無念、、、キャンピングカー購入断念、、か?

3月X日未明

新たに購入しようと画策しているキャンピングカー
日本特種ボディー社製、SINOBIを工場から我が家に持ってきてもらいました。

我が家のビルトインガレージには、過去、、
エクステージ、ジル、ジルクルーズと、キャンピングカーが格納され、電源、排水口、ブラック排水完備の
キャンピングカードッグとして重宝してきたのでした。

このキャンピングカードッグは理論上では3m20cmまでのは入ることになっています。
しかし、ASAKAZEよりも更に15cm高の高いSINOBIが入るのか、、、実際に実験しようということになったのです。

バス通りでもある吉祥寺通りのバス本数が少なくなる時間帯を狙って、、
SINOBIがやってきました、、、緑のフォルムではありますが、夜は漆黒のボディーに見えます。



え、、えぇー!!!!

全然ダメじゃん!!

15cmどころか、20cmは当たってしまいそうです。
これでは、、あぁ!

残念。

って、、
その後NTB蜂谷社長から連絡。

「空荷のSINOBIと、ASAKAZEは、、高が20cmくらい違いますから。」

そうだ!SINOBIは、まだ内装がスケルトンのまま。
椅子もベッドも台所もトイレも、、家具も無ければ壁もない!!
そこからすると、ここから加装すれば、数100キロ上乗せ。そして、タンクも満タンにして、、

でも20cmとは微妙だなぁ。
大丈夫かなぁ、、と思いつつ。

次回、ASAKAZEがくるのを首を長くして待ちましょう!!
それでもダメだったら、、

海外輛か、、バスコンだなぁ。


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2017.03.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

新モーターホームATM製作計画 その3  平面ではなく立体空間を考える

空間をどのように潰していくか、、、そんな考えが頭の中に広がります。

居住空間としては、天井高や天井採光など、ゆとりがあって、光によった演出によって空間を感じることが重要だそうです。
ただ、それと反して、狭くても穴倉のような場所を好む場合もあります。子どもは秘密基地のように感じようですね。

さて、lキャンピングカーの製造を考えたとき、室内空間そのものはベースを決めた瞬間にある程度が決定するもの。
幅や全長だけでなく、安全に走れて許認可がとれる高さも必然的に決まってくると言うわけです。
ただし、住空間を工夫するならば、2つの方法があると思うのです。

1つは、スライドアウトによる空間の拡大ですね。
img94d4c517zik3zj.jpeg

suraido_2.jpg

suraido_3.jpg

ただこれは大変お金がかかります。
「ASAKAZEの右側側面を切って、スライドアウトにしてくださいよ!」なんて言ったら、、
社長の苦い顔が目に浮かびます。

「かんべんしてくださいよぉ、、」ってね。
となると、、

寝る場所、ベッドを空間で考えて妄想し始めました。
バンクベッドのプルダウン。
って実はこれ、シートアレンジにも関係するものでして、、

運転席後ろにある突起を利用してそこにソファーが出来ないか画策中。
えーっと、、、

ここの部分、、これ左側が助手席を前方に倒した写真ですが、、
DSC_1692.jpg

運転席も可能な限り倒して、中央席も倒すと、、ほら!結構ゆとりがあるでしょう?
で、この緑の部分が運転席と後部の仕切りの突起。アライアンス上きっとここはいじれないはずだから、、
ここに、どうせなら、、座り心地の良いソファーを設置するのです。

この写真にはエンゲルの冷蔵庫が鎮座していますが、これがなかったら、、ほら座れるでしょう?
え?狭い?これじゃぁ、尻が半分出てしまう?
そう!そこ!!ならば、折りたたみ式にして、運転席側にぱたりと展開してゆったりソファー。

で、そこに背もたれなんかも設置してみたら、ほら!!ね!!
想像できますか?まぁ、既に考えていた方や、他ので例があるかも知れませんが、それはそれ!!

DSC_1705.jpg

ここに折り畳んでおいた、展開式ソファー背もたれつきを展開!!
私の稚拙なお絵かきだと、、これ、、

2列目ソファー

逆の運転席側からみたら、、ほら結構なスペース。

DSC_1707.jpg

でも、こうなると、運転席側面の目隠し、気温の上下を大きく左右して、結露にも関係する断熱カーテンをどうするか、、
となってくるんですよね。そこは、コの字型のアコーディオンカーテンを作れたら、それで側面全体を、、って、
それも別の話ですね。

となると!!

頭上にあるベッドが気になるんです。
なので、プルダウンベッド特集!!
(ここから本題かぁ?)

最初から本命!レックス690のプルダウンベッド!しっかりしています。
それでいて、支柱からのレール式でしょうか、、これ本当に素晴らしいし長い!!

58B_5L.jpg

この手のプルダウンはエクステージで経験済み。
結構寝ているときに携帯電話とかを隙間から落としてしまったりします。
隙間は嫌いです。

apex06.jpg

欧州にはベルトのようなものでつ天井から吊っているものもあります、、、
うーん、揺れないのか?体重95kgが寝返りしたら、さざ波が、、、ってなりそうです。

images.jpg

あれ?こっちが欧州でしょうか、、これだけしっかりしたベッドなら大丈夫そう。
でも、やはり不安定だろうなぁ。この利点はここまで下に降りてきたら便利そう!ってこと。

bank_003.jpg

天井に収納時にこうなってしまうのが、後付けのようなプルダウンベッド。
どうせなら、サイドの家具ごと下がってきて欲しいと思いますねぇ。
ベッドの下に家具を取り付ければ、ベッドの広さも確保できますし天井の形状も不自然では亡くなります。

DSC_0045-256x192.jpg

これくらい降りたら良いけどなぁ、、でも、これはASAKAZEには出来ないでしょうね。
何故なら、運転席と後部の仕切り部分に鉄の枠があったと思います。
それは切れない!安全性第一ですから。

f79b6b8933.jpg

だから、こういったアイディアだけを頂きながら、、

ixeo_principle02.jpg

ixeo_principle03.jpg

妄想中は、、

第一プルダウンベッド→バンクベッド

第二プルダウンベッド→ダイニング上バッド


そう!二つのプルダウンです。
↓黒がバンクベッド、赤が天井ベッド、、またも稚拙なお絵かきで恐縮です。
purudaun.jpg

こうなると、酔っ払ったときに片付けを翌日に回して、、

バタンキュー!ができる!!!

え?それが目的かぁ!!!

次はもう少し具体的に検証します^^;


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ







テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2017.02.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

こんな機器があるんだ  日本のテクノロジーって凄い!

キャンピングカーにお湯が欲しい。

ただそれだけで調べてみたら、、これに突き当たりました。
といっても、2016年のジャパンキャンピングカーショーでもデモをしていたのですが、
これを見て驚きました。この小さい機器のパワー。

これってなんでしょう?
bhe_structure_img01.jpg

この性能って下記なんです。

bhe_tokutyo.jpg

熱せられたラジエタ―液は90度前後でしょうか。
これを高温流体として繋いで、、前記事にあったお風呂の循環をポンプでここに繋ぐと、、
追いだき専用のボイラーになりませんかねぇ?

うふふ、だからこれ、ダブルボイラー。
切り替えさえうまくいけば、温水用の清水タンクも暖めたりして。
衛生面については、どうせ飲用にするつもりはないので、いいでしょうねぇ。

お絵かき程度で、その回路を考えてみました。
あはは、まだ妄想の域ですねぇ。

温水系統


これに加えて、キャンパー先輩からご指南を受けた湯沸かしも面白い!
ガスは使用しない方針ではありますが、この機器は便利そうです。
そして、既にアルビオンで実用化している大先輩がいらっしゃるので、それも安心。

thumb_rf-1w.jpg

車外の後部に取り付けてもいいかも!20cmの厚みなら、リアラダーと変わりなしの出っ張り。
ただ、凍結には弱いそうです、、うーん。

thumb_out_01.gif

風呂焚くように。また、切り替えによっては清水タンク温水化に、、これがカセットガスでも可能とのことなのです。
問題は排気ですね。これを安全に排気できれば、とりつける意味もあるかも!だって、8万円なんですよ!!


ともあれ、まだまだ妄想ですね。
妄想期間が長いから、安心して、、妄想!!

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ







テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2017.02.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

モーターホームATM製作計画 その2 車内にお風呂改

第2弾です。というか改良です。
親切な読者の方からアドバイスを頂きました。
「このエントランス位置は輪の部分ですよ!」

あぁ!本当だ!!
なので、ASAKAZEの図面を元に体に合わせて、勝手に後部エントランスを考えてみました。
お絵かき程度のグラフィック。

切り切り、、、貼り貼り、、

これでどうだ!!
うんうん、後部エントランスになりました!!

左サイドに窓が無いのは、この面前面を物入れにしようかと思っています。
また、中央にはテレビを置けばどこからも見られるような。
我が家のリビングのような、キュビオスのような、、って、↓こんな感じです。壁一面が収納とテレビ。

kyubi.jpg

小物やキャンプ道具の収納には困りませんねぇ。
ただ、大物を収納する場所は外からアクセスする場所を考えないといけません。
ともあれ、後部エントランスだとこうなりましょうか。

エントランス後方

垂直に下に持ってくると、、、
え?バスタブとベッドが被っている!?って、、そう。
湿気やカビは大敵ですが、マルチルームが四角じゃなくて、バスタブが後部にめり込む形にします。

だってバスタブの足元って上空のスペースいりませんよね?
そうすれば、ベッドがしっかりとれそうだと、、

無茶でしょうか。いや、、結構いけるでしょう!?
水を抜いたり、シャワーを浴びた後は、ヒーターの温風をマルチルームに入るようにすれば、
浴室乾燥になるでしょうから。

さて、妄想は続きます。
次は、給湯設備です。

<続く>

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ





テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2017.02.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

ドリームモーターホーム製作計画 その1 (車内にお風呂) NTBへ注文車両→仮称:ATM  

家にしても車にしても、その家族が抱える、その時期の事情によって、作りは大幅に変わります。
階段の位置や玄関の大きさ、窓の方向やコンセントの位置に至るまで、、
その家庭が持つ事情にフィッティングすれば、住みやすさも倍増!という理屈です。(あくまでも理屈)

例えば、我が家は1Fが玄関だけの空間。それでも来客が多い事を予測して、かなり広い土間を作りました。
http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-4378.html

3階のエレベーター前にはウエルカムボードならぬ、ウエルカムガラス。
http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-4392.html

我が家の事情に合わせた作りにしたわけです。
実際に、今現在来客数は、、年間130名平均なので、、完成後から350名は来客があります。
先週は6日間連続来客。多くの人とふれあうのは楽しい事であり、子どもの財産です!!

って、、これは我が家のケース。だから、そうなるのでした。
よく、キャンピングカーでも、、
トイレ→使う派  使わない派
シャワー→必要派  不必要派
2段ベッド→物置き派  子どもの隠れ家派
、、、

なんて分かれますが、それはその家族の状況によって変化するし価値観も変わるのだと思っています。
ましてや、外見やデザインの好き嫌いは、見る人のセンスや生き方、好む形や一般論の基準によって、
大きく左右されるのは当たり前でもあるでしょう。

例えば、小さな時から誰かの影響で軍用機や戦艦を見てきて、大好きだったら、、
購入する物品のどこかにミリタリーなエッセンスが見え隠れする。とか!

そう考えると、画一的に万人が認めるグローバルスタンダードは、意外とつまらない製品になるような気がします。
だからこそ、、

妄想

NTBに注文している車、、
うーん、、便宜上、、

仮称:ATMとしましょうか!


A(天宮用)T(特殊な)M(モーターホーム)

あは!キャッシュディスペンサーみたいだ!!

この製作計画を書いていきたいと思っています。
まず、第一弾!!
えー!ってな声は想定内。

マルチルームに、、バスタブ!
or
マルチルームが、、ユニットバス!

これには理由があります。
遅ればせながら、長女をラグビースクールに入れる事が決定。
本人もやる気です。

そうなると、遠征もあれば地方に遊びに行った時に汚れる時も。
そして、娘と一緒に風呂に入れるのもあと少し。
で、大衆浴場があったとしても本当の山奥だとキャンプ地によっては無い場合も。

そこでバスタブなのです。
小さいサイズはありますが、もっと小さいのはないのか探します。

そこで、例えばこれ!ユニットですが、、それにはその利点もあると考えています。

JB-JH_001.jpg

洗い場には、ポータブルのトイレをカバー付きで置くか、持ち込むか。

例えばこのサイズだと、、

JB-JH_002.png

ユニットバスを四角い直方体と考えれば、、
縦870mm 横1720mm 高さ2225mmとなります。

で、これを図面に置くと、、、
↓これが、一般的なASAKAZEのレイアウトです。
asakaze_hei.jpg

↓後部にエントランスを移動して、ユニットバスを入れ込んで、、
後部エントランスユニットバス

後部のベッドが小さくて、なにこれ!?と思いますか?
だ・か・ら、、それぞれの家庭事情と書きましたよね!!
寸法だと、この小さいベッドでも、、縦1260mm 横1040mmのベッドスペースになるのです。

これを腰高にして、転落防止ネット装備。そうすれば、、
8歳女子の平均身長が1250mmですから、、平均的に育てば次女のベッドスペースが確保可能。

で、この上に2段目を展開できるようにすれば、、、
エントランス上部にかかるようにベッド板を延長することを想像しています。
600mmだけでもいいですから、パタンと出せれば、、長女が160cmになるまで寝られます。
こんな妄想をしています。

もちろんこれは、、例えば!という事例ですよ!これをやるとは決めていません。
もっと長細い浴槽を準備して、後部を通常通りのベッドのままにして、
バスタブの足の部分がベッド下に潜るようにすると、、なんて。

前エントランス_バスタブ潜り

※図面上の数字は、お絵かきの切り貼りですから、正確ではありませんよ~!!
まぁ、考えていきます!



それでも、、
「使わないよ!」「お湯はどうなるのよ!湯量は?」「スペースが無いでしょう?」
いろんなダメ理由が聞こえてきそうですが、、

まず、このビーカム2tは、積載可能量が他の車と違います。
実際に以前の記事でも、軽いから重たくした方が、、という話しもありましたね。
なので、燃料タンクを200Lにして、清水タンクを300Lいけるという試算もあります。

そこからすれば、水の量は大丈夫。今の計画だと、200Lの温水と100Lの常温水。
排水に関しては100Lを用意すればいいかと思っています。
というのは、満タンで出かけて、風呂に入っても排水はしっかりとダンプできる場所を選べば排水できます。

元々風呂水ならば、通常の排水溝でもOKですが、そこはマナーを守りますよ。
ともあれ、この水に関しては取り入れることは可能。ガソリンスタンドで水を補給させてもらえば、、
うーん、300L入れる時間ってかなりかかりそう、、、

さて、使用方法やデメリットですが、、

<使用法>
海外に行くと、バスタブ内でシャワーを浴びますよね。そう、感覚なのです。
バスタブの上にシャワーカーテンレールを設置して、バスタブ内で浴びるのです。
利点・・・シャワー後に水が飛び散っていない。バスタブないと、その上だけが濡れる。
   ・・・洗濯物や汚れものをつけ置きができる。(小型洗濯機を持ちあるけば洗濯水にも使用できる)
   ・・・洗濯物干しとして天井から引き下げる物干しを設置(パナホーム製)
   ・・・ユニットバスをビルトインなら密閉性が高く湿気を外に出さない。(窓や換気口は穴あけする)

この他にも、温風ヒーターの温風を引き込めるようにして密閉して乾燥室にしたり、
カウンター方式の板を設置して、ここにシンクを出現させれば、水回りを他の場所に引く必要無し!とか!!

<デメリット>
しかし、デメリットも当然あって思案中。
デメリット・・・シェルを設置してからユニットバスは入れられないか?(分割できるのか)
      ・・・マルチルームのトビラをどうするか   
      ・・・スペースを使いすぎ。8年後のリフォームはどうするか。
      ・・・排水量を増量するか

なんて、、
お湯を作る回路も考えたのですが、それは後日。

最後に、ATMのコンセプト。

1、ガスの設備をしない  (カセットガスコンロ使用)
2、電力に困らない設備  (リチウムか大容量ディープサイクル)
3、8年ごとにリフォームできる設計
4、収納スペースと居住空間の拡大

さて、、さて、、

<次回はボイラー装置について>

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

5000記事おめでとう!と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ







テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2017.02.21 | | Comments(4) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


PVランキング