FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

給湯システムの行き着いた先は、ハイドロニックという機器

バスタブに悩みながら、温水装置も悩みました。
そう、、悩みました。って事は過去形!

ガスも考えました。が、やはり尋常ではない量のガスを使用します。
特に追い炊きはかなりの使用量。
となると、プロパンガス、、うーん時代に逆行!?

8連装のカセットも考えましたが、計算してみるとこれまた大量のカセットガスを、、
プロパンもFRP製のものが日本でも販売されていると知り、これも考えました。
夏のスウェーデンでこの軽量で内容量が見えるボンベを見たからです。

propanfrp.jpg

ただ、やはり使用頻度が、温水給湯と追い炊きと、、となると1時間に2kg弱の使用量になる計算。
あ、給湯器はリンナイやコロナのガス給湯器を搭載することも真剣に考えたのです。
ただ、やはり小さな子ども達を載せることを考えたり、ボンベの充填が、、と、、

実は、その後に灯油の給湯器も考えました。
エネフィールで、、とそこに温水暖房が効率が面白いことに着目。
ただ、これも灯油量と燃料積載、更には機器の耐震構造もネックとなりました。

原点回帰。最初に考えていたラジエター水の熱利用が一番現実的だと振り出しに戻ったのでした。
ただし、、ベース車輌のコンプライアンス上の問題もあって、エンジンのラジエター水使用が不可能だという前提で、
ハイドロニックに注目しました。

ハイドロニックは、、小さなエンジンを別に搭載して燃料タンクから燃料を吸い上げて、
ラジエター水を温めることに特化したミニエンジンと思えば理解しやすいでしょう。

eberspaecher-mikuni-hydronic.jpg

元々は寒冷地においてエンジンを暖機させるため。また、エンジン熱からの暖房を使用するためのものです。
英語だと、

Engine Coolant Truck Parking Heater
以下直訳です

エンジンのクーラントヒーター、車の水路の強制循環ポンプによる循環は、摩耗を減らし、除霜、解凍、カーヒーティングの目的を達成するためにエンジンを温めます。
製品のメリット
1.コンパクトで簡単なアクセスとメンテナンス。
2.燃焼、高い熱効率、燃費、排出削減および環境保護。
3.コールドスタートを避け、エンジンの摩耗を減らします。
4.信頼性の高い、速い暖房、省エネルギー。
範囲アプリケーション
トラック、建設車両、特殊車両、自動車予熱コールドスタート除霜、暖房に適しています。



日本のHPを調べてもあまり参考にならなかったので、本国のHPを見てみると、、
おぃ!凄いじゃないか!

hydro_2.jpg

熱量が凄い!電話で日本の代理店に問い合わせてみても、
M10というミドルクラスだとしても、1分間に80度の循環水が11リットル排出されるようです。
これは、石油、ガスの暖房専用の湯沸かし器と同じ熱量です。

hydro_1.jpg

で、更にHPを見ると、、むむ!M10だと、、
ヨットの例で、、32-49フィートのヨットに対応するって書いてあります!!
1フィートが30.48cmだから、、、9.75m~14.93mのヨットに対応するって事です。

え、、ヨットだと意味不明?
ですね。なので下の図を見て下さい。

hydro_3.jpg

55フィート(16m以上!)のクルーザーに6個の温水暖房機を接続しています。
これだけ接続しても大丈夫ということですよね!!
単純に考えれば、ヒートエクスチェンジャーを使用してお湯も作れれば、暖房器具や床暖房も。
(正確には床暖房には80度の温水は温度が高すぎますが、接続順を考慮すれば可能かと)

アトウッドの熱交換ボイラー(20ガロンがお風呂には必要かなぁ)から循環させて、
温風ユニットを循環。その後、床暖房や浴室乾燥機も温水仕様にすれば、、、
全てが解決されます!!そして、M12だと1時間に0.15~1.5リットルの軽油を使用するだけ。
タンクを増量すれば問題の無い数字です。

これに、、取り外し式の温水温風暖房や温水マットを使用したら、冬は、、うふふ。
あとは、このラジエター水を清水タンクの周囲にも回したら、凍結防止にもなりそうな。
うーん、、取り回しの問題かなぁ。

lineup_rbh-w312ksnd.jpg
浴室のカビを防ぐためにも、ロングキャラバンの洗濯物乾燥にもこれはいいなぁ。

direct_lineup_rfm_y60eb.jpg
使わない夏場は外して倉庫に入れておく。これなら便利だよなぁ。

onsuimat_system_01_01.jpg
取り外し出来るから、やっぱり夏場はしまっておけるなぁ。

と、妄想しながら、、今日も忙しかった一日を閉じていくのでした!!
あぁ、久しぶりにリアルタイム記事投稿でした!!

今日は、、少々疲れたのでこれまで!!
妄想にお付き合い頂き感謝です!!

お次は、、バッテリーかなぁ、、

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2018.02.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

どなたかご存じありません? 

バスタブ探しをしております。
あ、いつもの妄想です!(笑´∀`)
キャンピングカーにバスタブ、、って奴です。

使用水量を減らすためにも足先が細くなっている
台形、三角形のバスタブが省スペースにもなると思い、探しているのですが。

よくビジネスホテルやアパートなどでは見かけるので、
恐らく製品化されていると思うのですが、、見つかりません!!

えーっと、、こんなのです。

sannakku_1.jpg

daikei_1.jpg

daikei_2.jpg

どこかで、製品として販売していませんかねぇ。
ご存じの方は是非、コメント下さいね!!
お願いします。

情報求む!!!


他にもクーラーボックスという方法も考えています。
以前にも、このブログに書きましたが、、
http://onebig10.blog36.fc2.com/blog-entry-5211.html


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2018.02.12 | | Comments(3) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

ベース車のグレードアップは?

ベース車。
キャンピングカーはメーカーが販売している車種のを改造して出来上がる車です。
その元になっている車がベース車です。

多くのキャンピングカーのベース車になっているのが、トヨタのカムロード。
トヨエースをキャンピングカー用に改良した車ですね。

その他にもハイエースも多いですね。
最近は外車のフィアットも多いです。

で、、そのベース車の進化はどうなっているのでしょうか。
最近、トヨタがカムロードをリニューアルしました。

イスズもキャンピングカー専用のビーカムが開発され、
安全性を売りにして、NTBが車を作っています。
が、それを見ても、、

うーん、、それでも物足りなく感じるのは私だけでしょうか。
というのは、乗用車で標準装備になりつつある安全装置なのですが、
どうしてトラックにはついていないのでしょうか。

前車との車間を感知したブレーキ。車速感知。車線を読み取ってサポートする機能。
少なくともオートクルーズくらいは付かないものなのでしょうか。
業務で運転されるトラック運転手の方々はお仕事。運転距離も半端じゃないはず。

スマートキーや夜間感知ライトや、、って言い出したらきりがないですが、これらが付いているベース車は出ないのでしょうか。
ちなみに、信頼しているISUZUさんの最新車両でも、、、

elfmobil.jpg

警報が鳴る、後付の危機なのですね。
Youtubeでもありました。



うーん、これが限界でしょうか。

ちなみに、「とん・とん・とん・とん・日野のにとん」はこんなに装備が付いています。
セーフティーシステム。うん!これこれ!!!!

hino.jpg

ハイブリッドとは言わないし、安い車!とも言いません!!
更に安全装置が付いたら素晴らしいのに。

お願いします!イスズさん!!

で、余談ですが、この色かっこいい!!

elfiro_2.jpg

elfiro.jpg

ビーカムでもこの色って可能なのかなぁ。



※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ







テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2018.02.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

ジャパンキャンピングカーショー2018 強者どもの冬のあと、、

makuhari1.jpg

大好評だったジャパンキャンピングカーショーが終わりました。
毎年毎年、お祭りはあっという間です。

私はもう1年もキャンピングカーに乗っていませんけど、懐かしい方々とお目にかかれて楽しかった!!
Facebookで知り合ったキャンピングカー仲間が飲み会を行うということで、参加もしました。
娘の発熱のため中座、、うーん、最後までいたかった。

ともあれ、この一年に一度のお祭りは無事に終了。
今年の来場者数は、、

raijyou.jpg

だったそうです。

ここから先は私なりの意見。私論ですが、、

確か昨年は、来場人数:74259人。
そこからすると、1割減。ですね。

別に私が分析する必要はないですし、余計なお世話だと思いますけど、、
昨年のように二次元バーコードは無くなりましたね。
無料招待も絞ったのでしょうね。

会場が広い割にはレイアウトが乱雑で通行の動線が入り混じっていた4号館。
食べ物スペースが少々わかりにくく、食べる場所が充分確保されていなかった点。
それなりのコンセプトがあったのだと思いますが、昨年一昨年とは少し違ったアプローチだったように思います。

展示を見ていても感じたことが数点。

ハイエース200系カスタム_ジャパンキャンピングカーショー2018出展車_自動ブレーキ:トヨタセーフティーセンスP装着車

LL_img_147334_1.jpg

1273374.jpg

1273361.jpg

全体的に、価格帯が上昇していませんか!?
モデルチェンジをしたのは分かりますが、開発費用が全て初号機にかかっていたら、、
って思えるくらい高いような気がしました。

軽キャンパーを除く、全体的に1割?100万円前後高めになっているような気がしました。
新技術の搭載や他社との業務提携。各社苦労を重ねて値段に影響しているのでしょうか。
ただ、2000万円に近い日本車ベースの車もありました。

うーん、、これに手が届く人がいるんだなぁ。
不景気だと言いつつも、富裕層は金が回っているんだろうなぁ、、、
と、想像力を働かせて。

大手は新車種も発表。この時期に合わせて作り込んできたのでしょうねぇ!!
一際目を引いたのはこれです。

美しい。

綺麗です。

恋しそうです。

デザイン最高です。

残念ながら中には入れませんでしたが、、
斜めのラインをふんだんに使用して、平面部分の整形も美しいです。
流線型の中に居住空間も確保している秀逸なデザインです。

ただ、、後方部分のコーキング。少々雑のような、、、
防水にかけてはプロ中のプロが知り合いにいるので、(防水の小手の使い方まで教えてもらいましたから!)
ここは気になります。まぁ、展示用の車をワンオフで作ったのでしょうから、どうにか間に合わせたのかも知れません。

防水のコーキング(シーリング)が雑だと、はみ出ていたり、その分必要な部分にコーキング剤が不足していたり、
そこから劣化して水が浸入して、水は内部を伝わって、床板など腐らせてしまう例も他のブログで見ました。
この細かい部分が大枚をはたいて、長期間使用するユーザーにとっては注意する点だと思いました。

15178968512111.jpg

それにしても、、美しい!!
どんなにガサツでも、美しい人には弱いのよ!!

って、、次はジャグジー!?

15178968510730.jpg

15178968513844.jpg

音楽に合わせてネオンが色をかえる、、むむ、、なんだか、、
イベントには持って来いですよね!!

で、一番ショッキングだったのは、これ。

15178968512672.jpg

わかります?欧州車であるブラインド。アコーディオン式でピラーから伸ばしてワンタッチで車高と断熱。
REMISというドイツの会社と提携をしているようです。
この会社、以前から注目していたんですよねぇ、、この技術力はパテント料を支払っても日本導入すべし!
って思っていたのですが、、、あぁ、遅かった!!

15178968514756.jpg

これ、便利なんですよ!この夏、スウェーデンで大変お世話になりましたから。
写真はハイエースの窓枠に合わせて作られたプラスチック枠。
これなら、車の窓形状に合わせて作れば、ワンタッチで搭載可能ですよね。うーん、、

さて、、

アウトドアブームです。アウトドア産業が急成長。
そこに引っ張られて、キャンピングカー業界も右肩上がり。
昨年の来場者数も頷けるわけです。

ただ、下世話な言い方をすれば、、
ブームにあやかって値段を釣り上げるのなら、それは時期尚早ではないかなぁ。と。
もう少し、庶民に手が届く快適車を準備していくことがファンを定着させるのでは?と。

あとは、、くどいようですが、、
止まっている車ではなく、動く車で評価が必要だなぁと。
その点では現場でレンタカーに乗れて借りれる!ってのは画期的。

あとは、電気系統を紹介するショー的な会場を設けているビルダーがありましたが、
話し手さえ話術があれば、聞き入るでしょうね。
だって、初心者は何を聞いていいか分からない場合だってありますから。

少し残念だったのが、
「予約をしないとみられません」と、柵を張り巡らせて誰でも見られるNGの車も多くありました。
確かに、冷やかし?子供連れ?が車に乗って破損や汚損もありますからねぇ、、
ってでも、展示会ってそれが醍醐味でしょう?せめて、名前と住所を書けば見られるようにして欲しかったですね。

最後に、、面白かったのが「トレーラーハウスショー」これ、度肝を抜かれるものが多くありました。
そのうち、トレーラーハウス地域ってな居住地域もあっていいような気がしました!!
一夜にして忽然と姿を現す街!墨俣城のような街も不可能ではない!!

実際、、気に入った地方に土地を購入。インフラだけを整備してトレーラーハウスをいて別荘。
建築物ではないから、固定資産税はかからずに、気が向いたら移動。
なーんて、、夢のまた夢でしょうか。

ともあれ、夢を沢山見られるショーでした!!


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ








テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2018.02.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

新キャンピングカー妄想  バスタブ発想の転換

キャンピングカーに浴槽を搭載しよう!という妄想をしながら、、
様々な方からアドバイスを頂いております。
浴槽のオーダーメイドもあるのですね!

http://www.24act.co.jp/product/other/order-furo.html

これなら、台形の浴槽も可能かなぁ?

pc_tamachi_143447.jpg

と多くの意見を頂く中で、、、

「クーラーボックスなんてどう?保温できるし、蓋すれば移動もできるよ!」
な!!なーんと!!

確かにその通りだ!!自宅で水をくんで、、
蓋で密閉すれば、、移動も可能か。

yokusou_box.jpg

http://www.kift-sendai.com/details11048.html

そして、水の節約のため。
お風呂の浄水器もある!!うーん、驚いた!!

https://www.eco-26.com/sessui.html
sessui.jpg

これ、、29,800円。
意外に安い。

給湯関係は既に調べがついているので、、、ハイドロニックとアトウッドの組み合わせだなぁ。と。
さて、妄想が広がりますが、、
現実的になってきた!!



※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓新キャンピングカー!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ







テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2018.02.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 3台目モーターホーム計画 ATM号

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
PVランキング