一般社団法人 ION その2  最初の壁

卒業生を出して、就労させた!
よし!頑張れよ!!

これが障害のある生徒が通う学校の教員としての勤めです。

就労できるように生活力向上。社会性の向上。ビジネス常識を教え込む。
学校内で実習をして、在学中2年次から職場体験実習をして、3年時には就労を前提とした実習。
企業とのやり取りから、学校内で出来るトレーニングを繰り返して就労に漕ぎつける。

福祉的就労は、保護者の方に地域の作業所を見学してもらい、その雰囲気を知ってもらったら、
進路指導部と担任と保護者の方で方向性を明確にしていく。
実習もして受け入れ態勢が整えば、作業所の利用を契約する。

ただ、、これは学校側が考える、スタートとゴール。もちろん、学校としての責務は果たしているのです。
いや、本来学校とは入学した生徒の育成が主たる業務であって、進路を決めるのは各自という定義なのです。
ようするに、進路決定の指導は学校としてはサービスの一環というのが一般論なのです。

これを、生徒や生徒の家族の側からすると、就労はスタートであって、ゴールではないのです。
それまで、特別支援を受けながら育てられた子どもも、大人になると社会の厳しい風にさらされる現実があります。
就労先で何年定着できるのか。法改正によって立場が変わることもあります。

また、親御さんの立場からすると、、
健常者の親は、子どもが結婚して独立して、孫でも生まれたら、、、子育て卒業ですよね。
しかし、障害者の親御さんはどうでしょうか。
、、、いつ子育て卒業するのでしょうか。

ここからIONがスタートしたのです。

ただ、いきなりの壁。

基本となる資金です。

当初は一般社団か社会福祉法人か、そんな算段もありました。
いずれにしても、法人格取得のためには定款作成や法人登記でお金がかかります。
また、印刷物も説明会会場費用も、全てお金がかかるのです。

無論、GHの立ち上げや作業所の建築は土地や建築費用がかかりますが、
その手前として法人を設立するにはお金が必要なのです。

困って、、困って、、

売りました。
キャンピングカーを。
14781416810585.jpg
散々手を加えて改造したキャンピングカーを売却、、涙が出ました!!

「どうして?売却なの?」と散々聞かれました。
私は「どうしても叶えたい夢があるんです。ドリームプロジェクトですよ!」と笑って答えていました。
せっかく仲良くなった、フェイスブックで繋がった、キャンピングカー倶楽部の方々ともしばしお別れ。

このキャンピングカーの売却金がスタート当初に必要となった法人設立資金となったのです。
夢をかなえるには、何かを諦める。
うーん、、でも諦めてはいませんよ。

売却はしましたが、ここから再出発なのですから!!

このお話から法人がスタートしたのでした!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

2017.04.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネクスト・ドリーム・プロジェクト

一般社団法人ION その1  起業のきっかけ・スタート

一般社団法人(非営利) ION(あいオン)がスタートを切りました。
実際の運営開始は平成30年(2018年)4月ではありますが、組織としてはスタートしました。

突然の起業に驚かれた方もいらっしゃいますが、身近な方々にはお話を徐々にしていました。
それでも、半分の方は「ほぉー、、大丈夫?できるの?」という反応。
もう半分の方は「そうなの!?頑張って!!」でも半信半疑だったと思います。

キャンピングカー仲間には、エクステージを売却する理由は、この企業にお金がかかるという説明。
改造の限りを尽くした愛車エクステージ。外装は全塗装、ラッピングもして、リチウム積んで、車内ホームシアター、、
それを手放すのは本当に勇気がいりました。
エクステージはこんな車でした→http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-4975.html

ラグビーの仲間にも、部活の仲間にも相談しましたし、部活の卒業生の親御さんにはリサーチをさせてもらいました。
というのも、私が障害者教育に携わって25年。そこで感じた印象が数々あったからです。
それは、、

・利用者のニーズを細部にまで聞き取り、吸い上げて具現化した福祉事業を行いたい。

・法人のメリットだけを考えた事業所運営になると利用者に負担がかかるから避けたい。

・かといって、好き放題に要望だけを言う保護者の傾向も最近多いので当事者意識を持ってもらいたい。

・子どもの将来を憂いて親御さん同士でお金を出して作る法人もあるが、問題はそこで働く職員の質。

・親御さん同士で法人設立しても、その親御さんの老化によって法人の存続はどうなるのか。

・障害福祉サービスも内情を見ると、本当に考えられていてレベルの高いものもあれば、その逆もある。

・就労させることがゴールではない。彼ら彼女らが社会に出て我々と同じような壁にぶつかり、悩むサポートをしたい。

・子育ての終わりとは何か。結婚して孫ができれば?では障害のある子の子育ては?そこをサポートしたい。


そんな思いが、降り積もる雪のように徐々に、徐々に募り始めたのが今から5年ほど前でした。
そこから、自宅兼GHの建築はしました。が、それでもその積もった雪は氷解しなかったのです。
だから、身近な交流の深い方々から意見をリサーチして理論と具体性を固めて行って模索しました。

土地は?

資金は?

スタッフは?

一つひとつ勉強して、可能性を模索して、、
そこに、卒業生の親御さんから土地活用の話があったのです。
渡りに船!?そのご家庭はお姉さんと弟、二人がラグビー部卒業生。OGとOBです。

ここで一気に話が具現化に加速したのでした。
場所は西東京市。西武柳沢駅前。

本腰入れて計画を建て始めたのが3年前でした。
あれから3年。
ここから徐々にその流れや順序を書いていこうと思います。

この法人で育つ利用者さんが社会に羽ばたくことを夢見て。
この法人で活き活きと働く職員が胸を張って、福祉法人で働いている事を誇れるようになることを夢見て。
この法人が多くの法人さんと手を繋いで、個性の強い彼らが社会に生きている事を発信できるような世界を夢見て。

さて、どこまでやれましょうか!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

2017.04.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネクスト・ドリーム・プロジェクト

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング