなもの)

これを杉林先生が読み上げた。

内容は、試合の途中に感じた彼女たちの怪我に対する恐怖感と、相対して、果敢に闘う部員たちへの賞賛。

更には、試合後に茨の道を進むか、それとも退くかの判断についての感想。

ただ、その文章のいずれにも近い内容が書かれていた。

「私たちは勇敢に戦った部員たちの判断について行く。何故なら、それがマネージャーだから。

そして、そこで精一杯頑張る。部員はみんな家族だから。」


読み上げられる文章を聞きながら、目を瞑る部員、天井を見上げる部員、、下を向く部員。


加えて監督から、、

「俺は、天宮部(障がいのある部員たち)を見て思うことがある。

彼らが、健常者と同じ振る舞いをすることや、受け答えをすること、、この努力は、もしかしたら、

ある意味、君たちが強豪校に勝つということよりも難易度が高いものなんじゃないかなぁ?

数学の計算も、国語の漢字も、買い物や掃除、更には働くことも、君たちが勝つことよりも、もっと、もっと

難しいことであり、それにチャレンジしている身近な仲間が、彼らなのではないか?」


目を見開く部員たち。


「よし、わかった。では意見を聞こう。」

Aチーム、キャプテンから手があがった。

「自分は、、、!!」彼の意見が食堂に響いた。

「次ぎ!」

2年生の部員が意見を言った。

次々と手があがった。それも、こちらをキッと睨み付けて手を挙げている。

「弱い自分を、、、!」

「筋力の基準が、、、!」

数名が言い終わった後、手はまだまだあがっていたが、


「よし、わかった。ここから先は自由選択だ。


まずは、マネージャーと天宮部は先に退席してくれ。

、、、、さて、残ったのはABチームだが、

そこまでして闘いたくないと思う部員はその場に残ってもかまわない。もちろん、

怒らないし説得もしない。遠慮なく自分の思うとおりにしてくれ。

そして、、

死ぬほどの努力をしてもかまわないと思う者、

昨日の相手に勝ちたいと心から願い、試練を乗り越えると言える者、、即座に退席して練習しよう!」


言い終わるか、言い終わらないか、、その瞬間に、

食堂には椅子が後方に「ズズッ!」と引き摺られる音が一斉にした。

眉毛を八の字にして、胸を張って食堂を出て行く部員たち。

そのスピードやタイミングに差はあるものの、全員が食堂を出て行った。


その後、19:00~ 照明が灯り、人工芝グランドに部員たちの声がした。

今日までは監督不在の自由練習。ここに意義がある。

やらされるわけではない。

何とかしたいけど、自分たちの練習のメニューやパターンはないと自覚する。

だからこそ、この後提示される過酷な練習メニューも受け入れられるというものだ。


さぁ、、明日からまた過酷な日々が始まる。

彼らの決断は、我々顧問への意思表示であり、我々顧問もそれなりの覚悟で受け止める必要がある。

きっと今年は休日返上日数が増えるなぁ。

よろこんで、、やりましょう!!!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:ラグビー - ジャンル:スポーツ

2014.04.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | ラグビー

魂のタックル

5-81

前半に1名が救急車で搬送。

後半にも1名。

負傷退場も2名。

頭からタックルに激しく突っ込む部員たち。

しかし、この点差が現実だ。


ラグビーという競技はあまりにも残酷に力の差が点数に表れる。

1回戦、40点差の勝利。

2回戦、96点差の勝利。

2試合合計で136点を挙げてきたチームは、自信のかけらを掴んでいた。

しかし、、3回戦。

強豪校を相手に、そのかけらは粉々に消え飛んだ。



試合前、ここまでの努力を評価した。

「いいか、、素質どうあれ、マイナスからのスタートのお前たちがここまできた。

その成長率や努力は一番凄いんだ!」私からの精一杯の褒め言葉だった。

裏を返せば、、

”自分なりの努力”の限界でもある。

現実の社会は残酷なほどの実力社会。

どんな努力をしてきたか、ではなく、何が出来るか。が問われる。

そんな事実を知っていながら、強豪校を相手にする彼らには、その褒め言葉しか言えなかった。


試合中、体重差やスピード差のある相手に果敢に挑んだ部員たち。

負傷者が出るたびに心が締め付けられた。


それでも、最後まで、本当に最後まで死力を尽くして闘った部員たち。


ノーサイドの後、集合した彼らは顔をクチャクチャにして泣いていた。

なかでも、試合当日39度の発熱に苦しんだキャプテンは呆然としながら涙を流していた。



足早に玉川学園グランドを離れ、そのまま合宿へ。

玉川学園の厚意で、大学横にバス2台を停車させてもらって、そのまま合宿へ。

そのバスの中、、私は心から正直に彼らに話かけた。

「お疲れさん。

今日は、、今日の試合は、、本当によく頑張ったよ。

これは本心だ。勝った試合でもあまり褒めたことがないが、今日の試合はベストゲームだよ。

一生懸命、本当に勇気を持ってタックルしていたよ。

ただな、、本音を言うけど、、

厳しくしながら、いじめながら、イヤミを言いながら、、それでも一生懸命、大事に育てたお前たちが、

負傷退場して、壊されていく姿を見るのが、、俺は辛かった、、、」

話しながら、涙が出てきて止まらなかった。

「体つきも、スピードも違ったよな。

怖かっただろう。

それでも、本当によく頑張った!

でも、これが現実だ。

さぁ、、どうする?

下のカテゴリから、初歩の世界から、次の世界に進んだんだ。

厳しい、厳しい世界だよ。

この相手に勝つには、本当に凄まじい努力が必要だ。

どうする?進むか?それとも、ここで止まるか?

これは、真剣にお前たちの意思を聞いている。どちらを選択してもいいんだよ。

今の体つきや、ラグビーに対する気持ちでは、ここが限界だと思うんだ。

試しているのではない。正論な答えを求めているのでもない。考えてくれ判断してくれ。」


その後、私が中学時代の経験を話した。

それは当時、奇しくも明大中野中学校に春大会、0-64で敗戦した日大二中。

悔しくて悔しくて、死ぬ気で励んだ夏合宿。

胃液を吐いて、太陽が3つに見えて、それでも走った。

毎食毎食、丼飯を無我夢中でかきこんだ日々。

悔しさは、反骨心となり、それが苦痛を耐える原動力になった。

その結果、秋は、、同じ学校に6-0で勝利して、そのまま東京都で優勝した。

そんな美談だ。

ただ、それに付け加えも話した。

それは、成功体験を多くしてきた者は、負けることが悔しくて仕方がない。

だから、その悔しさは骨身にしみて記憶する。

臥薪嘗胆だ。

ただ、負け慣れている失敗体験を多くしている者は、負けることになれている。

だから、一瞬悔しくても、それを自然と受け流す、適応機制も働いてしまうという残酷な話。

そう、本校の生徒たちは後者なのである。

だから、様々な失敗や間違いを起こしても、その瞬間は反省して後悔しても、

それが記憶に残らない。経験として残らないことが多い。



バスの中は、物音一つ立たないほど静まりかえっていた。



数時間後、茨城県の鹿島ハイツに到着した。

合宿場所だ。

技術的にもワンランク上がってきた彼らに、少々高かったが人工芝付きの合宿地を用意していた。


夕食の際に、彼らに言った。

「さぁ、どうする?さっきの話だよ。

もう、悔しさも忘れただろう?」

数名がハッとした顔をしていた。

「今日はミーティングはしない。

食事後に、自由練習で、各自入浴。各自就寝。」



20:30

グランドに行ってみると、数名の部員が練習をしていた。

ただ、義務としてグランドの片隅でパス回しをするだけの部員もいた。

IMG_1806.jpg



さて、明日の朝彼らはどんな決断を下すのだろうか。

真剣に、本当に、彼らの判断に従うつもりだ。



今日ほど、悔しい思いをしたことはない。

いや、悲しく、愛おしく、そして、大事な生徒が果敢にタックルする姿は

心の中に焼き付いた。

本当に、本当に、素晴らしい試合だった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014.04.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | ラグビー

Birthday

恒例のラグビー部BBQ。

実に200名以上の人たちが集まった。

在校在部  70名の生徒
一年生   20名の生徒
卒業生OB 30名

在校保護者 50名
一年保護者 15名
EB    25名
(保護者ラグビー部)
教員    10名

約220名

会の冒頭は黙祷からスタート。

何故なら、当たり前のように焼肉や焼きそばが食べられるという意識を何とかしたいから。

そして、、全体に向かてこう言った。

「もし、子どもが、食事を頂く際に、”いたただきます””ありがとうございます”が言えなかったら

叱ってください!昔は近所の方々みんながそうやって教育者だったはずです!」と。

焼き方として朝早くから親鷲の会有志の方々が頑張ってくれたが頷きながら聞いていた。


真剣に、ラグビーだけをやるんじゃない。

ここで人を育む。

人を育むには、紙の教科書ではなく、人という生きた教科書が必要なんだ。

ゆっくり、ゆっくり、歩みは遅くとも、集まった人たちみんなが成長する集団であったもらいたい。


が、、、、

会が終わった後、、EB(保護者ラグビー部)の方々は宴の延長戦。

シートの横では、小休止で昼寝をする方も。

うーん、、良い光景だ。みんなが楽しいその宴は、その余韻を残しつつ終了した。


それにしても、、酔っ払い。

DSC_0214.jpg


と、、自宅に到着すると、小休止をしていた方からの誕生日祝いが届いていた。

うれしいことだ!!!

DSC_0215.jpg

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

2014.04.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ★つぶやき★

バースデー ハンバーグ?

誕生日前日、、夕食にハンバーグが出て来た。

が、、何故だか照明が暗くなり、、

出て来たのが、

DSC_0208.jpg

ハンバーグに「44」のロウソクが。

44??

ランディーバース?

トミー・クルーズ?

鵜久森!?



あ、野球じゃない。

私の誕生だ。


甘いものを食べない私。

だから、ハンバーグでハッピーバースデー。


さて、今年も大変そうだけど頑張ろう!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

2014.04.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教師の独り言

1位はなんでもいい気持ち!

panaho.jpg

ブログ再開して1週間。

キャンピングカーを手放してしまったから、新たなカテゴリに参入した。

それは、、一戸建て パナホーム というカテゴリだ。

なんてマニアックで専門的な、、、

ともあれ、1週間でinトップ!! どんなことでも1位は嬉しい!!

これからもよろしくお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

2014.04.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | マイホーム

生まれたはじめて!

焼き肉屋に行ったら、ペロペロキャンディーをもらった。

食べさそうとしたら、どうやらキャンディーを口にしたことがないとのこと。

そうか、、では生まれて初めてのペロペロキャンディー!!

おもむろに差し出してみる。



あまりの甘さに驚いたのか、尻込みする。

そして、何故だか口を拭こうともする。

うーん、、衝撃が強すぎたか。

最終的には、母親が食べた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

2014.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 子育て

振り子の原理

厳しい教育だけを推し進めたいんじゃない。

好きなことを選択させる自由を奪いたいのでもない。


あまりに、親が過保護になりすぎて、自分たちでも訳わかんなくなって、

その時だけ楽しめるように、子どもの思考力や常識力を無視して自由選択させて悦に入っている、

友達親子を目指していて、敬語すら箸の使い方すら教えていない、子どもが嫌がることを強要すると

自分が嫌われそうで怖ーい!なんて自分本位な考え方で、子どもが将来恥をかかないように、心を鬼にすることが

できない親が、もっともらしい正論と自己弁護だけで、攻撃可能だと思われる周囲の大人を攻撃するような

そんなモンスターみたいな親は、恐らく、このままだとこの躾は破綻するんだろうなぁ、と気が付いているのに

それでも変えられない意固地な、、、、そんな躾が嫌なんだ。


そう、、問題は子どもじゃない。

大人なんだよ。

矢印を製造側に向ける勇気がない親は、絶対に変化しない。

そして、変化しない親の元では、子どもは微弱の方向転換しかできない。



教育は振り子だ。

私たち、受験戦争世代は子どもの人権や意見なんて無視だった。それに対しての不平不満はあった。

だから、その教育の振り玉を逆向きに、教育関係者や当事者の子どもたちや親たちが反転させたと思っている。

ところが、振り子は真下の中道では止まらない。

行き過ぎてしまい、丁度良い頃合いを通過してしまい、、、

子どもの意見を尊重しすぎて、子どもに全部丸投げ過ぎて、親子の逆転現象で親が召使いになって、

親を一生懸命やっているつもりだけど、子どもからするとただの世話やきばばあ。

お金のありがたみなんて教えられずに、使い方と欲しい物のねだり方しか子どもは理解せず、

思い通りにいかないと、癇癪を起すという最終兵器をちらつかせることを容認して、

最後の決め台詞は、”じゃあ死んでやる!”なんて言われるとドキドキするからストレスをかけられずに

子どもの顔色ばかりうかがう、、、そんな、、

そんなところまで振り玉は振り切ってしまったのだろうと思う。

もう既に、逆方向に振り玉は動いている。

そうあってほしいとも思っている。

ただ、、

振り子だけに、、

また、止まらないだろうな。

逆側に行ってしまうんだろうなぁ。


逆側の方が、、まだいいか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

2014.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教育は生き返るのか?

言いましたけど、、、

そりゃ成長するさ。

だって一緒にいる時間が違う。

それに、真剣な熱意だってある。

その証拠は、保護者ラグビー部。

企業で働く自立した大人の男性たちが、顧問の言うことに頷いている。

もちろん我々も、その緊張感の中で適切な指導を目指している。


?だってお子さんは他者との交流が苦手なんでしょ?

?だってお子さんは生意気で年上や親を敬わないんでしょう?

?社会に出せるようにしたいんでしょ?

だったら、、、



え?ラグビーが、、

だから、プリントにも書いているでしょう!!

競技や種目じゃないんだって!!

十代の多感な時期を、どんなに真剣な人たちに囲まれて育つか。ただそれだけなんだよなぁ。


クローズドスキルが好きなことは理解している。

でもね、オープンスキルを身につけることを目指して、就労をさせようとしているんでしょう?

だったら、1000日だけオープンスキルをやらせてみるのは愚策じゃないと思う。


まぁ、ただぁ、、、

それでも気になるなら入らなければいいだけ。任意参加なのだから。

そのかわり、、来年の今頃になって友達を見て驚くこともあるかもしれない。

え?だって、、自由で過ごす日曜日に土まみれになって怒られながら修業する月4日。

それを12回分。合宿も入れると70日分くらいの努力の差や耐性や協調性は変化するのは必然だから。



最近思うことがある。

無理解を説得する労力は、信じて預けてもらっている方に申し訳ないから。

だから、信じていくれる家庭だけでいい。

そうおもっている。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:ラグビー - ジャンル:スポーツ

2014.04.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | ラグビー

婆ちゃんとチー坊

月曜日は、婆ちゃんのお仕事はお休み。

高円寺に住んでいた頃は、暇を見てバーバー昌平(私の実家)に行っては婆ちゃんと遊んでいたが、

今は練馬区民になったので、頃合いを見て訪問する。

この日も、母さんと一緒にバスに乗って高円寺へ。

IMG_2960.jpg

婆ちゃんは楽しみにしていたらしく、近所を散歩。

IMG_2962.jpg

IMG_2963.jpg

きっと、、いつかは背負われる立場が逆転するのだろうかなぁ、、

IMG_2964.jpg

婆ちゃんの知り合いのレストランで昼食。

なんと、この日のために特別注文されていたお子様ランチ!!

IMG_2966.jpg

ボリュームの凄さに、驚くチー坊!

IMG_2968.jpg

それでも、食欲の鬼は完食!!

IMG_2970.jpg

実家に戻り、散髪。

毛先を筆にするとのことで、婆ちゃんが本職のCUT!!

IMG_2973.jpg

チョキチョキ、、、

IMG_2974.jpg

チョキチョキ、、、、、

IMG_2976.jpg

もう、、飽きたんだけど・・・私。とチー坊。

IMG_2977.jpg

婆ちゃんの笑顔と対照的な、チー坊のムクレ顔。ん、この表情、、親父に似ている。

IMG_2978.jpg
IMG_2986.jpg

完成!!散髪後は気に入ったらしく、すまし顔。

DSC_0179.jpg

カメラを向けたら、ハイポーズ!! お、新しいポーズだ。

IMG_2987.jpg

練馬の自宅に戻って、婆ちゃんからもらった、、イチゴ。

チー坊の大好物!それも甘王!

IMG_2988.jpg

ああ、今日は大変な一日だった。

婆ちゃんの相手は疲れるなぁ、、ってか!?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

2014.04.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 子育て

ほのかな光

IMG_1086.jpg

創部以来の快勝かもしれない。

数年間の苦難の道はここにつながっている。

もちろん、格上相手に同じプレーが出来るとは限らない。

いや、それは難しいだろう。

体格階級制度に近いくらい、ラグビーはその基本的な体格やフィットネスによって

大人と子供の差が生じてしまうから。

ともあれ、今回は同じ高校生の試合。

ましてや、創部当初には「高等専修学校が、高等学校に1勝でも挙げられたら奇跡だ!」と言われていた。

だから、この勝利は意義がある。

IMG_1023.jpg

中学校時代に、落ちこぼれのレッテルを貼られたり、劣等感を感じていた生徒たちが、ほのかに光りはじめる。

そうなんだ。

不登校。勉強苦手。人付き合いが苦手。ひきこもり。

様々な事情はスポーツの勝敗を決定する理由にはならない。

だからこそ、必死にやってきた。

まずは、生活面も学力も筋力もやる気も、、全てをマイナスからゼロを超えてプラス方向に積み上げる。

教員からすれば、実はこれが一番大変なのだけど・・・

ともあれ、勝った!!

IMG_1241.jpg

25分ハーフでこの点数は圧巻だ。

自滅タイプでミス連発傾向の彼らが、相手がいるのに100点近い点数分走ってパスをつないだのだから。

やったね!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:ラグビー - ジャンル:スポーツ

2014.04.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | ラグビー

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング