フレネミー症候群  「敵は味方のふりをする」

フレネミー症候群って知っていますか?
聞き慣れない言葉だと思いますが、実は急増中とのこと。
実際、私の周囲にも多くいる気がします。

昔は、グループやクラスなどで対立関係が明確で、悪口を敵陣営から流されたり、
誹謗中傷をされたり、対象の相手が明確に敵だったのに対して、
フレネミーは実に分かりにくい。仲間だと思っている人が敵なのです!!

そう!高視聴率だったドラマ、、

「小さな巨人」で出てくる

敵は味方のふりをするです!!

これ、本当に誰を信じたらいいのか、困りますよねぇ!!

仲間だと思って情報を流せば、それを他方でスピーカーのように話されてしまったり、
目の前では頷きながらも、他方で文句を言われてしまったり。
更には、あること無いことを自分の私論であることを言わずに、さも当事者が話したように情報をばらまいたり。

d3afe_1522_9b8d2518_d6e99bb2.jpg

このフレネミー症候群とは、、
Friend(友達) + Enemy(敵) = Frenemy(フレネミー
という意味みたいですね。

一言で言うと、
友達の皮をかぶった敵。

調べてみると、以下の事がわかりました。

典型的な「フレネミー」には2種類あります。
「利用する派」と「従属させる派」ですね。


■「利用する派」
自分にとって有益な相手に近付いて、
影では相手の悪いウワサを広め、
周りに良くないイメージを
植えつけるとのこと。


■「従属させる派」
他との交流を断絶し、
相手を自分の奴隷にする。


チェックするポイントは10個
 
1.自分より幸せな人が嫌い
2.気が強く、嫉妬心も強い
3.友達の前ではいい顔、でも影では悪口
4.嘘が上手
5.利益を得られるコネクションを常に物色
6.長い付き合いの友達がいない
7.上昇志向が強いわりに飽きっぽい
8.不幸自慢が上手
9.テリトリー意識が強い
10.外見にこだわりが強い

思い当たる方、、いませんか?
そう!あの人も!?また、あの人も!?
ってなことでしょう。

笑顔の裏側には、自己利益しか追求しない生き方。
同調している割には、突っ込みどころを探っている。

あぁ!面倒くさい!!


で、ここからは私の推測ですが、こういう傾向のある方の心理とは、
非常に寂しい方だと思います。
ある意味、ミュンヒハウゼン症候群に似ている状況かなぁ?とも。

というのは、自分自身に確固たる自信が持てず、誰かを批判することによって自分の立場を誇示する。
特に相手が強くなればなるほど、それをこき下ろす事によって、自分がそれ以上の立場だと勘違いする。
それによって自分自身の存在意義や価値を持たせているように思うのです。

また、自己顕示欲が強くそれでいて、自分の不幸をネタに他者に同情されることで自身に注目を集める。
ただ、それは偽りの立場や注目であることから、一つの事象で集中しきれず飽きっぽい。
そして、思い込みが強すぎるから、嘘もそのうち自身の中で真実に変換されてしまう面倒なこともあるように、、

うー!
そう思うと誰が味方か敵だか分かりませんねぇ。
敵は味方のふりをするのですから、怪しい場合にはガセネタを流すのか?とか、、

いやいや、そんな時こそ馬鹿正直に信じてみたい。
そして、裏切られたら、、ハイそれまでよ!って縁を切る。
がいいのかなぁ、、とも考えます。

昔々、生前の父がいつも言っていたことを思い出しました。

「いいかぁ。すぐに人を嫌いになるなよ。先ずは信じろ。裏切られても更に信じろ。
最後まで信じて、それでも裏切られたら、、一生許すな。もう付き合うな。まずは信じるからそうできる。」

幼い私は意味が理解できずに、チンプンカンプンでした!(笑)
しかし、今は分かるような気がします。

<親の小言と冷酒は、後からきいてくる>

身にしみます。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。




スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

2017.07.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教育は生き返るのか?

徒歩登園 4kmの経験

試練です。

ここ数日、起床から朝食を食べるにあたり、長女の喰い付きが良くありません。
眠い目をこすって、、フニャフニャ、、、
下手をすると、一緒に”いただきます”をしても父が食べ終わっても、まだ一口も食べていない状態。

流石に業を煮やした母親から注意。でも、これは制限時間の宣言だけ。まだまだ序の口。
ところが、その時間になっても動かないと、叱責!怒られてしまいます。
その時に、父は既に着替えに入っていますが、ここ最近頻繁でした。

で、、この日も制限時間を守れない長女。

ついに母親の激怒をかいました!!

「幼稚園バスに間に合いません。先に行ってもらいます!」

幼稚園に連絡をすると、本当に歩いて行ったそうです。
約4km。子どもにとってこの道のりは結構長いものです。

途中、泣き言も言わずに歩いたそうです。
そして、度々、、どうしてこんなことになったか、、言い聞かせんながら歩く、歩く、、、

仕事中にそんな連絡が入り、私から妻に連絡を返しました。
「一つひとつが経験となり、それが彼女の精神構造を作っていくよ。
この苦労が後で大きな力となるよ。俺たちはそれにつきあって、時間を割いて、種を撒こうよ。お疲れ様。」

帰り道、同行していた次女はベビーカーの中で熟睡。
姉の苦労を尻目に、気持ち良さそうに眠る次女。

16825800_1288491847898849_7116871988662359469_o.jpg

帰宅すると、長女は意外に上機嫌。
やりきった感があるのでしょうか。
夕食の時にある、一日の反省で聞いてみるか、、今日の事!

こうやって彼女の経験という1ページが今日も書き込まれました。


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ







テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

2017.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教育は生き返るのか?

兎角この世は、、  聖人君子ぶるのではなく、普通でいたいだけですが、、

餌を見せると走り出す。
餌がないと走らない。

実益があると尻尾を振って、
実益がないと見て見ぬふりをする。

体裁は整えて外面は塗り固めるが、
その内側が脆弱で吹けば飛ぶような信念しかない。

上司には太鼓持ちのように気をつかうが、
部下には虐待の如く重箱の隅をつつき叱責をする。

53f16746-s.jpg

自分の仕事中は接客に気を遣いストレスをため、
客の立場になるとそのストレスを発散するかの如く横柄になる。

自分の得意分野や好きなものは偏って評価して、
自分の意に沿わないとこき下ろし、文句とあらさがしをする。

本名を明らかにすると、あたり障りのない文章で意思表示をするが、
匿名になると辛辣・偏重・言葉を選ばない誹謗中傷をする。

ドライブレコーダーがないと、事故状況すら正直に話せない大人。
自己弁護の連続も画像映像によって白日の下にさらされる。

fc2blog_2017013111094429b.jpg


正しい行いを心がけても、もらい自己や無差別な攻撃、不用意な交通違反、
苛立つ人間からの言葉の攻撃、冷たい態度。理不尽な常識不足の口撃もある。

知識のない、証拠もないのに、噂話ばかりに耳を傾け、さも真実のように吹聴する人。
そこから、相手を中傷するようなネタとなり、ネタが噂話になる昨今、、、

利用者さんが喜ぶ、本当のサービスを展開しようとすると、
手間がかかり売り上げが伸びず、更には従業員の負担もかかる。
それでいて、横槍も入り既存の利益追求型というマジョリティーに飲み込まれそうになる。

とかく、現代も生きにくい。
こんな人にはなりたくない。

だから、少しくらいは理不尽に損得関係なく無勘定な人間がいてもいいような気がします。
時には世の中の流れに逆らい、風車に突撃することも必要かもしれません。
そして、ブツブツと書き続けます。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

2017.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教育は生き返るのか?

新成人たちよどこへ行く、、

毎年、毎年、、新成人の行動がニュースになります。
奇抜な衣装に奇異な行動ばかりがメディアに取り上げられるのですが、
これは一部の成人の行い、、でもあるでしょう。

yjimage.jpg


でも、まぁ、若気の至りと言いましょうか、それでも成人式に来ているのですから、良いと思います。
他者に迷惑をかけない程度と、指揮を中断させてしまう愚行の線引きは必要だと思います。

しかしながら、、
あの派手な衣装は誰が出資しているのでしょうか。
自分でバイトして金を貯めたのなら、それは良いでしょう。
バイクや衣装、髪型や装飾品、、、その選び方やセンスはそれまでの生き方によって育まれるものでしょうね。

lif16011017120020-p12.jpg
(品や礼儀、他者に迷惑をかけない事、、まずは守るべきものを守ってから、自分の主張をすること。
それがけられていれば、こんな看板はいらないでしょうねぇ)



そして、ほとんどの成人に対して、親が許容し、出資しているのです。
言う事を聞かない、、のに、、出資はする。
この部分から壊れていたら、何もできないでしょうね。

親子関係とはそれほど大切なように思えるのです。
趣味趣向も親との生活によってつくられるものですからね。
娘が連れてくる男性だって、、その価値観を作ったのは親ですから文句は言えません。

あ、
勘違いしないでくださいね。新成人の愚行非難ではないのですよ!
下手をすれば、私も真っ赤や真っ白な紋付き袴で御祝をもう一度したいくらいですよ!
もちろん、自分で働いたお金でね!!

問題は、、そこでしょう。

あと、、
せっかっく自治体が開いてくれた成人式会場で暴れて中断させて、中止になったらもったいない。
税金から開催させているのですから、それはそれとして成立させようよ。ってな若者がいたらいいのに。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

2017.01.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教育は生き返るのか?

新年所感 その1 「お互い様」

お互い様

ここ数年、この言葉を多用している事に気がつきました。
何故か。
きっと、それが失いつつあるからだと思います。

先日、「初詣にベビーカーでの参拝を禁止」という騒動がありました。
何事かと思い静観していましたが、、どうやら受けた印象とは違う結論があるようです。

WS000332.jpg


てっきり、ベビーカーがかさばるから禁止なのかと思ったら、
多くの方が騒いでいるのは、その立て看板から差別意識が芽生えるという論争。
そして、そこから少子化や障害差別に発展していました。

ただ、お寺側の言い分を聞くと納得。
そして、根本的な問題は他にあると感じたのです。

私が見た情報が正しければ、、ですが、
お寺はここ数年、ベビーカー用の入口を作ってスロープを用意していたそうです。
ところが、その入り口から入ると優先的に境内に入れることから、、

ベビーカーの必要がないであろう小学生を座らせて、優先入場する人。
そのベビーカーに必要以上の大人が群がって一緒に入って行く人々。
ベビーカーを使い回すように境内の外に置いている人。

こんな人が多くなったためにベビーカーの優先を排除して、立て看板になったようです。
あくまでも、耳に入ってきた情報であり、確認はしていませんが、何となく納得。

他にも同様のケースがありますよね。
障害者優先の特権を悪用してサービスを受ける人も見ます。

そもそも、その優先は何のためにあるのか。
青臭い事を言うようですが、その、、

わきまえ
とか、
奥ゆかしさ
とか、
線引き
とか、、、

それらが欠如してしまったから、こんな事象が起きたのではないでしょうか。
そして、ベビーカーの論争を聞いていると、、、

親としての立場
働く者としての立場
老人としての立場

様々な立場から物を言っている人がいます。
そこで感じるのは、、

おいおい、みんな子どもだったろう!?
ということ。

みんな子どもだった、迷惑掛けた、うるさかった、おむつも必要だった。
ベビーカーがある時代か否かは問題ではなく、
その時期を過ごしてきて、守ってきた親がいて、多めに見てくれる周囲が居るから育った。

そう、、ここで、、

お互い様

ではないかと思うのです。
さて、、
お互い様の気持ちはどうやったら育つのか。

それは、自分ばかりの事を主張しない事も必要だと思いますし、
他者の気持ちを読み取り、受け止めることも必要でしょう。
更には、自己中心ではなく他者中心に世界を見ることも大切。

持論で恐縮ですが、、
「貴方の人生だから、貴方の思うように、、、」
「好きことを探しなさい!好きなように生きていいのよ!」
これらによっては、お互い様の気持ちは生まれないと思うのです。

やるべき事はやらずに、やりたい事を尊重する親がいて、
好きな事をやれと推してくる親がいる。
面倒な事は親任せで、奴隷のように動く親がいれば、
子どもは親の気持ちにすら分からない人間になるでしょう。

せめて、人の立場に立ってみて、相手だったらどう思うか。
そして、自分の行いを振り返ってから他者を非難するか。
そう思うようにすれば、すこしはこの世の中が行きやすくなるのではないかと思います。

キャンプ場で深夜までドンチャン騒ぎをする人が増えました。
ゴミを不法に投棄して行く人も増えたそうです。
酷い時には食器類を落ち葉まみれになって、地に埋められることもあるそうです。
その不届きを、誰かが苦労している事も知らない、眼中にない、、寂しい事です。

お互い様なのに、、

さて、今年のキーワードは「お互い様」かなぁ。
自分の立場がどうあれ、その人の立場に立つ事が大切。
その人の立場にならずに、自分たちの事ばかりを叫んでいるといずれ孤立する。
だからこそ、個人だけでなく、集団としても、「お互い様」を考えないといけない気もします。


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ








テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

2017.01.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 教育は生き返るのか?

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング