スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

キャンカーの事故傾向を調べるぞ!! 百聞は一見にしかず、、いやデータが全て!!でも!!

公益財団法人交通事故総合分析センター

という法人をご存知ですか?
私も最近知りました。

というのも、知人が横転して大破したキャンピングカーの事故があったのですが、
結局は運転手の過失責任という結論だけとなったようなのです。
積載量や事故原因については詳細まで知りませんが、知らないから故に歯切れが悪く、、

ここで数回論じていてことも含めて、明らかにさせたいと思い調べていたら、この法人を知りました。

itaruda.jpg

なるほど、理事長さんのコメントを読んでみるとよく分かります、、、

(財)交通事故総合分析センターは、平成4年(1992年)3月に、警察庁、運輸省(当時)、建設省(当時)から認可を受け、公益法人として設立され、同年6月には、国家公安委員会から道路交通法に基づく「交通事故調査分析センター」の指定を受けました。また平成24年(2012年)4月に公益財団法人に移行し、「公益財団法人 交通事故総合分析センター」となりました。
 当センターが設立された平成当初のころは、交通事故が増勢に転じて交通事故死者数が毎年1万人を超え、「第2次交通戦争」ともいわれるような極めて深刻な交通情勢にあり、真に効果的な交通安全対策を推進するためには、交通事故を的確かつ徹底的に解明した上で、より効果的な施策を推進していくことが不可欠でありました。
交通事故は、「人」「道路」及び「」の三要素を中心に、様々な要素が複合的に作用して発生すると言われていますが、当時は交通事故事例の総合的な調査分析もなされておらず、各種交通統計も各行政機関によって各々保有されており、その有機的な結合がなされておりませんでした。
 当センターはこのような情勢の下、言わば「時代の要請」によって誕生しました。
センターの主な事業内容は、
 ・交通事故と「人」「道」「」に関する情報の収集と管理
 ・個別の交通事故の調査(いわゆるミクロ調査)
 ・総合的な調査分析研究
 ・調査分析研究成果の提供(関係行政機関に対する提言等を含む)及び交通安全思想の普及
 ・海外研究機関との交流 など 
であります。



要するに、、

増加する交通事故の詳細分析をするために設置された法人ということ。
それも、警察庁、運輸省(当時)、建設省(当時)から認可を受け、公益法人として設立。
その後は、国家公安委員会から道路交通法に基づく「交通事故調査分析センター」の指定をされている、、、

これは鬼に金棒!
で、会員になりデータを見てみると、これがまた詳細!細かい!!

itaruda_2.jpg

どんな状態で、何が起こったのか、そして、その運転者の免許種別や年齢や、、、本当に細かい。
に関しても種や使用用途まで細かく分類されています。
こうなると、クロス検索をかければ該当事例や件数ははっきり出てくるのでしょうね!

itaruda_3.jpg

、、、よーし、ならば不明瞭で論争になる部分を調べてみようかぁ!
と思いメールをしました。

キャンピングカーでの事故件数とその傾向。
横風、制動遅滞、スピード違反からの事故やその他の事故。

・その中でも運転過失ではなく、整備不良や突発性な故障として捉えられる事故の件数。
ハブボルト折れ、バースト、過積載が記録として残るキャンピングカーの事例件数。

・上記の事故での、種やメーカー種。

これらが分かれば、水掛け論、理想論ではなく現実的な数値が、
何らかの結果を明確にしてくれるような気がしてならないのです。

足回りの改善はユーザー責任、、初心者は知るよしもなく、乗っていて情報収集すると、
無理やり、当然の如く、ユーザーが安全管理することになってしまう現状。
それでも足元が貧弱なに加装をした車を、説明責任を果たさないまま売る業者。

さて、、当方の希望を上記法人に連絡をしたら、、


---------------------------------------------------------------------------------------------
itaruda_4.jpg
---------------------------------------------------------------------------------------------


お!凄い!調べられるんだぁ!!



って、、あー!えー!!


高い!!

基本料金が31,000円!!


あぁ、、知的欲求が勝つか、、その代償で一カ月分の小遣いが吹き飛ぶか、、、
ここは考えどころでしょう。
うーん、、、

でも、明らかにしたい!
車の形状や装備も明確になるのだから、、
タイヤの数とかベース車輛とかの傾向も明確になるのでしょうねぇ、、

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2016.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | キャンピングカー エクステージ

マニアではない初心者ユーザーの側になって、、考えてみた。

を持つのは金がかかります。
時として、、長い目で見たらレンタカーの方が安いんじゃないか?と思うことも。

しかし、所有していることに意義がある!
ってこともありますよね。
自分の所有物である故に愛着がわき、その快適化の妄想は生活を豊かにする!?

なーんて、これは個人差でしょうか。

ある意味、これは家にも例えられるのではないかと思います。
「ふーん、、なるほど、、」と思う人だけで結構です。
噛み砕いた説明は論点がずれる、、というご意見をもらいましたが、、その通りでしょう。

学校で多くの事象を説明する際に、多くの例え話を出して、似た事例を挙げますが、
全く同じもの、意味までもが合致するのは難しいでしょうね。
というよりも、詳細まで意味も場合も同じなら、例え話にもならないのですが、、

まぁ、それは置いといて、、

ie.jpg


持ち家と借家では愛着は違うもの。

私の経験上ではありますが、、
借家で戸棚が欲しくなったり、庭先に木を植えたくなったり、
壁に埋め込み型のスピーカーを設置したくなったり、湯船を大きく交換したり、、と、
生活するうえで快適に過ごすための算段をしてしまいがち。

ところが、借家の場合には壁に釘を打つことすら躊躇しますよね。
できるだけ、退去する際に跡が残らない方法を考えます。

それに比べて、持ち家の場合には、日曜大工が楽しい!
私はベランダに大型のBBQコンロを置いて、LED照明を張りめぐらせました。
ガレージに棚をつけてキャンプ用品を収納できるスペースを!

しかし、躯体や基礎の部分については素人の範疇外です。
もちろん専門の方やマニアの方によっては自分で何とかするのだろうけど、、


さて、、
キャンピングカーの話しになりますが、やはりどう考えても、、
足回りや安全基準、重量に関しては、製作者の配慮があるべきだと思うのです。
せめて、、

・このに、お客様が希望される加装をした場合、人と荷物合計??kgまでは計算上積載できます。
※あくまでも計算上です。この重量が絶対安全積載というものではありません。
うーん、この※の注釈を加えても、ビルダーにとっては責任問題が重すぎますかぁ、、

ならば、
・基本的にベース輛の積載積載量は???kg。キャンパー使用の加装は???kgです。
※オプションの重量は別に記載してありますが、安全性はユーザー責任です。
って注釈は、、うーん、これも書かないかぁ、、

でも、
それらを知らない人も多数いるでしょうし、知るのは購入者の責任なのか、
それとも、、どうなのでしょうねぇ。

知っていて、マニアで、いじるのが好きならば、それはそれで良いのでしょう。
でも、安易に購入して知らなかったとしたら、、考えられますよね。

家と同じに考えるのは、土台無理な話でしょうけど、、
購入してから信じていたのに、地盤沈下や家屋の傾き、、
大枚はたいて基礎から補強をし直すのもショックでしょう。

持ち家を快適に改造するのは愉快痛快!楽しいものです。
キャンピングカーだって同じですよね。快適化、便利に過ごす改造!楽しいです。
でも、安全管理をする、、のも同じ領域なのでしょうか。

womanpose3.jpg


ただ、もし、初心者の方が購入してから、、
「このベースだと足回りは自分で熟慮してチャックしないとね!
それが当たり前なんだよ。」と知ったら、ショックだとおもうのですが。

ダブルタイヤがどうとか、ベースがトヨタだISUZUだ、じゃなくて、
根本的にある程度、安全が担保されているものを製品として販売するか、
注意喚起をしてから、説明をしてから販売するのも大切かと思うのですよねぇ。

これに関しては賛否もあり、見方にも寄り、水掛け論にもなり、、
結論は出ないことは百も承知なのは理解しています。

ただ、ごく少数かも知れませんが、、
何らかの被害に遭われてから、どうにも解決できずに困り果てている例を昨今耳にするので、、
またしつこくも書きました。

img_92196_1.jpg


そして、私も初期にハイエースベースを購入して、発電機やら水タンクの増設やら、、
と思っていたら、改造を頼んでいた先から、、
「この体では限界だよね。だって、ハイエースなんですよ。
タイヤを見たら分かるでしょう?こんなに横に広がっちゃって、、」と冷静に言われて気が付きました。

どんどん加装できるものだと、無知な私は思っていましたし、
重さによって本当に横に広がったタイヤを見て、ゾッとしたのを思い出します。
あの時、私は無知でした、、え?今も?

ともあれ、初心者が夢の車として購入するわけですから、
その点までユーザー側に立った、優しい研究開発者、販売者、営業マン、がいてくれたらいいですねぇ!

あくまでも、個人の意見ですよ!

って、、そうか!

ブログは個人の意見や日記を公表する場でしたね。

個人の意見なのは当たり前か、、、

失礼しました。

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。

↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2016.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | キャンピングカー エクステージ

新しい相棒 ML350くん

我が家に新しい相棒が来ました。
恐らく私だけの相棒です。
黒い奴です。

でも、真っ黒でアクセントがないから、金色のモールを入れてみました。
趣味悪いですか?

14785987927832.jpg

14785987926980.jpg

14785987927361.jpg

ね!?

ML350くんです。
元々は、、これ。

WALD-ML-W163-FS1.jpg

なんだ!なんだ!結局ベンツじゃねーか!
って、、中古で10年落ち、7万キロですよ。
二桁万円でのベンツ購入です。

娘の第一声、、
「トイレないの?」
あー!!!!!言うなぁ!!!!!!


※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2016.11.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | キャンピングカー エクステージ

キャンピングカー選びの基本 (あくまでも私論ですよ~)

キャンピングカー選びについて多くの方が記事にされています。
が、、これ!ってのは難しいでしょうね。

ただ、知っておきたい選び方。というのはあるかも知れません。
この道30年だ!っていう重鎮もいらっしゃる中で、私のような素人の新参者が言うのも恐縮ではあります。
でも、書いちゃいますよ!

キャンピングカー選びは、、ある意味、、
ラーメン店選びに似ているような気がします。

img_be3ea14d31f8c8eb21eab4b6828ba787495503.jpg

「はぁ!?ラーメン!?」って思うでしょう。
でも、記事を読んでみてくださいね。

というのは、パーフェクトラーメンを目指しても、パーフェクトラーメンは完成しません。
絶対に好かれるラーメンは出来ないのです。不可能なのです。

味付けだけでも、、醤油、塩、味噌、とんこつ、、細かくなるとそこに、魚介系とかとんこつ醤油とか、
バリエーションが山ほど出てくるものです。そこに生まれ育った環境やマイブームなども手伝って好みが生まれます。
だから、何味で完璧だ!ってのはあり得ないと思うのです。

麺も同様であり、細麺、中太、太麺に加えて、平打ち、ちぢれ、ストレート。
これにスープや具材、そしてトッピングや油も加わるから組み合わせは無限大!
ここにパーフェクトはないと思うのです。

同じ人物であっても、年齢によっては好みも変わります。
疲れの具合や時間帯によっても選択条件は変わってきます。

ra-menn.jpg


さて、、
キャンピングカー
まずは、これでしょう!

0・予算
 ・100万円前後
 ・300万円前後
 ・500万円前後
 ・700万円前後
 ・1000万円超

望みは高く!でも収入は限られていますものねぇ!
財布の中身とローンの組み方!
家族の納得もとりつけたいところですよね。

そして、その予算が決まれば、、
次は、、

1・誰が乗るのか
  夫婦二人旅が中心
   ・老夫婦
   ・若い夫婦で子どもが増えることも想定内
  夫婦とペットで移動
   ・ペットが小型犬
   ・大型犬種を連れている
   ・複数のワンちゃんがいる
  家族で旅します
   ・子どもの年齢層は幼児
   ・子どもは小学生
   ・中学生以降なので部活でいません
   ・老親に各地を見せたい
  仕事で使用 
   ・お客様と商談をする社内
   ・各地を回る仕事なのでビジネスホテル代わりにしたい

camping.jpg


更には使い方!

2・どんな乗り方するの
  長距離移動の旅が多いのです
   ・高速道路優先で移動します
   ・一般どう優先で移動します
  関東等地元地域近辺しか移動しません
   ・自分と妻も運転します
   ・自分だけ運転します
  フェリーを多用して北海道に毎年行きます
   ・運搬費用を気にします
   ・一年に一度だから贅沢します

3・中泊形態は何が多いの
  道の駅が大好きです
  キャンプ場でコテージに泊ります
  キャンプ場でテントサイトに泊ります
  RVパークを探して転々とします
  高速道路のSA専門です

4・何に価値を置きますか
  キャンピングカーを資産と考えています
  子どもにアウトドアを教えたい
  家族旅行をホテルからキャンカーで節約したい
  なにしろ費用対効果を考えます

まぁ、費用対効果の面では私の私論としては、、これは難しい!
というのは、冷静に考えてしまうと、
例えば700万円の検を2回通して7年乗ったとして、年間100万円。

私の場合は月に3回出撃すれば多い方なので、年間36回。
重量税や自動税、検や修理、維持費で考えると年間20万円位かかるとして、、
となると、年間120万円で36回、、1回3万3000円となります。

そうなったら、、どうでしょうか。
購入とレンタルで迷うかも知れませんし、費用対効果としては??
なので、あくまでもキャンピングカーに乗っているという価値観が大事だと思いますが!

あ、これはあくまでも私論ですよ!!

庭に駐めてあるキャンピングカーを有効利用される方もいますし、
キャンピングカーを快適化、改造することに生き甲斐を持つ人も!(私でした^^;)
磨いているだけで幸福感を感じることだってあるのですから!!

camping_2.jpg


さて、、ある意味、これらのざっくりした内容ですが、その方向性をアンケートをとってみて、
種選びコーディネーターみたいな人が、車種や装備の相談に乗るのも一つだと思うのです。
固定ビルダーの営業マンではなく、、生命保険の保険の窓口みたいなものです。

というのは、、

例えば、トイレについてですが、、

toire.jpg

おむつ外れから学童期の子どもがいて、テントサイト宿泊の場合には、トイレは絶対に必需品です。
夜中に起きて、一人で外のトイレに行くことは安全性からしても問題あるでしょう。
また、膀胱の大きさや我慢できる限界レベルも子どもは特有です。車内トイレは最高に便利です。

もちろん、宿泊はコテージばかりでトイレ付ならば、重視する必要はありません。
ホテルに泊まったり、SAにも頻繁に寄るご家庭なら、頻繁にトイレ利用ができますね。

逆に、大人だけの旅ならば、日本全国にコンビニがあってトイレもあります。
我慢できる時間も長い。更には泊る場所はどこであっても勝手にトイレに行けばいいのです。

となると、、
「キャンピングカーにトイレは必要か」という議論は答えが出ないのが当然であり、
その家族のスタイル・構成に答えがあるのでしょう。

ということで、、それぞれのスタイルにそれぞれの優先順位があって、
その優先順位と0・予算が影響してくるのでしょう。

え、、そんなの当たり前じゃん!
あぁ、、大変失礼しました。

ただ、思うのですよ。
何から何まで、いいなぁ!いいなぁ!って選んでいて、結局は、、
「これ使わなかったねぇ、、」って事も聞きますから。
で、実はそこに高価な理由があったりして!!

個人の価値観は収入によって違います。
10万円のオプションも面倒だし安いものじゃない、、ってこともあるし、
何とか5万円にしたい!と思う方もいるでしょう。

そうすると、購入に際してライフスタイル、家族構成によってピンキリの予算から、
どの車種を選択できるか、ビルダーを飛び越えて列挙できる人がいたら初心者にはいいでしょうね。

中古なのか、新品なのか、それとも個人売買か。
ベース車が、軽自動車、ハイエース等のワンボックス、マイクロバス等々

何人乗り?水回り?トイレ?エアコン?

前段が長く長くなってしまいましたが、、
ここからが本題です!!すみません!!


そんな中で気にする重要な条件がもう一つ。

5・安全な走行 費用対効果からの安心

キャンピングカーはあくまでも車です。
その車で移動できることにメリットがあります。
その車の安全性は担保されているかに着目。

もちろん、製品化して販売しているのだから、安全に決まっている、、
そうですね。そうあって欲しい。
ただ、、そうでもないというのは周知の事実。

実際に、バースト、ハブボルト折れ、横転、こんな事故も耳にします。
ここ数年でも、私の知人も事故にあいました。
また、私の元愛車もハブボルトは折れました。

もちろん、ユーザー側が点検を行って、自助努力をすることによってその事故は防げます。
実際に私もトルクレンチ片手に、出撃前は点検を欠かしたことがありません。
問題はその脆弱性を示唆するのではなく、、

買う前にそれを知っていたか。

ということだと思うのです。
説明義務責任。または、製造物責任法。
PL法ってのは聞いたことがありますよね。

安全性やバッテリー危険性や使用によって製品寿命が変わることなど、、
果たして、この業界は責任を果たして販売しているか疑問に思うことがあるのです。

・ベース車の耐久重量、許容軸重を知らせないまま、夢の車と称して家具や装備ばかり、オプションを詰め込んでしまうこと。
・重量超過に対しての説明をせずにオプション架装はお客様の責任の下です。というスタンス。
・バッテリーがすぐに回復する方式です!と言いつつも、実はバッテリー自体の負担がかかり寿命が短くなる。

なーんて手法がまかり通ってしまうような、、
もちろん、ちゃんとしているビルダーさん、業者さんは沢山ありますが、
そんなビルダーさんに感じてしまうこともあるのですねぇ、、

レクサスオーナーからこんな事を言われました。
「大変だねぇ、、同じ1000万円近い車でも、こっちは点検なんてしたことねーよ。

だって、その安全性もディーラーから購入したんだぜ。

今の日本で、自己責任の乗り物ってどんだけあるんだぁ?」


動く家です。
いや、走るのです。
では、、
走りを比べてから買いませんか?

置いてある状態で、家具だけ見て、ベットの寝心地だけ比べて、
それだけで、数百万円かけるのは、勇気がいりますよ!

ということで、乗り比べをお勧めします。
私は、いや、私たち家族は、明らかな違いを体感しました。
まぁ、この続きはまた。

最後に、、
※「ハブボルトが折れた車を他人に販売するのかお前は!?」
とか「危険性を煽っておいて、お前はなんなんだ!」とお叱りのコメント受けましたが、
説明責任は果たしているつもりですよ。
そして、匿名で貴重な意見を下さる、貴方の今乗っている愛車を貶しているのではないのです。
愛車は本当に大事な物であり、愛でて愛でて大事に乗りましょう。でも、買う前に知っていましたか?ってこと。
そして、日本の製品販売の常識から逸脱していませんか?ってことを今一度考えたいだけです。  



↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2016.11.04 | | Comments(2) | Trackback(0) | キャンピングカー エクステージ

快適化し尽くしたエクステージ 売却完了

キャンピングカーに乗り始めて、多くの方と出会いました。
最近もオフ会などで声をかけて頂けることもあります。

このブログの存在も知られたものになり、快適化や改造の頻繁さに、、
恐らく賛否あれど、興味は持って頂けているようです。

ある意味、リチウムにしても家庭用のエアコンにしても、取り付けを悩まれている方は多いのでしょう。
その実験をすることによって参考にしてもらうことも私にとっては嬉しいことなのです。

また改造するの!? 飽き足らないなぁ、、この人。
ってな人も多くいらっしゃるのは事実として受け止め、
「ふーん、、じゃぁまだ見送ることにするか」も一つの判断材料になったと思います。

だから、エクステージは様々手を尽くしてきました。

で、、お別れです。

14781416794487.jpg

本日、NTBに出向いて買い取られるかたと待ち合わせ。
蜂谷社長立ち会いの下、売買契約。
そして、記念撮影、、

14781416797894.jpg

14781416810585.jpg

エクステージは走り去って行きました。

14781416797009.jpg

サヨナラ、、ありがとう。
そして、頑張って!

次の方はの関連のお仕事をされている方です。
軸重やハブボルト点検も充分理解されている方。
当然、の特性や使い勝手も把握されている方です。

どうか、このを大事にしてやってください。
きっと、、どこかで見かけるでしょうね!
目立つから!!!


帰路で妻が口を開きました、、
「楽しい思い出が一杯ありましたね。次の方にも重宝されると良いですね。」

すると長女も言いました。
「キャンピグカー無くなったから、ガレージで自転の練習できるようになるね!」

君君、、そう来るか、、、

※ここまで読んで頂きありがとうございました!!
記事を書く意欲が出ます!
下の3つのバナークリックの御協力をどうかよろしくお願いします。


↓そうかぁ、と思って頂けたら、ポチッとお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



↓こちらもポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ






テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

2016.11.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | キャンピングカー エクステージ

«  | HOME |  »

プロフィール

楽天ブログから引っ越しをしてきました。 ブックマークの移動をしてくださいね!! それと移転祝儀でポチっとお願いします。

onebig10

Author:onebig10
ラグビー、教育、子育て、キャンピングカー、幅広いブログです!是非ともお立ち寄りを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽天ブログでは140万のHitでした。 さて、こちらではどこまで行けますでしょうか!!

フリーエリア

↑↑★できれば、投票をお願いします!!!!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
PVランキング